文庫

しゃべれどもしゃべれども

しゃべれどもしゃべれども 佐藤多佳子

自分の気持ちが今どこにあるのか。目を逸らさずに、自分と向き合って自分なりの答えを見つける。骨の折れる作業だが、ちゃんと自分を知ることで、周りの人を助ける力も身につく。 物語に出てくるような、学校でも職場でも家でもない、心通わせるられる居場所ができると人は強くなれるんだと思う。

F3bc9b8c 78a6 441a b160 2a838b68dcf9095de8f5 82de 46d5 8114 73ff7f72a76f642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac7f4b8b04 20e8 47d9 916f 73e91a4f10deCfa6cdb2 66fa 4beb b02d 6667e25c0f86C606d581 9cd3 48da a7e1 ad89eac82881 21
友罪

友罪 薬丸岳

この作品は、登場する主要キャラのほとんどが暗い過去を背負って生きています。かつての犯罪者とその友達だけの関係に触れているのではなく、様々な人の立場にたって物語が進んでいきます。最後の雑誌の寄稿の場面は、本当に大きな決断を下したと思いますし、何よりやるせない気分になります。社会の眼差しと個人的な感情の間に揺れる益田くんに、何か言葉をかけてあげたくなる作品でした。

Ee751934 df40 4fe9 af13 98e2e9c1113fD185318e 50c9 4d7d 9f9d 97bc12d79a704ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb88a6c15ff 8a5f 458c 8cd1 10984e45442127975ca8 a059 4dff 8868 6373d3a65c41B01f209a 102f 42a4 8d27 0db908548381Ec590c29 e53f 46eb afb0 d6ac20a94e00 24
乳と卵

乳と卵 川上未映子

川上未映子のだらだらと続く独特な文体は好き嫌いがはっきり別れるだろうけど、私は好きだな。というか、私もそういう思考をしてしまうことがあるなと思う。たまに思考が追いつかないこともあるけど。

84bda6eb 64c2 4e5a 8be4 5fa9fc382ae74b7ed642 4753 4367 a6f0 373647a8c060640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff5aea1110 21be 4f0a 8aa2 de0731b199dc057d2afe 8924 450d bb96 3e12f5f89a94D2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c86755b445b 6724 42aa a1da ff3b2f0c54d5 47
悪意

悪意 東野圭吾

人気作家が何者かに殺された。加賀恭一郎が様々な手掛かりを元に犯人を追い詰めていくが・・・。 比較的早い段階で犯人は明らかになるため、物語の大半を占めるのは犯人の動機と事件の概要・性質である。物語中盤で解明された真相(と思われたもの)が後半で一変し、まさにタイトル通り「悪意」をテーマにした事件だと気付かされる。 加賀刑事が「その悪意の根源は一体どこにあるのでしょうね」と語っているが、真に恐ろしいのは、人は明確な動機がなくとも他者を貶めようとする悪意を持ち得る、という点だと思った。

Bd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09b76bc0f85 8cb3 4e46 a3f5 c23b5baeb96d89bb3154 f54a 41b0 8baf 480b249ffa7cC5440a6a 2c87 4022 a073 d86759f6dcd7D7579001 1dba 4d77 bbc4 1329f53f9a5dLbb1pwey normalB63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb849 37
毎月新聞

毎月新聞 佐藤雅彦

考える ということを面白くわかりやすく身近にしてくれた。日常の中に常に面白い仕組みが存在していて、私たちはそれを当たり前としていて気が付かない。ああ、私勿体ない事してたかも。などと気付かされた。

C86daa0f 5ca1 4297 a406 ca3ed905d46c5cd558ef 0244 4de3 a51a 6bca5de4fd167cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5Dd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532fE1fc7909 c16b 4c14 a0ff a29d266e8cf2E8cb140d 161d 4fde b00f 73b42452522b
プラチナデータ

