ビジネス

51aelihalxl

題名題名だけ見た時は、欲を抑える方法が書いてあるのかと思ったが、実際は欲をどう上手く付き合って行くかという内容だった。欲はあっても良い、でも考えて方によっては心の成長にもなる。読んで良かった一冊だ。

2397f9d4 7acd 4c0d 8f48 8b2754a7c244A7c28a86 8f38 4505 a5b1 0290d15f3b574f9854af 64e4 46f3 81a2 02c702f3bd29866f24ab a98d 4cbc 9881 c512fc7ca5b4F753ec1a 26bb 4036 a6ff 8b0a370c0cf24048bf88 ec1b 4d8b 87ce 07661f5260a2C2febbcc 4b82 467d 906a b7ec91b4e495 8
51ourghs5pl

常人と比べて、斜め上の思考をしている。 全て実践してるところがすごい。

Bd8139b9 4767 4df5 912c a342c94a27bdE101218d 49a2 40ac 8c3e ea9f80c66afd21492b56 1012 4612 84cc df48a2024f9e0428b805 0227 4490 be82 27528fd3d1b3D046a39d f072 4a16 894f ed148d4d0a61A24acc06 e130 4e16 b7d4 af8d4cd8d6a8
51qekj1aval

マネジメントではない新しい管理職の姿。最後の牽引も気が効いてて、振り返りがしやすくて◯。

85b0508e bc7d 47ed a968 8716313bbc4b98d9c063 652e 4206 9e86 46d5ae0e2f69Adea4db5 513f 4172 812b 2e36c5f0b8e8
41fe8zpc32l

めちゃくちゃわかりやすい。コミュニケーション戦略ってこういうことだったんだと腑に落ちる本。色々なマーケティングの本を読む前にこの本を読むとより理解が深まるのではと思っている。

6afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc37339A9dfae95 289e 4552 8d69 27fdda1b293e3142030f dce0 4e87 b6ee aece7ee91ac41056f4d8 10de 4e47 9a79 7ddddf00143a92657f91 27f8 414c af22 c37a7811e65e9cc093d0 75cb 4fba 8616 f641e3c7fb424819cdbb 3b6a 4837 9319 282b601a632d 10
51hrjfe6r8l

医療、建築現場、パイロット、僅かな過ち、見過ごしが致命的な惨事に繋がりかねない職場で、ミスの芽を摘み、組織で戦うための力を高めるためにはどうすれば良いのか。 チェックリストはマニュアルでも、教科書でもない。トゥドゥリストとも違う。重大な局面で正しい選択をするための、里程標である。 本書で示されているチェックリストの考え方は、どんな現場にも応用可能であり、とても興味深く読むことが出来た。

B2380b4a 127d 4f09 abad 8522096599b7Ab169c06 9cb2 418f 82fd 6451a12f8cbf7ee767b8 6a2f 4a3a 99e7 a80bec1bb18eE4d8f046 7597 4680 afbc 9a933d5c43f4
51ue0h49fol

unlimited おもしろかった。 がんばり礼賛の社会で、心と身体の「楽」を維持するのはなかなか大変。がんばりすぎて壊れるくらいなら堂々と逃げよう。

Dcb43454 c073 4d3e 92df f6dcb6905d0507b27cb7 6c1f 4301 a6be e20e6e4d3122E94f8ff0 5578 4082 9a48 36ad15b20e9fF2e044a9 dbfb 4bbc 96d9 aa62ce5e300f3abb8de2 97e5 49ec bc9d c3373516b30f
41sjwcdc5kl

タイトルの如し!かつ、センスだけではない、自己成長への第一歩。

705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c56afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc373394b47712e 2374 4d51 b0f7 838913514ccd1056f4d8 10de 4e47 9a79 7ddddf00143aBa3d8a7a 56b7 4c69 9fd9 02500be827c73142030f dce0 4e87 b6ee aece7ee91ac4Bfda67a6 4454 497d b31a 7f50f070eb74 58
41xr5w4hfjl

ブランク資料の話が個人的には役に立ちそう。というか、来週から早速やる。 マッキンゼー人事という肩書から、ローパフォーマー(というか選抜から漏れてやる気を失った中高年)の活用には興味がないのかと思いきや、トップパフォーマーの育成と同じくらい力説してたのが印象的。

Ec2335c1 7333 45bf bfa3 b42766e068c97c9c0eff 5a0d 4f39 a6d5 eb097b0c1351A6f35b9e ff78 4349 af5b 80496a9e88aaE96f249f 3f90 43f3 afd5 f5e689a613642397f9d4 7acd 4c0d 8f48 8b2754a7c2441056f4d8 10de 4e47 9a79 7ddddf00143aC3250572 a273 4a87 a82a 3226adb32d30 26
51bk%2bvxlvul

胸があつくなる。必読。

440537a0 de1d 4a72 a2a4 4e6e2d5c4737E96f249f 3f90 43f3 afd5 f5e689a61364D9806298 18c8 4c32 854b c66d14090aa1E72f28d4 a6b5 4141 939b e96b2ce9e59e98bae72e a574 4d2a b035 328820cca0a8
410aeofjdsl

