社会

言ってはいけない 残酷すぎる真実

言ってはいけない 残酷すぎる真実 橘玲

『子育てや教育は子どもの成長に関係しない』 3人の子を育てる親として衝撃的な内容だった。 人間は都合の悪い情報を取り入れようとしない。 社会にとって都合の悪い内容が書かれている。 書かれている内容のすべてを信じるわけではないが 納得できる内容も多い。 とは言っても、親として子どもにできる限りのことはしてあげたい。

E7194f9e f6a9 455c 821a a6aa4438b022Cda577f6 55a7 45af 8c90 2ba5a74e1a2735934bab d113 451f ae9a 9af0f7411cafIcon user placeholderIcon user placeholder576f6f0e 8e0b 4781 9184 41c0622ec7c51f7b34d9 4fd3 472b afbb 2e9e411dc2fa 46
労働法入門

労働法入門 水町勇一郎

この新書は2011年の初版だから、働き方改革など世の中は移り変わっていて、現在ではそぐわないことも多々ある。 しかし。働くことは、労働者はどんな法律で守られているのか、雇用者はどんな法律の上で雇うのか、そしてそれがどんな風に社会を支えているのか、一度は読みたい本だ。

選択の科学

選択の科学 シーナ・アイエンガー

「選択」をテーマに研究している研究者がいたことを、浅学ながら初めて知った。 「選択」とは不確実で複雑で、この本においても綺麗に体系化できたり解析的に説明されるようなものではないけれども、 それでもこうした「選択」の様々な側面を研究し観察することができ、それを知ることができるのはとても興味深いことだと思った。 選択肢がないことは人を苦しめるが、選択肢が多すぎることもまた人を苦しめる。 だからこそ、人間の認知能力の限界や認知のバイアスを認識して必ずしも正しい選択ができるとは限らないと知っておくこと、直感による選択も理性による選択も正しいとは限らないこと、選択の余地の少ない部分から決めていったり選択肢を分類・秩序化することで選択に伴う負荷を減らす工夫をすること、選択の一端を他人(専門家、若しくは運や偶然)に委ねることもまた一つの選択であること、選択に伴う不安や後悔を免れない状況も起こりうることなどを心に留めておく必要がある。 しかしながら、そんな「選択」であっても、それは私たちが人生を生きるエネルギーの源ともなる。 選択をするには、自分に与えられた環境は変えられないと思うのではなく、自分の人生は自分で決められるという自己認識が必要であり、また、小さなことでも自ら選択を行うことによってそのような自己認識も形成されていく。 「自分で自分に与えられた環境を変えられる」という認識は、人が力強く人生を生きるために必要なものである。だからこそ、「選択」が私たちにとって扱いづらく複雑なツールであったとしても、やはり人は選択に向き合い、選択をしていく必要があるのである。

670c22a2 0a21 4db2 b4b8 d73c34ddb858C621b69e e0ae 4d54 8711 e222efe90d5452e7e177 750c 4c6f ac2d c37208355664116ba7b3 6dd7 4d80 a256 d36d29a292a6Icon user placeholder92657f91 27f8 414c af22 c37a7811e65e2217ec47 cf62 46d7 9a1b 8be5c7340c0c 27
戦争と平和

戦争と平和 百田尚樹

憲法改正は必要か 不要な人の意見も聞いてみたいが必要だろうと思う 自国を守る力は必要 著書の通り日本を守るのは空海軍だから徴兵も難しいが自国を守る力は必要だと思った

05d68b26 8a89 409e 8c75 4ae3b2b25a4f47cb5799 a38a 4856 87b2 82b461119acdFf3bda69 7b4f 4718 b4d0 19ab36a29788Bf0c5949 b450 4f44 8dd8 6236a7a65f26F6fbb620 882f 4d6b 9665 bc962b11d41aF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113D0673300 0bad 4bbb 996a 8ebeb30b179f 8
絶歌

絶歌 元少年A

わざわざ難しい言葉を選び 例えがとても多く表現されている作品だと感じた (『まるで〜のようだ』など。) " 私は賢いのだ "、と率直に書いているわけではないが そう言いたいのかな、と思わされる 内容としては 言い訳、正当化しているだけのような気がしてならない。 犯罪を犯す人の考え、理由などを知る資料としては 使える? 複雑な気持ちになる作品

