科学

51msnnvzg7l

ようやく読み始め。ダイアモンドも、寄生虫のマノフもそうだけど、昨今はいわゆる人類史ブームというか。生命科学が進んで、生態、発生、系統などこれまでの垣根が取り払われ、進化学に結実するような感じ。おそらく経済学とも融合するんだろうな。そうやってヒトを見直したとき、人類ってなんなのさ?という古くからあるテーマの理解が進むのだろう。残念ながら、この手の書籍は翻訳ものばかり。タコツボ化が得意な日本人に、統合化は苦手なんだろうね。

7d0741fb 5976 461c b971 dd39c21fcaa9A24acc06 e130 4e16 b7d4 af8d4cd8d6a8B81149eb b3e5 47e7 b02a abfc9d61ac3b98bae72e a574 4d2a b035 328820cca0a8D8ab32a9 c672 4131 b29d ffcb40c4c797457e4ac1 eae5 4f58 be0d de1f294a1c96866f24ab a98d 4cbc 9881 c512fc7ca5b4 36
41pr%2bmqhdjl

かわいくって仕方ない、葉っぱのカタチのカタログ。 とってもかわいいの。

51dhrc%2bcool

お医者さんが分かりやすく病気や人体のメカニズムを説明した本って面白いなと思って。 ということでタイトルどおりこれは触覚について説明したもの。触覚のメカニズムや痒み、痛みとか性感に至るまで皮膚から人がものを感じるメカニズムを時に生々しく事例も交えて分かりやすく説明してくれている。とても面白いのだけどちょっと生々しい図まであったりして電車で読めなかったのがちょっと大変だったかな(笑) そういえばセクハラについて「好きな男にされたいことを嫌いな男にされること」という説明になるほどと思ったことがあったが同じ接触なのに…ということもこういう説明ができるのだなと思った(笑)

28b199cc 0020 4e9f af1f 797ca1398467889294de 5d3d 444f a915 802c336b64f4Fdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35de3880908b 3c3f 4c07 ab15 4efd38d6c5a8F4306fb9 e679 4f88 ab8c 222f577cc6b098bae72e a574 4d2a b035 328820cca0a89141af13 216c 4081 b9ee 9aa71fc09bed 31
51q6m8krgql

我々は遺伝子の乗り物であり、遺伝子の都合の良いように動いている、というようなお話だった。自分で決めてると思ってた行動が実は全て遺伝子によって決定されていたとしたら、「自分」ってなんなのだろうか。

2397f9d4 7acd 4c0d 8f48 8b2754a7c24428b199cc 0020 4e9f af1f 797ca1398467Fdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35deCd2d28ae 0e91 4b6d a6cb da82ed2a97d6Aa26433a ad66 4799 ae27 ac58304064cc72106345 b50e 4add 8b7f b75f9f636a249a5ec021 5ffd 46ff 8967 4ef7527b1566 22
61b7%2bvcvh0l

カラスに対する認識が変わる。カラスをいとおしく思えるようになる。

51uh5wbk7xl

改めてネコ科の動物の斑紋って、それぞれ違うのだなっと。 それと、「ネコとは違うのだよ、ネコとは。」なんて。 写真がきれいだったら申し分なしなんですけど、ちょっと印刷が悪いわ。

Picture061ba0d1 84de 4fad 9980 fcdaa673915b
61n1wmhurel

どこかの書評に抱腹絶倒の面白さ、とか書いてあったから延髄反射でポチったけど。 そうでもない。 でも、アイデアの抱負さは素晴らしい。 途中で止まってます。なんでかというと、ゴール(目的)がないからかな。 ウルド本は、バッタ防除、生態解明という明確な目的があるので、読んでて達成感があるのだけれど、この本はそれがない感じ。

977e334a 08b4 436d 833a f2bf6b1fec70F4887ac7 757f 4a17 b005 ef2d9ddeb085E2a701c7 3ca7 4485 bd4b 4b8c94d749e33a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f43014253d4 6080 4951 9119 24735184a69610770c70 16d0 4737 b9e4 bd917d3bfb0b2efa5cfd 016d 4914 a7a7 01c7de48a38c 9
51wuxkzn%2bbl

沼津にある深海水族館の紹介本。 水深200mより深いところは深海で、それは地球の海洋面積の80%なんだとか。深海ってもっと特殊なイメージがあったけど、そうでもないのかも。 しかし、沼津に行きたくなった。深海水族館も見たいし、深海魚が食べられる沼津港にも行きたい!(別に深海魚限定じゃなくていいけど)

41kaqpw64dl

わたしたちの体のなかにある、生物の歴史を紐解く。 手も、目も、耳も、歴史の中に起源がある。 著者の経験や感情が素直に書いてあってとても読みやすい。わくわくした!