P71 服装というものは、その土地に最適な形に進化して根づいているので、イスラムの衣装もそういった経過を経ていまのスタイルがあるのでしょう。 しかしその一方で、肌の露出を極度に控えるイスラムの服装を、 「非文明的」 とする西洋の価値観に基づいた見方があります。が、中東にはこんな言葉があります。 「肌を出すのが文明だと言うのなら、原始人のほうがよほど文明的だ」

51w3zk5ptzl

指導だと自ずと上下になるけど、上司部下で双方向になるから9タイプをより理解できたように思う。社会に出るこれからの人や、すでに出ている人へのパラダイムシフトのところが一番グッときた。面白い社会にしていきたい。

1056f4d8 10de 4e47 9a79 7ddddf00143aA6f35b9e ff78 4349 af5b 80496a9e88aa6afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc37339Bfda67a6 4454 497d b31a 7f50f070eb74E723521f 782d 4ece a6c0 60958ca3c069
517znymhtsl

この手の本に対しては、内容が硬く読みにくい。最後まで読んで この本にタイトルに対する答えは 何なの?って感じ。 時間に余裕があれば、読んでください。

F0654e9c 05de 4249 b11e 3f7e97e05223896fb74f 1d6f 4c44 abbf c3eec3542171
51exxbfzxml

タイトルが良いね。好奇心について、伝えてる。子供教育にも良いけど、それだけじゃない。親世代に読書習慣無ければ辿り着かない本かも知れないので(笑)好奇心ある読者には、もちろんおすすめ。

306c3e3b 8709 41b3 a6df 00e97f21390856eed120 4264 4b9d b3ee 8a4fa43a4606Bf623859 aba7 43e3 8d77 6aa769ce9603Cfea4106 a257 4f3a b4cc 78cfb59984c4C3250572 a273 4a87 a82a 3226adb32d3015fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21c15c05a4e 8805 40d5 a9b4 2481c644f2fa 10
51o6qczht3l

広告とは行動心理学に基づいて作られていて、その中でビジュアルデザインは視覚技術を駆使することで心理誘導している。この本は、心理誘導の戦略・技術を参考例とともに紹介されていて、とてもわかりやすい。ただ日本の場合はタレント広告が主流なので、まるまる参考にはしにくいなと感じた。

F0654e9c 05de 4249 b11e 3f7e97e05223Dcb43454 c073 4d3e 92df f6dcb6905d0507b27cb7 6c1f 4301 a6be e20e6e4d3122Badb3fae 0a92 4973 879d d8cdddb569eaF4306fb9 e679 4f88 ab8c 222f577cc6b037e7017b 20fb 44be 9513 8df73259c1edE0847e01 2d22 4357 9d04 e6c28170c4c8 11
41otctbduol

読了。リーダーシップ白熱教室で勇気をいただいたハイフェッツ教授の著作を読みたいと思っていたら「監訳竹中平蔵」の大きな躊躇。まえがきを飛ばして読めば無問題です。権威を手にすることとリーダーシップを発揮することは違う。そしてリーダーシップをとる人に風当たりは強いが、人生にいかなる意味を与えるかに重要で必要なスキルなのだ。リーダーシップのリスクとその回避方法のあとに、それでもなぜリードしなくてはならないのかについて展開しています。

51rndrkexxl

富田さんの"鬼速PDCA" が応用版なら、こちらは基礎版という感じかな。舞台がソフトバンクで親近感を感じやすく、また実例も自分の身に置き換えやすいので、PDCAがとても分かりやすい。

48dfe77b b1a5 45f9 912a ebf3b398676e3a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f431056f4d8 10de 4e47 9a79 7ddddf00143a866f24ab a98d 4cbc 9881 c512fc7ca5b4440537a0 de1d 4a72 a2a4 4e6e2d5c4737E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7fIcon user placeholder 8
51swdjwbinl

羽生善治とNHKスペシャル取材班が、人工知能の様々な事例をまとめたもの。2016年5月に放送された番組も話題でしたが、この本では取材からさらに掘り下げ、汎用人工知能の可能性、その限界など、羽生さんによる考察が中心。タイトル通り、先端の事例からAI技術そのものの核心に向かう内容です。

Ac547423 9cab 40b9 ae31 b05c9c0f480eEc2335c1 7333 45bf bfa3 b42766e068c9D9806298 18c8 4c32 854b c66d14090aa1C3ffbb7b 5b09 4fad b0fc 4b73e9a95bb732156c9a 1a4f 4b89 a3e7 79d6e414e89571e6b2db 7e99 449e b476 de55f5908e951a1c36e4 deeb 48ba bdb7 f9b670c2d04d 19
51okouwxe7l

交渉アプローチは実用的でシンプル。 手軽に試すことができるものが多い。

6afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc37339Ec2335c1 7333 45bf bfa3 b42766e068c97c9c0eff 5a0d 4f39 a6d5 eb097b0c13516840a890 6b9f 4f3d 95e7 dfbccff074611056f4d8 10de 4e47 9a79 7ddddf00143aE96f249f 3f90 43f3 afd5 f5e689a61364B158527f b88e 4b5b ace8 3e06e317626a 18
51p6ldghztl

第1章の基本の心がまえに、日頃から実践しようと思えることが沢山書かれていた。特に"常に自責で考える"は、自分の非を認めて素直になるためにも大切なこと。

次のページ