新書

411up6ewy4l

建築有情 長谷川尭

昭和の懐かしい建築を振り返るエッセイ的なもの。 もっと新しい文庫本もあるが、昭和52年版の文庫本の活字の雰囲気が良くて、あえて購入した。

51lumtnedel

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること 河合雅司

本書にあるように将来起こり得ることは、様々な統計などの数値で予測できる、処方箋もある。 なのになぜ、現実にはそれらの対策が採用されないのか? 目先の利益や既得権を守る者や声の大きな批判者たちに振り回される愚かさについて考えさせられる。

1c201b33 d850 4cf4 98ff 4c1b0ffd7520014253d4 6080 4951 9119 24735184a6969478a03e a429 46dc 924e 00828ba81e37858b8fee cda9 4df8 8d06 a114d03ddc1212b011c4 620a 44ff 8a3f 55e3707f7c493880908b 3c3f 4c07 ab15 4efd38d6c5a898d9c063 652e 4206 9e86 46d5ae0e2f69 20
415030bqnzl

通勤電車でよむ詩集 小池昌代

まさしく通勤途中に読んでいました。 人混みの中で周りをシャットアウト出来る本で、 しかもこんなに色々な詩を見れて楽しかった。 お気に入りの詩も見つけられました。、

978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c21b06ec72 cd6b 4091 9c04 a6d4d6757de3Icon user placeholder67eac746 bb24 4280 83dd 45fe895a7c8aBd206ab0 388d 44d4 8aaf be7efce83af0261eef46 04e0 4cb8 ae72 888d00a57911Icon user placeholder 9
414bbd8aqil

応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 呉座勇一

興福寺の別当経覚と、門跡寺院、大乗院の門主尋尊、この二人の残した日記を中心として話が進められていくので、「応仁の乱」というよりは「応仁の乱時代の大和国」的な側面が強いかな。 とはいえ、個人的に室町時代大好きなので、垂涎のバラエティ作品だった。観応の擾乱とか、嘉吉の変、後南朝、明応の政変とか、この時代は一般知名度低いけど、面白い事件がたくさんあるのでもっと知られてほしいところ。 以下、面白かったことメモ。 ・鎌倉期より大和国は守護が置かれていない。興福寺がその代わりを果たしていた。 ・当時の京都、武家屋敷は屋敷の周囲の道路を掘り下げて濠とし、周囲の市街地込みで要塞化していた。市街戦なのに長期化した理由の1つ。 ・この頃から足軽が登場し始める。 ・「名を籠める」興福寺縁の寺院が一丸となって敵対者を呪詛を送る宗教的制裁(なんかスゲー)

Icon user placeholder6115e2af 5260 4d5e 85f6 336c458d391f84d1a374 bc29 4c2e b929 01982e9a9690Aa26433a ad66 4799 ae27 ac58304064cc1b56cd93 4dda 4d56 a4d9 063aa114682419f920bd f6d5 4e2b 9d37 fc1e4b79fb10D8ab32a9 c672 4131 b29d ffcb40c4c797 15
511ngx6hkml

ビジネスマンのための「発見力」養成講座 小宮一慶

同じ情報に触れても、それをただ流してしまうか、自分の血肉とするか。日々の積み重ねで明日の仕事が変わるかも。ちょっと古いですが、基本技術は変わらないものですね。発見力というよりは、ものの見方を見直す技を解説した本です。

03b127fc 94ac 4321 a5cc a24bc7063d67Aba56b65 1e32 4c64 bf75 54feafbddb2f8c45fc05 c8fa 4776 a6f7 871dd2116f00
41zb4i%2btvll

経済学のすすめ――人文知と批判精神の復権 佐和隆光

「経済学のすすめ」とあるが、その実は日本における経済学の現状に始まり、その歴史、そしてなぜ経済学を勧めるか、を書いているので、経済学の入門書としてこれを選んだ私は大いに見当違いだったが、一読の価値はある。 難しいことは言っていないものの、個人的に読むにはかなりの力を要すると感じたので、熟読する余裕のあるときに全編を通読するのが良さそう。

4395e2d3 78a7 467e b52e 6eade9003831B366e1a3 c8a8 43d0 a914 e826baaaf8d328b199cc 0020 4e9f af1f 797ca1398467
51kh5dan7xl

生命に部分はない アンドリュー・キンブレル

「生命に部分はない」 大いに納得できるタイトルだと思う 前半は人間部品産業の現状、問題点をこれでもかというほどたっぷり 後半 効率主義、機械論を選択するようになった歴史的経緯から、私たちが生命を機械とみなすようになった理由を知る 最終章では 解決策として、効率主義を超える共感の原則、それに基づいた具体的な指針、施策も提示している 「私たちの生命観自体が、生命を機械とみなすようになったから」 認識を変える必要がある

Icon user placeholder3bd02b6c e34f 4db6 bba4 6b77853233deIcon user placeholder
51286t0bjvl

クラッシャー上司 平気で部下を追い詰める人たち 松崎一葉

「はじめに」を読んでゾッとした。 部下を潰す上司の下にいたら、会社に行くのが怖くなるだろう。重い気持ちになるので、途中で中断。 重いよ〜〜。 人間不信になってしまいそう。 社会人を20年ほどしているのに、いまだに会社の人付き合いがうまく出来ない。

95787d88 521f 443c 98d1 ecd62692b6ad8412b8f1 871e 4f2f bc22 7c0221344a1e
41lrlmwmrnl

儒教とは何か 増補版 加地伸行

儒教。知っているようで知らない学問。 以前、冲方丁の光圀伝を読んだときに「儒式で弔う」ことについて光圀が語っていて、その場面は何度か出て来て、儒教って思想体系の一つだと思っていたけどどうやら違うらしい…と知って、いつかちゃんと知りたいなと思っていたら、出会えた本。 儒式の葬いからスタートする本書は、「儒教」には学問の側面と宗教の側面があることを指摘し、各時代ごとの発展から、生活にどれほど深く根ざしているかを考察していきます。 儒教の生まれた国、中国はもちろんのこと、中国の影響を大きく受けたアジア(とくに東北アジア、という言い方をしています)の国々では、儒教は深く根付いていて、現代の生活にも深く深く根付いています。そこから生まれる問題も、当然あるわけで。 仏教だと思っていた事柄が実は儒教から取り込んだものだったり…と驚きに溢れた本でした。 日本はたくさんの文化を融合し、アレンジしてきた独自のガラパゴス文化を持つ不思議の国です。その根本に思想であり宗教である儒教があるということ、もう少し理解しておくと、歴史や学問や、いろんなことへの理解がしやすくなる面がありそうです。 初版は古いようですが、増補版なので、ちっとも古く感じません。

5bfb58e1 8480 4bf4 804f cc0603f3ec9a8f09626d b87f 4391 b987 daee56b364db
415o1pqgptl

ダンゴムシに心はあるのか 森山徹

タイトルがいい。 内容もいい。 スピリチュアルな感じじゃなくて、心をしっかりと定義して、実験で心に迫っているのもいい。 理系じゃないけど、おもしろかった。

F1a7bbb7 57aa 410b 8a60 2005c4834348Bd206ab0 388d 44d4 8aaf be7efce83af09e2d8372 58f7 4a53 8c2a 8d674cbfb6ddIcon user placeholder3e10e82a ae43 4aab 879f 7bf7e8378b2bD71d9191 30eb 43d6 98fd 24f195c8d2378a9d07e8 262e 4104 a224 e74b72dcc96f 18
次のページ