新書

戒厳令下チリ潜入記―ある映画監督の冒険

戒厳令下チリ潜入記―ある映画監督の冒険 G.ガルシア・マルケス

「掃除婦のための手引書」ルシア・ベルリン著の一編「いいと悪い」に登場する共産主義者のドーソン先生が強烈な印象を残したので、チリとはどんな場所なのかと興味が湧いた。本書はその共産主義革命が一応合法な選挙下で達成された後クーデターが発生しピノチェト独裁政権戒厳令下のチリに反政府派の映画監督で自国から追放された映画監督が潜入するドキュメント。遠い昔かと思いきや日本では科学万博が開かれたバブル前夜の1985年の出来事。圧倒的不利な状況でも抵抗する人々の姿が逞しい。

Icon user placeholderMaman putain6 normal
武器としての決断思考

武器としての決断思考 瀧本哲史

◆世の中に「正解」なんてものはない。正確が分からないから動かないのではなく、「いまの最善策」を導き出して、とにかく行動することが重要だ。 ◆知識、判断、行動、修正

Fee867d4 438c 4cfa bd48 75aa0233a79a9eff2376 715a 48e6 adbf 153adfada9e0Icon user placeholder820901cb 8440 4ce2 8f23 f47e512280b58d1d840e 1cfd 4a31 aea7 56b35df502d7Ef51d276 3015 4737 8abf 61f1f41be7e9F483711e 1287 4c51 8ce7 ba8a956d108f 35
街場のメディア論

街場のメディア論 内田樹

メディア、特にマスメディアについて哲学的な考え方も交えながら筆者の考えを示してくれる。 考えさせられる本。

Icon user placeholder5dc59253 1335 46dc 8342 2f7a4f57b5f4A3b121bd 6a81 4ff1 b277 28707d9fdb063461f976 7283 4644 a020 6250675cff385efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5fF323259c f50a 4e7a b901 7ff05ad808cd00a038ac 331c 4abf ab90 467a3cfeb75b 12
重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る

重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る 大栗博司

難解な数式なしで重力・量子論・相対性理論を解説する本。 数式を使わないので物理専攻でなくても楽しめるけど、数式がないためにかえって何を意味するのかが時々わかりづらかったりもする。 最新物理学を数式を使わずに解説する本はいくつかあるようなので、それらを読み比べることでより理解が深まるように感じる。 これはその3冊目なのだけど、さらに他の本も読んでみようかなと迷い中。

4bb0d6f4 8f25 4bb3 ae15 48abac5771fdIcon user placeholderC91625e5 5c58 47d3 9a36 a20df7a825ed0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a176e8e24 e9cc 40de 8147 9f437c32d0d447b1a636 c8e3 413e b60b b500b8e3f04306c58379 2feb 42cc 8af7 4222029de187 22
暴力団

暴力団 溝口敦

暴力団から半グレ集団、マフィア化していく なぜそうなるかや暴力団との対峙の仕方を学べる本 あとがきを読んで思うが筆者は恐れ知らずで本当のライター、ジャーナリストだと思う

6bb06d30 3e14 42e6 bed6 45adc97f7d0685ec4a4f e167 402d 8adf 3d8cce16dbf66299e844 3836 49fc 936a 8b7faca9102c
宇宙に外側はあるか

宇宙に外側はあるか 松原隆彦

宇宙の広大さを感じさせてくれた。 現在のところの研究分野を知ることが出来た。宇宙の形?を想像するだけでも面白い。 後半は存在とは?時間とは?空間とは? 哲学的だった。

21c7b1b0 f713 4fc2 b8f0 12f99c63b6f8B81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f4Eed2419f 2b1b 46e7 a20a 7a322cb7e9dc1056f4d8 10de 4e47 9a79 7ddddf00143a4a802ab9 065a 4d7a 8df6 ad0a4ece460f165676aa 34aa 410a 8578 b4209e33c36f
ふるさとを元気にする仕事

