ビジネス

桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか

桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか 鳩山玲人

20181209 この本を一言で言うと、 「デキる人は見えない所で桁外れに準備している」 ということ。 何をしているか? ①資料や本を全て読む ②会う人や会社を事前に徹底的に調べる ③不安を消すため「準備」と「トレーニング」を圧倒的にする なぜ? ①全体像を掴むこと、専門家とも対等に話すため ②情報が多いと不安が少なくなる 自分は仕事がデキる人は、天性のものかと決めつけていましたが、人が見ていない所で桁外れに準備をしているのだとわかりました。 逆に言うと、自分も圧倒的に見えない所で準備(資料や本を読む)すれば良いんだと思い、行動に移しています。

Cebf7d4d 081a 4ddb 9116 149b2716bfc62702abd2 7390 448c 97f0 e3349a72d5414f77893f a60d 452c b73a 6913489f0fc5
「学力」の経済学

「学力」の経済学 中室牧子

未だに教育、学力については「経験」だけで語られている。 正にそのとおりだ! なんの根拠も裏付けデータもない。それが日本の教育。 この本を読んで、変な経験談や根拠もないことに振り回されないようにしようと思った。 本当に面白い本で影響を受けた。 2016

23b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d593Icon user placeholderD069fd5e 2342 4e94 b499 6b5a66e6b30aIcon user placeholderIcon user placeholderA1303786 5caa 48f9 8dbb ccb0c69fabb99e5180a4 069c 49d9 a9d0 b81bd71d0ffa 86
このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法 北野唯我

転職活動中でよみました。 なるほどなな一冊。 ・どんな人物を求めて、どんなかつやを期待してるか ・今一番社内で活躍し、評価されているしとはどんなひと?なぜ活躍してるか? ・自分と同じように中途で入った人物で、今活躍している人はのんな部署「経て、どんな業務を担当しているか? ・競合は?そこものびてる? ・現場メンバーは優秀? ・同業者からの評判は悪くない? 転職エージェントに面接後聞くこと ・どこがよかったか、どこが評価されなかったか(懸念点、心配されていること) ・案件ベースでの視点でアドバイス キャリアにどう価値があるか ・企業に回答期限の延長、年収交渉してくれる ・他にいい求人はないか?に粘り強く付き合う ・社長、役員との強いパイプがあり、面接を自由にセットできる ・beingが多い どんな人でどんな状態でありたいか →マーケットバリューを高める 仕事で小さな嘘を最小化する。自分を好きになる 緊張と緩和のバランス ・半年で強い緊張を感じたときは? 悪い緊張10以上なら職場を変える いい緊張3つ以上ならより難しい業務ややったことのないことに挑戦 beingの人がすきなここを見つけるに ・他人から上手だも言われる「自分ではピンとこないもの」 ・普段の仕事の中で「まったくストレスを感じないこと」 ラベルをつけ、それが強固になる仕事を選ぶ

421a557a d689 46ba b38b 2f77395c5ff256ce6ff4 d79e 4985 afcb 9a57d9042487A13f4d02 beee 43eb 8af8 9dd07ef31aa7Icon user placeholderAf663ff4 7637 486d 92ce ba17b8715718Ffacc502 bdae 4e96 9c8f 275df983ccb39edb0d17 e28f 4a2c a2c6 de6a205dc8c9 19
問題解決大全――ビジネスや人生のハードルを乗り越える37のツール

問題解決大全――ビジネスや人生のハードルを乗り越える37のツール 読書猿

問題解決のための思考法として、過去から現在までに各分野で提案されてきたものをまとめた本。 すごいと思ったのは、出典が歴史・心理学・経済学・工学・自然科学…と本当に多岐に渡るところ。人類の知の蓄積を感じる。 問題解決法というと、如何にロジカルに問題を因数分解して根本原因を突き止めるかが語られることが多いが、現実には因果関係が分からない問題や原因と結果が循環しているような複雑な問題がたくさん存在する。 問題を因数分解する手法はもちろんのこと、単純な因数分解では解決できない複雑な問題についても、過去の研究から人類の知恵を拝借できる。 現に今困っている人がアイデアを得るのにも使えるだろうけれど、教養として眺めるにもとても面白い本だと思う。

C2d6999d 627d 40ac b68a 80aae8485e75Cbe668ff bf8e 4314 915b 5a089a854466Ab3c115f d76e 4529 a719 6b05724d3d8dIcon user placeholderC3c5948a 46dc 4471 abfc 816b7a7cfc132faf8e98 f0e0 4697 ba80 9eccbc8365b1Icon user placeholder 12
手ごわい問題は、対話で解決する

手ごわい問題は、対話で解決する アダム・カヘン

印象に残った箇所。1960年代のスローガン「あなたがソリューションの一部でないなら、あなたは問題の一部だ」という言葉は変化の観点が含まれていないとして、ボストン大学のビル・トルバートが「あなたが問題の一部でないなら、あなたはソリューションの一部になれない」といった言葉。社会構成主義の実践の書。

6279c3dc c4e6 441c 886d a8c1c7d5204a4e97f94f 510c 4baa b634 967bd82963b6
ゆっくり、いそげ ~カフェからはじめる人を手段化しない経済~

