ビジネス

世界の美しい庭園図鑑

世界の美しい庭園図鑑 大野暁彦

実際に見てみないと様式の違いや壮大さはなかなか分からないなということがわかった。 1人ひとりの考え方が影響し会って、国の文化が築き上げられて行く。その国の庭園を知ることがその国の人を理解しようとする一つのきっかけにもなり得るのだなと思った。

Think CIVILITY 「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である

Think CIVILITY 「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である クリスティーン・ポラス/夏目 大

自分の立ち位置というものを、すごく省みた気がしました。 会社の中で感じる礼節、それに部下に対してすべきだと感じた礼節、…学ぶ事だらけでした。 読んでいる最中、後輩のやる気がない姿勢が気になっていて、でもこの本を読んで、「確かに、彼女は上司から無礼な態度を受けていたな…」と思ったりして、ほんとリアルタイムで役立つ本でした。 もしも礼節を忘れた時には、再度読み返したいと思います。

5aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5be3caf36fc ea46 4dec bedb 793072a4cc4f55cc190f 5c7c 4703 935e 669ce2bb4c707e5337b4 78b5 4945 a23a be7922a7b451
崖っぷち銚子電鉄なんでもありの生存戦略

崖っぷち銚子電鉄なんでもありの生存戦略 竹本勝紀/寺井広樹

2011年以降の銚子電鉄を綴ったビジネス書……というよりもエンタメガイドブックに近い本。ピンチの度に濡れ煎餅で救われる銚子電鉄。だが最近は、運輸業や食品事業だけではなく、電車でイルミネーションにお化け屋敷、演劇を開催。駅名を企業に売って洒落た駅名に変えたり、経営がまずいからとスナック菓子を売りはじめた。社長自身でも電車の運転資格を得て自ら運転しているが、自虐とエンターテインメントに力を入れているように見える。が、これも繋がりと笑いがなければ、走ることさえままならないのだ。

本を読む人だけが手にするもの

本を読む人だけが手にするもの 藤原和博

★★★★☆これから求められるのは情報処理力から情報編集力、そのためにも読書が役に立つ、そういうことかな。私もとりあえずいろんなジャンルの本を読んでみることにしよう。付録のオススメ本も参考になった。

3c84fe8f 21cc 46cd a6b2 50270ffe8337F84272b6 211e 4fd7 bef0 c4d549ca42482c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f06054ac5 2891 47bc bbe3 a80f7775ef3bF888b04b d074 442c a9ef d49c5a8788b979b32152 9b2c 4271 b823 a4c6523c273a34c7e09a bc29 4b8a 8fee fb56c581c15b 43
嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え 岸見一郎

人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである 71 もしも自慢する人がいるとすれば、それは劣等感を感じているからにすぎない。87 もし、罵倒されたなら、その人の隠し持つ「目的」を考える。その目的は「権力争い」である。 つまり、勝つことによって、自らの力を証明したいということ。 102 権力争いだと察知したらリアクションを返さない。 105 相手が侮辱的な言葉をぶつけてきたとしても、「怒りという道具に頼る必要がない」 怒りっぽい人は怒り以外の有用なコミュニケーションツールがあることを知らないだけ 我々には言葉があります。言葉によってコミュニケーションを取ることができます。 言葉の力を、論理の言葉を信じるのです 106 106 誰の課題なのか?を考える。 どこまでか自分の課題で、どこからが他者の課題なのか、冷静に線引きする。 他者の課題には介入せず、自分の課題には誰一人として介入させない。 150 自由とは、他者から嫌われることである。 162 幸せになる勇気には嫌われる勇気が含まれる 165 人は「私は共同体にとって有益なのだ」と思えた時こそ、自らの価値を実感できる。 つまり、自らの主観によって「私は他者に貢献できている」と思えること。 206 幸福とは、貢献感である。 253

B88c7126 e57a 43c4 ac31 295853958ea347c0b6c1 0757 474c ae64 33c6e14dded3Icon user placeholder52cf9eda ffcd 4a67 b5ca 30db065a161d56d9d35d caa3 4ef0 965c 55c0c5a5e80c82d753f6 5ade 49df a35b c5a87ab0c7d675427b58 3ff0 4cf6 bf64 ff9bbfba28e9 731
一生、同じ会社で働きますか?