ふるさとを元気にする仕事 山崎亮

未来を描く3つの輪。「私たちがやりたい事」。「私たちが今まで培ってきた得意なことやできること」。それだけでは趣味や娯楽になる。そこで、「地域が求めている事」が必要。個人事業主という働き方。中山間地域では、買い物の代行や通院の送り迎えも喜ばれる仕事。地域の人が困っていることを能動的に探していく。地元に溶け込む姿勢と、課題を見つける力。俺は、とりあえず就職ではなく色んな働き方を知りたい。

聞く力―心をひらく35のヒント

聞く力―心をひらく35のヒント 阿川佐和子

阿川さんはとても可愛らしい方だなと感じた作品。ああしなさい、こうしなさい、ではなく、阿川さんの経験から得たお話がほとんどなのでエッセイ本のようでした。

82d753f6 5ade 49df a35b c5a87ab0c7d651719c79 83ea 4338 b822 8cdc3aa5e49420f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a520Icon user placeholderDcd670a3 93e1 433c b80e 2fa0748fe72809f4c76b cfa0 4cc9 b578 151284c8a5daIcon user placeholder 81
死刑執行人サンソン ―国王ルイ十六世の首を刎ねた男

死刑執行人サンソン ―国王ルイ十六世の首を刎ねた男 安達正勝

まず、恋をした。 矢も盾もたまらず、愛しい人の傍を選んだら、いつしか自分の手が血塗れになっていた…。 これはそんな一人の男が踏み出した苦難の一歩を、六代に渡って進め続けたとある処刑人一族のドキュメンタリーのようなもの。とにかく始まり方が凄い。こんなドラマチックなことってあるの⁈ 集英社新書で?と内心あたふたしながらもページを繰る。まるでロミオとジュリエット、映画化待ったなし!と太鼓判。とにかく冒頭で一気に掴まれてしまった。 革命以前と勃発後のフランス社会を、「処刑」というある種異様な視点から切り取って考察することができる一冊。特異点であるからこそ見える風景や抱えてきた思いが深く、考えは尽きない。タイトルは少しヘビーだが、内容は豊かで大いに学べる。おまけに(まさかの)ロマンチック!

889d1290 45bf 4066 b0cf aac8b717b22e1ebdc091 2383 4183 9196 321cafd5c69908634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c9b30f1f8 6c81 4f5b 96d6 d36910a7204fIcon user placeholderIcon user placeholder41a54612 759b 4c92 a0bb bf5417142ce5 11
外国語学習の科学―第二言語習得論とは何か

外国語学習の科学―第二言語習得論とは何か 白井恭弘

この本における重要な点は2つある。 1つ目は、基本的な文法・単語をインプットすること 2つ目は、定期的にアウトプットっすることである。 当たり前のことで、さまざまな本においても見受けられるが、この本の特徴は、それが科学的に証明されていることを、教えているところ。 自分の日々の勉強を見直していきたい。

Ef51d276 3015 4737 8abf 61f1f41be7e9Ac1d5f94 b6a9 40e6 b076 dbc4248fdcf31a7aa297 acc0 43ef bf12 af61953575cdC38a491e 6396 4375 a09e ec086dbcdb4603384187 60ce 41bd 8693 20bc4d018c510943e469 2ef8 46fc 855e 85511fcf57e3176e8e24 e9cc 40de 8147 9f437c32d0d4 15
雲と鉛筆

雲と鉛筆 吉田篤弘

0139 2019/09/04読了 3編のやさしい物語。架空の町に暮らすぼくの日常。 「人生」気になるなあ。バリカンも好き。ジュットクは胡散臭いけどエピソードが切ない。 この世界観に浸るの好きかも。他のお話も読んでみたい。

C70c8950 1f52 41ea 83f8 44049d97ec04Ca7fad3e 108a 4373 bb96 767e6a9ad9173758a284 56fe 47a8 aa04 9a7f698964baF9a871c3 83cb 4026 a719 82192473f6ba589c465e fab1 4512 8b45 316883084f6108a27b67 a736 4d2a 9a8a a0644f0b51c0Ee494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09 12
次のページ