新書

美術館をめぐる対話

美術館をめぐる対話 西沢立衛

0165 2019/12/11読了 2世紀美術館、十和田市現代美術館、青森県立美術館など行ったことのある美術館について語られていたので読んでいて楽しかった。そういう意図で造られた建物なんだなと。 現代美術館はカジュアルに出かけていい場所なんだな。確かにどの美術館も居てとても心地が良かったし、美術館だけでなく周辺を歩くのもたのしかった。十和田市現代美術館は、そこを拠点に紹介されてた他のアートスポット巡りしたし…。美術館の建築意図通りのことしてる…。 「公共」という意味の捉え方を間違っていたなあというか、日本人的な捉え方しかしていなかったことに気づいた。みんなのものであることは確かだけど、上から与えられるものではなく個人に帰属するものである。もっと自分のこととして捉えていいのだなと気付いた。 あと、「開く」機能のこと。もともと現代美術館は開いているイメージがあったけど、それは閉じて未来に受け渡すためでもあるのか…。ガラス窓とかの物理的な「開く」だけでなく、作品を収める21世期初頭の建築物としての開く、閉じるがあるのかあ。わけわからなくなってきた。 作品だけでなく、建築も含めてたくさんの美術館に行きたくなってきた。

Icon user placeholderE4f21041 cc6c 4268 b713 5baf3e868f44
人生を面白くする 本物の教養

人生を面白くする 本物の教養 出口治明

t型人材になるために教養が必要である。 毎日寝る前の1時間は読書の時間に充てるのは見習いたい。 我が国固有の領土という概念はない。 toefl100点挑戦したくなった。 後半は、日本についての筆者の意見がつらつらと。鵜呑みにせず、参考にしたい。

Df28e83b a79a 45ed 9154 b7c22a9850d801fcc972 cdbe 4a7d a791 86a956fab210A32a5196 8016 4c92 ba31 e758b1f3f22d08af4323 5d87 424a a054 bdb299c0032278682c2f 9ffb 465b 9f8b f571de1da41cB4fe19ef 0d2f 4abd 88a8 472a8a4865d81aedee78 7991 4923 95bf ecf992e5f8f8 66
タモリさんに学ぶ「人生の後半」を生きるコツ

タモリさんに学ぶ「人生の後半」を生きるコツ 内藤誼人

タモリさんってホントさっぱりした考えで生きている。 くよくよ悩むより、過ぎたことはさっさと忘れて、明日のことを考えたほうが有益だとか。人間関係においても、「話せばわかる」じゃなくて「離せばわかる」とかね。 悩んだときには、タモリさんだわ。

私とは何か――「個人」から「分人」へ

私とは何か――「個人」から「分人」へ 平野啓一郎

自己分析ツールから性格診断まで、人をタイプ別に分類するための質問に答えている際「それはどの私に聞いている?」と度々思っていた。境遇に関係なく一貫している振る舞いなど自分には無いように思えるし、私はこういう人間ですみたいな判断がつかず回答を途中でやめてしまうことが多い。自分の性格に確信が持てないという性質について、面倒だとか考えすぎとか思われているだろうし実際就職活動の面接練習の際に言われて不貞腐れたけれど、この本に書いてあることと似ていて安心した。

9b18d833 ff64 4461 98e0 418d0b78ed2aFe6e80b3 35c2 4fd2 8a8f 6db4ea32bad8Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843b5728673c 5af3 4736 9c56 4c7c0213fd3b1f7b34d9 4fd3 472b afbb 2e9e411dc2fa5e62987e c886 487d 91ca 2aca587e5c7915c05a4e 8805 40d5 a9b4 2481c644f2fa 118
異文化理解

異文化理解 青木保

境界の時間が必要。タイのように仕事帰りにお参りにいくような、現代社会とは違う時間の流れを生活の中に取り入れる必要がある。日本はそれがないからギジギジしてる。

Icon user placeholder694e7593 630b 4d65 998e 5e75fcb3509aIcon user placeholderBd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09bD35676fc 436e 48c3 b25b 7e8405e7ef2352939939 fed1 4627 abf9 9bd91dbf6bc948909f13 5e9b 4772 8e48 1168c29c8e91 10
孤独の価値

孤独の価値 森博嗣

孤独というワードのマイナスイメージを払拭する観察と体験談でした。自分と向き合う時間を作ること、物事を考えること、これらが自分の感情をより明確にし自由にしてくれる。メディア等の情報に惑わされることなく、自分で選択し思考する。楽しさと寂しさは紙一重なんだろうね。

5728673c 5af3 4736 9c56 4c7c0213fd3b818d25d5 1b01 426e 8e61 12d45e70c328F4b211ea 0963 4178 92fe b51b494e5186Icon user placeholderE678e548 e934 443f b1ad 9f6714f1a26c055a3fc7 061f 4681 bb33 e06213bc3d5aIcon user placeholder 46
江戸の家計簿

