文庫

逢魔が時に会いましょう

逢魔が時に会いましょう 荻原浩

民俗学者の准教授とひょんなことからその取材旅行に同行する事になった大学生が日本の妖怪の正体に迫る、著者本人による書き直し2作に書き下ろし1作を加えた連作。 2人が巡る「正解のない世界」はとても興味深く楽しかった。 特にシリーズ化の予定はないようだがこの2人のその後が気になる! ちなみに。 1編目に出てくる座敷わらし。私の母は遠野の近くの生まれだが子供の頃座敷わらしを見たことがあると言っていた。その母の話と布目准教授の解釈には非常に近いものがあって興味深かった。

星がひとつほしいとの祈り

星がひとつほしいとの祈り 原田マハ

ワクワク、ドキドキ、ハラハラ、といった感情が前面に溢れた1冊ではないけれど、だからこそ身近に感じた。田舎に帰った時みたいな気持ちになる。またこの本に戻ってきたいと思う。

0402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a00Fcd78a68 5507 494c a56a b3dcf49699dbE6e46408 7d9f 4c98 a3bd 456d3e743221A7b82a1e 0e92 42aa 9ee9 2478d547f35c22b34e24 9d93 4736 b025 eb773a6c5fa052337dfe f90d 48d1 873c 780390df600f458c1e90 0f5f 47a6 9e44 bbce7cd6600b 15
羊と鋼の森

羊と鋼の森 宮下奈都

読み終わったあとの満足感、幸福感が凄いです(^^) みんなきっと自分の中に主人公「外村」の実直な部分を持っていて、それをググッと引っ張り出されるような、、、 子供ができたら早めに読ませてあげたいな、なんて(^-^)

A432e0fd 517b 4039 a0a9 b1b5d5edcfd107bf14c6 a1dd 4a1e 8c76 6a6d095ef89eB01f209a 102f 42a4 8d27 0db908548381D3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29Fcd78a68 5507 494c a56a b3dcf49699dbD90aebb2 cc38 47cf 97b4 cd69dea3f0f5F0de2ff7 01ff 4168 bb1a 7780b6f97a58 30
まったなし

まったなし 畠中恵

大好きなまんまことシリーズ第5弾。 色男清十郎の縁談が絡んだ6編はどの話も切なくもほろ苦く温かい。 このシリーズはいつも読み終わった後心が解けて柔らかくとても温かい気持ちになる。 本当に大好きです。

天使のナイフ

天使のナイフ 薬丸岳

初めての薬丸作品。さすが江戸川乱歩賞を満場一致で獲得した作品で完成度が非常に高かった。少年犯罪という明確なテーマを軸に物語は想像しない方向へと進んでいく。

Ec590c29 e53f 46eb afb0 d6ac20a94e0080111638 be34 4d57 94d5 59f57824a6c313579f0e 45c7 4964 9a73 9b2a7980d540Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee12475a89c 9503 4b08 b347 6ab2bb8874405dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340f840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e0 13
夕子ちゃんの近道

夕子ちゃんの近道 長嶋有

アンティークショップフラココ屋を中心に緩く淡々とした人達の話。穏やかに話が進んでいくのに、急に背中を押された気持ちになる。

C17e5ddf fd7c 4655 a028 d401a2587f8843fd2084 1ad4 48cd b623 9b1eddd04475151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241E200c20d cad6 4d17 8d18 63b710f41909
卵を買いに

卵を買いに 小川糸

素朴であたたかみのある表紙と気になる帯に惹かれて購入。度々挟まれる政治色のつよい文章に予想していなかったため少し身構えてしまったが、可愛い犬のゆりねちゃんと、ページから美味しそうな香りのするごはんのエピソードには大変癒され、そして腹ぺこになってしまった。ゆりねバーグ、気になる木……。

アルケミスト―夢を旅した少年

アルケミスト―夢を旅した少年 パウロ・コエーリョ

『傷つくのを恐れることは、実際に傷つくよりもつらいものだと、おまえの心に言ってやるがよい。夢を追求している時は、心は決して傷つかない。』 あの時こうしていれば…と嘆いたり呟くのは、ただ怠惰なのだろう。環境や境遇は関係すると思う。でもそれを言い訳にしない、と言うよりもそれが問題とさえ思っていない人は存在する。それは、心としっかり向き合えているから。追求するとはそう言う事なんだろうと思う。

62203d95 792f 41e9 9787 55fd145d1f27D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3cA5a5021f fb40 49ad 85a7 3b38a06fe9ceF67b0337 3c76 482d 8900 cd853b96052c71791768 adcf 4707 b0c9 fca0fb14ee411015f227 696e 4c84 84b4 7c2812a5f481E85534e7 2bdb 4c35 aebf a6579fe16621 101
Yの悲劇

Yの悲劇 エラリー・クイーン

事件の舞台は大富豪ハッター家だ。自殺、毒殺未遂、殴殺が立て続けに起こる悲劇を読んでいると、胃がキュウと摘まれているような悲しみに襲われる。 犯人は家族か使用人か家庭教師か。数々の容疑者が浮上する中、名探偵ドルリーレーンが誤解を斬る。

52939939 fed1 4627 abf9 9bd91dbf6bc9D8f43538 4f9d 4615 b1ad b65fd02048105838b434 ebdd 417d b446 f0a18cdcf982A7befd6f c82a 41df b51f ffdbdc5bf56a
君のそばで会おう

君のそばで会おう 銀色夏生

心がひきあっているなら どんな障害があっても 自然とあゆみよっていくものです そこには 内気さや不安や躊躇や策略は はいりこむスキがないのです

43fd2084 1ad4 48cd b623 9b1eddd0447557e85b59 b329 45cd a1de 474ab796dd37648cbff4 c642 4e0c 959e 1ea1f6aba07b07b27cb7 6c1f 4301 a6be e20e6e4d31224d9dfd36 5487 4fdc 88d3 f1e9b42f930057cbc719 d2b1 446a 9ce0 d6442f06f481C017f974 2539 4a01 a5e5 77ca477904ca 10
次のページ