一生、同じ会社で働きますか? 山崎元

読書メモ 『時間』・『お金』・『自由』は転職で交換できる 転職をする際には『テーマを持て』 【はたらくを楽しむための5ヶ条】 第1条 価値観(感)に反する仕事をしない 第2条 自分のお金にはこだわるが、他人のお金は気にしない 『他人の報酬の額を気にしないことだ。世の中はそんなにフェアにできているわけではないし、『フェア』ということに関して、自分が完全な判断を下せるわけでもない。』 第3条 大きな声で誰にでも同じことを言え 第4条 会社を取引先、同僚をお客様と思う 第5条 『学ぶ楽しみ』『教える喜び』を感じる

041946ed 4d51 4c3b a9bd 1ada4a0a69afD5061594 40e8 4e46 859c 9c57e2e0b35eC8d9b2a6 91cf 450d b9af fb4fd3ca8fb8Be90100b 5690 4385 a6cd b5ce4757d9a1Ad0b0ef9 7756 4a11 a5ad f5eede4c9571
グロービスMBAで教えている 交渉術の基本―――7つのストーリーで学ぶ世界標準のスキル

グロービスMBAで教えている 交渉術の基本―――7つのストーリーで学ぶ世界標準のスキル グロービス

騙されやすい、流されやすいので防衛のために購入。分かりやすかった。 騙したり出し抜かずに建設的な交渉をするために交渉の考え方(BATNAやZOPA)を知るのは良い事だと思う。普段の生活をしてても交渉のような状況は皆あると思うので読んでみることを薦めたい。

イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」

イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」 安宅和人

多くの人は解の質が仕事のバリューを決めると考え、課題の質についてはあまり関心を持たない。この問いかけから始まる本書、面白かった。 偉い人が何気なく放った「○○ってどうなの?」という一言。思考停止し、これは何に答えを出すためのものなのか?とイシューに一切目を向けず、アクションするが後から混乱が生じ、目的意識がブレ、多くの無駄が発生するケースが本当に良く見かける。 課題の質に向き合う際、最後に何が欲しいのか?どんな分析結果が欲しいのか?欲しい結果から考え、イシュー度の高い問題に絞り思考する重要性を説く本書、違う視点、気づきを与えてくれます。 何に答えを出すプロジェクトなのか? 繰り返しになるが、日々自問したい一文。

A3b121bd 6a81 4ff1 b277 28707d9fdb0668c3b795 1660 4724 8b75 bed5989914bbIcon user placeholder1a655804 6740 45ee b53d 98a67e1878d4C38a491e 6396 4375 a09e ec086dbcdb46Dc1fbd20 af0d 4bf2 a240 bfce758a3fceD7000eb0 1104 43f5 9d34 3797b7caa805 87
ハードワーク 勝つためのマインド・セッティング

ハードワーク 勝つためのマインド・セッティング エディー・ジョーンズ

ワールドカップの只中に再読。これはもうビジネス書。人生にも効く!とは言い得て妙か。働き方改革にあって、ハードワークとは違和感かもしれないが、物事に懸命に取り組むことは、言わずもがなである。100%の努力と、今よりよくなろうという意識。再読しても、良さは変わらず。

D418947f 7a7a 4e55 8279 91805e9cda40Ef387553 c4de 44e5 866e e4ef1ad7153c1a7aa297 acc0 43ef bf12 af61953575cdB4fe19ef 0d2f 4abd 88a8 472a8a4865d8Icon user placeholder5cef2405 2710 4cb7 89d6 a4e067fea66dFa348f38 7dda 4a0f 9980 724b5470dc0c 8
あなたは絶対!運がいい

あなたは絶対!運がいい 浅見帆帆子

ポジティブな事で頭を埋める→プラスのパワー→レベルアップ レベルを高めよう 同じトラブルが起きるときはレベルが上がってない 固執しない→最初は強く思い描く必要があるが、引き寄せをやっていると願いが叶うのは当然の事となるので、固執しない 逆に言えば執着しなくなったら自然とかなってしまう 執着: 人を蹴落としてまでやる、欲、我 何が何でも叶えたい目標→努力するもの、精進するものは、執着ではない レベルが上がれば叶う!

A3b121bd 6a81 4ff1 b277 28707d9fdb068cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda6417f511b9 fa01 46a2 b3cd f360639699d8Cfea4106 a257 4f3a b4cc 78cfb59984c4679a9c0f edd0 4f05 8066 d61dca55a74eF179be5f e1d3 48aa ba80 3c9c277a7ff3
チーズはどこへ消えた?

チーズはどこへ消えた? スペンサー・ジョンソン

すごく読みやすかった!読み終えてから、生活しながらふと、頭に蘇り考えてしまいます。自分とは違う、他の人からの視点や感覚に気づかされる。時々、読み直していこうと思いました。

63426559 d7b3 4d43 a41a b1e20060bb58Icon user placeholder98ed0caf 470a 44f3 a953 0dbabe6d5d7dIcon user placeholderAb54d8fb 65f2 4053 bba9 8cc23db7f30eC3aaf1ec b243 4cc1 ae6a fb37eb0a098aA9027523 1118 483c 9df2 b96860d6dcfe 130
次のページ