7138ece9 8bd7 46d4 ab89 86befad31438A0e5f374 b725 40b0 a2d0 f6d2a45687d3Icon user placeholder2251c20b 627d 4049 9fb3 fa8ea0209ea47fce8781 13dc 4e0c a5af d59a0310ec51Icon user placeholderF323259c f50a 4e7a b901 7ff05ad808cd 26
断片的なものの社会学

断片的なものの社会学 岸政彦

広い地球で、この瞬間にこの場所でこの私によって拾われたこの石。そのかげかえなさと無意味さに、いつまでも震えるほど感動してた。私たちが毎日かわしている何気ない会話は、エリックドルフィーが音楽について述べたのと同じように、空気の中に消えていって二度と戻ってはこない。誰にも隠されていないが、誰の目にも触れない。四角い紙の本は、それがそのまま、外の世界に向かって開いている四角い窓だ。よそもの。みんな楽しそうなフリをしているが、ほんとうは苦手なはずだと思う。でもせっかく沖縄に来ているのだから楽しまないとという、真面目な気持ちでやっているのだろう。私たちは、遠い人たちに冷酷で、近い人たちに弱い。人間の性は、ある人やものの痛さや思いを想像してやれること。

6db3f0a2 636e 4594 91af d342928bb00912df172d 2fc8 4ebc a05f 8c32465ae3bc5ed9d885 1800 4df1 bd38 72be7f43f53bEf71581d c2e3 4baf 998b 784e421d7a7b3a1be093 1d7d 4e6b 8010 9b9691e1d3b1B81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f4B1378519 e367 472b b517 e0c41c3ebe86 177
子どものまちのつくり方 明石市の挑戦

子どものまちのつくり方 明石市の挑戦 泉房穂

タイトルが気になり読んでみたら、一時期話題になったパワハラ市長の本でした。思いの強い上司と事なかれ主義の部下が一緒に働くとパワハラになってしまう。どちらにとっても不幸なことです。それはさておき、この本で紹介している明石市の取り組みは素晴らしい。

日本を殺すのは、誰よ!

日本を殺すのは、誰よ! 新井紀子

「A I vs.教科書が読めない子どもたち」が面白かったので、その後に出された本を読みました。 新しい時代に合わせた企業のあり方、作者お二人が関わった地方再生の話など、実例があげられていて興味深いものでした。

LIFE SHIFT

LIFE SHIFT リンダ・グラットン

何の準備も計画もなく人生の後半を迎えると、これからの時代は長寿がリスクになることを、改めて思い知らされる本であった。時代は変化していることを意識して、金銭的なことだけでなく、家族や友人との関係、健康、生きがいなども考え続けたい。

C8104445 23b8 4952 9a19 c472cbf7a0d9A166fee8 7e62 401e b225 d533dc2cd7d2Cc9b5c08 5451 460c 858c 3dbc7afedce3Icon user placeholder9ce1a8f5 590f 4ae5 8f3b c22ac168edfbC03084ac 9bb9 4e12 a9a6 c3912aaf5e51C1940fee 8b71 4cc3 97f5 6f692f25320c 189
ヒトは「いじめ」をやめられない

ヒトは「いじめ」をやめられない 中野信子

 結束力・団結力が強固な集団ほどいじめ発生リスクを孕んでいるということが、とてもわかりやすく書かれている。とくに脳の発展途上にある子供は、理性や道徳のみでは歯止めが効かず、深刻化しやすい。続く後半は具体的な対策例が挙げられている。  どうやら人は、いじめ(バッシング)によってドーパミンを放出し、快感を得ているらしい。  子供に対してはどう教え諭すか、大人の自分自身はどういう心がけが必要か、ただ「いけないこと」として言い聞かせるのでは、これまでと同じ。誰も(サイコパスは除いて)が加害者になり得る可能性があるならば、時々自分を客観的に、偏りのない視点で振り返る必要があると感じた。

C4dcbd2a d953 41e9 8014 dd3fce0f512aF0314fe3 4444 4313 9212 c760560da604Dcf61970 73a0 43c7 9e6e dc5f81da5c6bIcon user placeholderIcon user placeholderB07d5f9b 9d10 4fca 86b0 7d27ef416947A2e279aa 1ad5 49b1 9267 debe374ab393 17