プラチナデータ 東野圭吾

東野圭吾の作品で1番好きなミステリーの仕組みだったかもしれない。読み終えたと共に、なんとも言い難い、やられたという気持ちと爽快感が強かった。

Icon user placeholderBd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09b0baf0b90 877b 45d0 a026 38e29c59536aIcon user placeholder0882a8fa e055 408a aaa9 a81db4c11e6e6ad43702 cb02 47b4 89fd 60c9f90cef45Fdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35de 60
すべて真夜中の恋人たち

すべて真夜中の恋人たち 川上未映子

「なんで入江くんにこんな話できたのかっていうとね」と典子は言った。「それは、入江くんがもうわたしの人生の登場人物じゃないからなんだよ」

2c144179 394e 42df a05f 5d380807297c5e6a7c73 6b65 4d42 b07b a73eb7fc2f412c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6fA432e0fd 517b 4039 a0a9 b1b5d5edcfd1384d5bf7 982f 4435 8df5 a0c7571b46af9de8a6e9 8ead 4e7a 9fd1 811a28cd3db97d346ad4 273e 4e50 adaf f8e49e0d3b34 151
羊と鋼の森

羊と鋼の森 宮下奈都

外村と先輩とのやり取りに考えさせられるものがあった。ピアノに関する本であるが、仕事を続けることの難しさについても触れている。これから社会人となる若い人々に是非読んでほしい!社会人経験の長いベテランの方々には、この本を通じて自らの仕事についてこれまでの経験を振り返り、自分なら外村に対してどのような言葉をかけるか考えてほしい。

Icon user placeholder0a83a93d 9ec1 4e05 814d 21cb4749c69f1ca6db25 d162 41dc 9881 a70df25b9aef4b7ed642 4753 4367 a6f0 373647a8c06053e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8aF0654e9c 05de 4249 b11e 3f7e97e05223980f83fa 2585 4a68 8371 9a1ccc7b7c14 54
るきさん

るきさん 高野文子

いつも心にるきさんがいるから何だってやってける気がするんです。

Feac6d20 77aa 4605 80fc 5e370d5a8549B269b024 95e3 439f a195 51e50f65d85fIcon user placeholder1c201b33 d850 4cf4 98ff 4c1b0ffd75206afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc373394692462d e698 4e50 8343 f3ac63fbbe3975657d05 f8af 4ca9 b80b d54f664b8b01 34
プチ哲学

プチ哲学 佐藤雅彦

これまたわかりやすく面白く哲学を教えてくれたな。

297b95cd 6ba5 4d94 8e04 303af446885a89bb3154 f54a 41b0 8baf 480b249ffa7cFeac6d20 77aa 4605 80fc 5e370d5a8549C86daa0f 5ca1 4297 a406 ca3ed905d46cD5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453Cee99564 e18d 435c 8d17 754753fa7db20bf64941 7f34 4cc5 bb39 922fcdd17561 19
ガンジス河でバタフライ

ガンジス河でバタフライ たかのてるこ

海外に行けないので本で解消してやろうと衝動買いした本。めちゃくちゃ面白かった。 たかのてるこさんのキャラからして面白かった。 解消するはずがより行きたい気持ちが増してしまった。

Ff138645 3196 4753 9a7c 27f6820386e72c54caa4 7676 4638 8ed7 ca3310b5f9f89e4bb589 6400 496b 8c32 47d9b46d842877bd6fd7 2c4d 4f38 8cc2 8a1ad90699eb
月の砂漠をさばさばと

月の砂漠をさばさばと 北村薫

お母さんが優しくて楽しい人で。素直にこんなお母さんになりたいと思った。 たまに少し泣けた。

9dd1b988 517b 4f84 9c73 550d4205f3ed5432a937 b878 42da 859e 0219425d8c6cIcon user placeholder458c1e90 0f5f 47a6 9e44 bbce7cd6600bF70eca95 2013 4a38 aa88 170ef7168a41A525e0a3 247f 44f6 833e fc53728d75b68f997df3 7220 420d 8e33 ee2e48d5a7fa 24
次のページ