174636fc 64b0 4154 8e1f 24126c9a62f788630391 ba3e 445e 9161 af839158ef3c
51dprcnb%2b9l

人間が介入できない領域を、法則や定理、仮定で分析できる世界。

0c457f66 19e6 43b9 8524 c8c04fdc7fe288630391 ba3e 445e 9161 af839158ef3c
51r2t2af0el

家の本棚にて発見。 チョイと古いけれども、面白く読む分には特に支障はなかった。 タコが、なぜこんな形をとらざるをえなったかのか。それは、体を包む方法だけがうまく見あたらなかったからだろう。一種の、天才の欠陥だ。すぐれた部品、精巧な機能をつくりあげながら、外側は何も考えずに適当にくるんでしまった機械のようなものである。 何とお粗末な……

51ca8o%2bqrrl

野生動物の生き生きした姿がとてもかわいらしいです。犬の研究にYouTubeが使われているとは現代的! 動物の生態を知る実験は手作りの装置が多くて、それだけで冒険ぽい雰囲気が。腹痛を起こしたイソギンチャクには気の毒でしたが、笑ってしまいました。

51ag280dl%2bl

人間の居場所は、進化学的に見ても人間以外の全ての生物の存在の中にある。お互いの存在をなくして進化はありえないからだ。 だからこそ、学んで、議論していかなければならない。アメリカには「絶滅の恐れのある種に関する法(ESA:the Endangered Species Act)」がある。日本にもそれに該当する法を考えていくべきなのではなかろうか(もうあるのかな)。

51gkq%2b9ajnl

改めて放射能から子供を守らないと!と再認識させられた。 食べ物、特に内部被害を避けたい。 2017.5

51hqw0h1kbl

どういう風の吹き回しか、2週間後にタイムマシンについてプレゼンせねばならないので、図書館にて拝借。 相対性理論云々をそもそも殆ど理解していない状態から読み始めたが、解説がめっぽう易しく、3時間足らずでわかった気になれた。 さて、プレゼンを作り始めねば。

C3422c5b 44e4 4271 b92c e5d8122c268627dd1aaf 4baf 48e0 9f98 4797ae8947f5
51ghq8p h1l

強者が生き残るのではなく、生き残ったものが強者であると著者は説く。さまざまな動物、植物の生き残り戦略を分析することを通じて、生き残ってきた生き物は全てナンバー1であること、弱い生き物にとっては環境変化の時こそチャンスであること、などに勇気づけられた。生命誕生から哺乳類、そしてヒトの誕生、人類が地球の「支配者」となる壮大な歴史を描いた「あとがき」に強い感動を覚えた。

27dd1aaf 4baf 48e0 9f98 4797ae8947f5Aa26433a ad66 4799 ae27 ac58304064cc8315f216 1ee8 4368 81b8 48bb7e571b9cB9c44fb7 ce7a 4f0a 90d4 9e7900cee825Bc482d25 4e64 476f 975e 4e550ae3be15
61zp8lwep9l

昆虫の世界は本当に奥深い! 写真が多く、実寸も載ってたりするから、イメージがわきやすくていい。重かったり固かったり派手だったり、本当に多様だなぁ。

41yayj8fpal

一気読み!中学の時に毛利さんの本を読んで大きな影響を受けた覚えがあるけれど、この本を読みながらも自分が考えてたことと近いな、と思い、それは毛利さんの影響を受けてこれまで思考してきたからなんだろうと気づく。ユニバソロジの考え方は自分にはすんなり入った。なぜなら自分の教育分野における取り組みもUniversalをテーマにしているからだ。教育にもこの流れが来ているということは人類が生き延びるために必然なんだろう、と毛利さんの本を読んで再認識した。

51oiig3u 6l

この本を読んで、一番感じるのはやっと読み終わったという達成感。面白いけど、内容が盛り沢山で、頭を使ったなぁと。 下巻の内容は 人が自らの無知を認めた上で、新しい知識の獲得を目指すようになった科学革命(それまでは世界の全ては神によって知られていると考えられていた)。 科学革命は帝国主義、資本主義と結びつき、より多くの富をもたらした。しかし、人は本当に幸福になったのか。そしてこれからどこに向かっていくのか、 といったもの。 最後に書かれた著者の問いは、「私たちは何を望みたいのか」だったが、そもそも望んだものを手にした結果、人は本当に幸せになれるのだろうか。また、後の人はそれをどう評価するのか。人類の未来への問いは尽きない。 次の言葉が印象に残った。 「歴史の選択は人間の利益のためになされるわけではない」

28b199cc 0020 4e9f af1f 797ca1398467A24acc06 e130 4e16 b7d4 af8d4cd8d6a85e7cb613 c27b 4500 9adf a469433e5207866f24ab a98d 4cbc 9881 c512fc7ca5b42466d3b9 e241 4340 b2bf e3c6ca94e22310164ba6 89c6 4970 8a83 7c13a5d6512c33b67049 024f 4240 978e 3ab1d9ffbe28 19
51aul8nxhrl

面白い、途中まで。 ----- どうやらこの本は、恐竜を語ることで、その子孫とされる鳥類の進化的形質を説明するのが目的のようだ。「鳥類学者、恐竜を語(りつつ鳥類の進化を論ず)る」というのが正解かな。まだ読了してないのでなんともいえないけれど。

28b199cc 0020 4e9f af1f 797ca13984679d0a2bfb cee4 4a56 8ee0 8d30ae78cfa2
次のページ