江戸の家計簿 磯田道史

0154 2019/10/29読了 江戸時代の職業や金銭感覚がわかる。 鶴食べるんだ…。 職業がすごい細かい。風呂屋や細かい分別のゴミ回収など、何でも商売になる。 シーボルトって3週間しかいなかったんだな。 あさのあつこさんの章を読んで、藤沢周平作品読みたくなった。

Icon user placeholderBdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e3112272eec7 5f52 4fff 81d8 fb0778324810Icon user placeholderIcon user placeholderD1d0701d df16 4ba9 933a 14bab6d62833C3c5948a 46dc 4471 abfc 816b7a7cfc13 13
悩む力

悩む力 姜尚中

読み終えて、まだまだ私は、精神的に「若いな」と思いました。 社会に出て自分の役割や存在意義が見えず、悩みに悩んだ時期もありましたが、苦悩を経て人として成熟していくものだと割り切れる契機の一冊となりました。

Icon user placeholderEdc85d45 cdf6 4c69 b403 80bb269b0b65C91625e5 5c58 47d3 9a36 a20df7a825ed3a96f5ce 4f1b 45c4 8e93 c131a31b5dcfCb03afce 248d 465e 9655 aa926485f445253143cf 34a1 4879 856d 81378d299d2dIcon user placeholder 72
サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 人生100年時代の個人M&A入門

サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 人生100年時代の個人M&A入門 三戸政和

タイトルに引かれて、帯のホリエモンに引かれて読みました。多分初めてのビジネス書。 会社を買うということが、お金があれば可能らしいことは分かった。向き不向きもあるだろう、人生100年時代、その気があったらやってみな。という投げかけです。読んでる時はワクワクしたし、野心は無いけど普段考えないことを考えました。それはそれで楽しかったですよ。

5de00785 2d12 4258 a630 7207e501328b83b1071f c8f8 4cfb aee0 a42eb8b438ec1c046575 9802 405d a2b9 6cab4f6a1e9dIcon user placeholder4222be95 10ec 4dbe b725 1349d8aceb4bDfbd1143 4c06 47d5 b974 471791c7d8c07d14e193 b798 4b3d bbd0 27dc04e04a21 26
一切なりゆき 樹木希林のことば

一切なりゆき 樹木希林のことば 樹木希林

先日、入院加療中の社員を病院に訪ねました。現状の自身の状態を自ら認めようとは決してしない彼に接して、この本のことを思いました。ありのままの自分を受け入れることはとても勇気がいるけれども、それがなければ幸せも遠ざかるなあ。

7bc0c2c1 5f15 48b7 87ab 7773cdfa201dB2ad83d8 5ff7 47e9 99e4 d699b3b88da3Icon user placeholderF11603e6 7980 4853 ba71 c021c99f74caIcon user placeholder38c9de35 09c2 4aa8 9670 349b0a8708c2Icon user placeholder 36
現代語訳 論語と算盤

現代語訳 論語と算盤 渋沢栄一

「人はどう生きるべきか」を書いている論語 渋沢栄一は論語の教えを持って、実業の世界の欲望 の暴走を制御しようとした。 自分の利益より、社会全体の利益に重きを置くこと の大切さを語る。

A0e5f374 b725 40b0 a2d0 f6d2a45687d3Icon user placeholder37637829 3d64 4be3 8322 d41529bc8ff83fd02c7d 938e 4822 97c2 e101f588f5e243c9090d a138 485c bc7f 5cc52f7c7df4Bd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09bCfcac1ce 1906 4eb5 b246 12ed0104cd61 36
戒厳令下チリ潜入記―ある映画監督の冒険

戒厳令下チリ潜入記―ある映画監督の冒険 G.ガルシア・マルケス

「掃除婦のための手引書」ルシア・ベルリン著の一編「いいと悪い」に登場する共産主義者のドーソン先生が強烈な印象を残したので、チリとはどんな場所なのかと興味が湧いた。本書はその共産主義革命が一応合法な選挙下で達成された後クーデターが発生しピノチェト独裁政権戒厳令下のチリに反政府派の映画監督で自国から追放された映画監督が潜入するドキュメント。遠い昔かと思いきや日本では科学万博が開かれたバブル前夜の1985年の出来事。圧倒的不利な状況でも抵抗する人々の姿が逞しい。

Icon user placeholderMaman putain6 normal
武器としての決断思考

武器としての決断思考 瀧本哲史

◆世の中に「正解」なんてものはない。正確が分からないから動かないのではなく、「いまの最善策」を導き出して、とにかく行動することが重要だ。 ◆知識、判断、行動、修正

Ef51d276 3015 4737 8abf 61f1f41be7e9C8104445 23b8 4952 9a19 c472cbf7a0d9Fee867d4 438c 4cfa bd48 75aa0233a79a8870230d 5270 4d09 9530 2574d3a04576Icon user placeholder820901cb 8440 4ce2 8f23 f47e512280b58d1d840e 1cfd 4a31 aea7 56b35df502d7 36
次のページ