文庫

13階段

13階段 高野和明

処刑する側の人間から見た時、死刑制度について考えさせられる。推測や予測から最善の選択肢を選べなかったり、不測の事態にうまく対応出来なかったり、人間味があり、引き込まれる作品。

D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82aE2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baec3e88720e d236 475d 8a78 812bc1db5fe3Icon user placeholderE6787e9e 1000 466a b5cd 3f374825d94866514ac8 9f5d 49d0 819d e8978ce3832dB4afb615 d2df 4e2e 8c2a e5af57153fbe 59
通天閣

通天閣 西加奈子

寒くて暗い日本海の冬にはまった本 死にたいと思った事のある普通の人間には、感性だけを頼りに生きているような人間には、突き刺さりました 西加奈子の文章は本物という意味でかっこいい だから読んで涙を流しても、かっこ悪くはない

Ba0fc44e 8c89 4d42 aa75 e3c264fe62f3Icon user placeholder0afd0383 1cee 44d2 8c27 77c9c68bbb7698c17f47 4c70 4349 a025 b711718c129e5efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5f49dff1b6 4b02 4925 bda0 8cd014519c60Da10b101 e52f 44af bdc8 6002e3401c47 32
ツナグ

ツナグ 辻村深月

辻村さんの作品の中には、あたかも元からそこに存在してるかのようなリアリティを伴ったルールが出てくる。その、ルールがご都合主義じゃないところがニクい。

D7131e7e 5927 4ce8 9f13 cf2359f258eeIcon user placeholderCb317a5a c468 414e b042 c688dbc06e7605d430ff 19f3 48d5 b48f 916aceaed0809bd23011 edff 4ad8 9cc4 3b0a522a7134B0ddce66 3497 44ec a0f7 830bfa0af81d4c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5 140
少女

少女 湊かなえ

親友の自殺を目撃したことがあるという転校生の告白を、ある種の自慢のように感じた由紀は、自分なら死体ではなく、人が死ぬ瞬間を見てみたいと思った。自殺を考えたことのある敦子は、死体を見たら、死を悟ることができ、強い自分になれるのではないかと考える。ふたりとも相手には告げずに、それぞれ老人ホームと小児科病棟へボランティアに行くー死の瞬間に立ち合うために。高校2年の少女たちの衝撃的な夏休みを描く長編ミステリー。

Df016139 7043 4074 9caf d5b04be600079886eb0d 0656 4452 84b3 c8168afdb00c655c7f25 7ac7 4dd6 8c96 008ed7dd3fe8Icon user placeholder675f6c8f 90bf 4d72 b8a5 5933c8ca84aaB0fb326e aa55 4ad1 a342 aeb0088fc3baE0ad993d 295b 4d2b b936 cc56c26edbe2 33
螢

螢 麻耶雄嵩

オカルトスポット探険サークルの学生六人は京都山間部の黒いレンガ屋敷ファイアフライ館に肝試しに来た。ここは十年前、作曲家の加賀螢司が演奏家六人を殺した場所だ。そして半年前、一人の女子メンバーが未逮捕の殺人鬼ジョージに惨殺されている。そんな中での四日間の合宿。ふざけ合う仲間たち。嵐の山荘での第一の殺人は、すぐに起こった。

6d6a7701 f781 4f5a a4d4 5d7a26318e74Eb38e834 6d3a 4fc8 997e 0a73071bb64cIcon user placeholderE4a32fd1 0789 4ae4 b77c 1a3a602f4cd25838b434 ebdd 417d b446 f0a18cdcf982D6a96260 4374 4457 bdbc f362834a5e91
氷菓

氷菓 米澤穂信

いつのまにか密室になった教室。毎週必ず借り出される本。あるはずの文集をないと言い張る少年。そして『氷菓』という題名の文集に秘められた三十三年前の真実ー。何事にも積極的には関わろうとしない“省エネ”少年・折木奉太郎は、なりゆきで入部した古典部の仲間に依頼され、日常に潜む不思議な謎を次々と解き明かしていくことに。さわやかで、ちょっぴりほろ苦い青春ミステリ登場!第五回角川学園小説大賞奨励賞受賞。

49bc0404 ec94 4db3 b249 5472aad35463D2df920f a1c1 47f1 9cba 8781a33d207033d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb3786902D4a84528 6a5b 4bd3 acd1 14c67ac5265c036d9322 352e 466b a569 2fc52ab8f77d83a09d17 d124 42f2 9233 dc50b79e6e6cIcon user placeholder 119
占星術殺人事件