ゆっくり、いそげ ~カフェからはじめる人を手段化しない経済~ 影山知明

これは、クルミドコーヒーという小さなカフェを巡る物語。 《時間は味方になり得る》 ー体験が積み重なり、それらが記憶となり、やがて愛着とまでなって、ふくらんでいく。時間とともに育っていく。 老舗のお店、アンティーク、それらは時間を経たからこそ味わい深くなります。 時間を経たとき、少しずつ育った結果はどうなっているのだろう?と妄想すると、ドキドキします。 たとえば、一冊ずつ積み重ねた本たちは、私にどのような影響を与えるのでしょう? 霧に包まれて、杳として解けない謎です。 《なぜ価値観を広げたいの?》 ー他人事ではない、「私」の範囲が広がる。私の周り、それもまた自分の一部だという具合に。 問いへのしっくりくる言葉が、見つかりました。まさしく、見えていない世界は無視しがちだけれど、そこにこそキラッと輝くものが眠っていそうな予感がします。

Cda577f6 55a7 45af 8c90 2ba5a74e1a278fe9c0bf 1fa7 40bd 831f f37f992766deIcon user placeholder6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c94f9f90e8 ffb2 4acb a00c 3fb81bb7bc5cCbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d2921840023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c 42
採用基準

採用基準 伊賀泰代

日本人がよく使う「リーダーシップ」という言葉。それはグローバルな視点から言う「リーダーシップ」とは異なる。リーダーは、管理職のように組織に数人いればいいのではない。組織の全ての人がリーダーなのだという意識をもって取り組んでいくことが求められる。 リーダーシップの理論がすごく分かりやすい。実践したい!せねば!とやる気が沸き起こる。

Icon user placeholderE1fbbdac b3c9 4e6a 9f42 ff2bbcb68876Icon user placeholderCb9755f4 5d35 4752 a38c 2a2627674f72Akiaivjyeuyp25rambwaIcon user placeholder2217ec47 cf62 46d7 9a1b 8be5c7340c0c 46
不格好経営―チームDeNAの挑戦

不格好経営―チームDeNAの挑戦 南場智子

女性で起業したり取締役に就任するというのはまだまだハードルの高いことのように感じます。 同性として、それを成し遂げた南場氏がどのようなキャリアを歩んで来られたのか気になり手に取りました。

D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3cIcon user placeholderIcon user placeholderD418947f 7a7a 4e55 8279 91805e9cda40421a557a d689 46ba b38b 2f77395c5ff2B994c2c5 804f 4be6 a08a f4e30ceffcd32217ec47 cf62 46d7 9a1b 8be5c7340c0c 32
隷属なき道 AIとの競争に勝つベーシックインカムと一日三時間労働

隷属なき道 AIとの競争に勝つベーシックインカムと一日三時間労働 ルトガー・ブレグマン

難しそうな本借りちゃったな…と思っていたら意外なほど面白く読めました! オランダ語のタイトルが「ただでお金を配りましょう」で、英訳された時のタイトルが「現実主義者のユートピア」 「隷属なき道」って更にかっこいいわー、と思ってたらハイエクの「隷属への道」の本歌取りだったらしい(ハイエク知らんけど…そんな私にも分かりやすく書いてあって素敵です。) 全世界で国境を開放するのは、バベルの塔を連想してしまい不安にかられるけれど、この本のアイデアは素晴らしいと思いました。 「国ごとの格差に目を向ける人は少ない」確かに…。 何度も読みたい。

C2d6999d 627d 40ac b68a 80aae8485e75Icon user placeholderIcon user placeholderEd9a905c 01a3 4081 8aea 80999174d7fcIcon user placeholder363c0c18 9999 40b6 b4ba 29f8bf500bf9Icon user placeholder 14
行動経済学

行動経済学 ミシェル・バデリー

昔ファスト&スローを読んで行動経済学の面白さを感じた。久しぶりに勉強してみようと思い手に取った。 思いの外時間かかったが、非常に面白く読んだ。特に前半が読みやすくて楽しかった。

9bd1b2c1 e7a2 4379 ad5a 7a12d0da13edC1737d6c 78a8 4535 967a 3fd927417b765d73eff4 0256 4f77 9928 429d911b6f53Bdb18f12 6143 480a a5b4 4951559a420d
革命のファンファーレ 現代のお金と広告

革命のファンファーレ 現代のお金と広告 西野亮廣

全体通してもそうですが、とにかく最後の10Pくらいの熱量がハンパねぇっ!! タイトルとか見出しがインスタ映え狙ってるのとか読んで納得。そうか、西野は計算が上手いのか。

E5925ba0 70a7 43b3 9e84 b497c7645149F957de8d 92e9 438e a680 efc2a186ffacIcon user placeholder415f1b25 5e84 4c1f b2b8 15e35255c2469911cd5c 6c45 49c6 a27c e6f9dd8db200D36a4142 aad4 40be a396 fc7700143a9aF2f82b62 9e2f 49d0 a6c6 d5e70d3009b7 79
情熱を注いで、働く ~私はアップル、IBM、オラクルで「本気で生き抜く」ことを学んだ~

情熱を注いで、働く ~私はアップル、IBM、オラクルで「本気で生き抜く」ことを学んだ~ 山元賢治

20181128 とにかく自分の仕事に対する意識の甘さを痛感させられる。 情熱を持って仕事に取り組む。そういう本気さを持って仕事をしてみたくなる一冊です。 【気づき】 ・なりたい自分は何なのか? 与えられたモノで満足していないか。 ・誰かのせいにするのではなく、常に人をワクワクさせるものを生み出しているか ・日本語に甘えるのではなく、英語で考える(主語を明確に、結論を冒頭に、曖昧さをなくす) 【ToDo】 ・常になりたい自分を考え、全ては成長のためと受け入れ、自分で考える ・いつも明るくいるのを訓練し、どうやったらワクワクできるか、与えられるかを実践していく ・時間と重力以外はすべて変えられる。日々の不満を少しでも改善し行動し、変化させていく

66a93fcb fedf 403a bb2d 31a5b5d5e9a9F3143f54 537d 40eb afda 6015c83d8d86
次のページ