占星術殺人事件 島田荘司

怪事件は、ひとりの画家の遺書から始まった。その内容は、6人の処女から肉体各部をとり、星座に合わせて新しい人体を合成する、というもの。画家は密室で殺された。そして1カ月後には、6人の若い女性が行方不明のあげくバラバラ死体となって…。奇想天外の構想、トリックで名探偵御手洗潔をデビューさせた、衝撃的傑作。

101ce732 b6c9 4d50 a0cf 6061026ffb100d4f8c60 157b 40c8 9bae b3d8b7ea1e4bIcon user placeholderEc0ee646 174e 4e3e b7a5 879d1e90656f3bd02b6c e34f 4db6 bba4 6b77853233de96140413 e771 43b7 b621 88ba3a30fb1b05869e97 438c 425a a124 54c865af4a1f 13
白いしるし

白いしるし 西加奈子

魂ごと恋をしたのに、触れたのに、愛されたのに、一緒にいられないなんて、そんなことがあるなんて、知らなかった 茫然とする彼女のその感情が痛く切なく、魂が泣いた 辛くて惨めで淋しくて、それでもかけがえのない恋

23ad9c9c 23c2 4e3d 94ca c721b2efea407aae84de d26f 4899 9171 6d0dd79e0441F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c79766840c0d e215 4d42 9e76 2e39cb92489c4c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b597a324dc 0c61 4901 b94b c33e24c3f3519911cd5c 6c45 49c6 a27c e6f9dd8db200 134
奇譚草子

奇譚草子 夢枕獏

古くは『日本霊異記』や『今昔物語集』、はたまた『百物語』『耳襄』に匹敵する不思議で怖い出来事を集めたのが本書『奇譚草子』である。一本多い手の話、手に映ったサムライの顔の話、何度も雪に埋めた死体の話、逆さ悟空…等々、現代に伝わる怪異な話の数々を収録。夢枕ファン、待望の一冊が遂に復刊。

往復書簡

往復書簡 湊かなえ

高校教師の敦史は、小学校時代の恩師の依頼で、彼女のかつての教え子六人に会いに行く。六人と先生は二十年前の不幸な事故で繋がっていた。それぞれの空白を手紙で報告する敦史だったが、六人目となかなか会う事ができない(「二十年後の宿題」)。過去の「事件」の真相が、手紙のやりとりで明かされる。感動と驚きに満ちた、書簡形式の連作ミステリ。

3e1121ed 700a 416a 811f 0058fc6c88beIcon user placeholderE5ba1bc5 2ebe 418c afed 1fea8a3b42c838aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21Icon user placeholderD41b87ae 2265 4623 8f11 f9987512f64e31cf98e4 2b5d 407e 9a90 e4ddaaa35063 49
雪密室

雪密室 法月綸太郎

誇り高い美女からの招待で信州の山荘に出かけた法月警視だが、招待客が一堂に会したその夜、美女が殺される。建物の周囲は雪一色、そして彼女がいたはずの離れまで、犯人らしい人物の足跡もついていないのだ。この奇怪な密室殺人の謎に法月警視の息子綸太郎が挑戦する。出色本格推理。

十字屋敷のピエロ

十字屋敷のピエロ 東野圭吾

ぼくはピエロの人形だ。人形だから動けない。しゃべることもできない。殺人者は安心してぼくの前で凶行を繰り返す。もし、そのぼくが読者のあなたにだけ、目撃したことを語れるならば…しかもドンデン返しがあって真犯人がいる。前代未聞の仕掛けで推理読者に挑戦する気鋭の乱歩賞作家の新感覚ミステリー。

Fa1d4e69 319a 436e bec7 2d60ce37b8d7A9a02027 a076 40a9 8169 a19ebef08e883f10325b 249d 4bf9 809a 0c01f5c7460b13e8a36a b366 4e90 a742 98a5d45101ba59b5d0d7 efdb 4f49 85bd 375a1d54ba85Icon user placeholder6ad43702 cb02 47b4 89fd 60c9f90cef45 10
斜め屋敷の犯罪

斜め屋敷の犯罪 島田荘司

北海道の最北端、宗谷岬の高台に斜めに傾いて建つ西洋館。「流氷館」と名づけられたこの奇妙な館で、主人の浜本幸三郎がクリスマス・パーティを開いた夜、奇怪な密室殺人が起きる。招かれた人々の狂乱する中で、またもや次の惨劇が…。恐怖の連続密室殺人の謎に挑戦する名探偵・御手洗潔。本格推理名作。

96140413 e771 43b7 b621 88ba3a30fb1b5838b434 ebdd 417d b446 f0a18cdcf98228bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef312f029d74 4f6b 488c aa53 01757c1e3f3072cbfe68 3ca1 4af3 a947 ac3545fb9a4aD6a96260 4374 4457 bdbc f362834a5e91
次のページ