アート

直島誕生――過疎化する島で目撃した「現代アートの挑戦」全記録

直島誕生――過疎化する島で目撃した「現代アートの挑戦」全記録 秋元雄史

直島が現在のように芸術の島へと劇的に生まれ変わった経緯が素人にも分かり易く書かれており、その中で現代アートとは何か、直島でしか存在し得ないアートとは何か、ということが直島アートサイト化プロジェクト初期から携わって来た著者によって熱く語られている。 また行きてーなー直島

E13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e1Fc3d5934 9c3d 44e1 9415 ffe44b1ad953
MINIATURE LIFE2 ミニチュアライフ2

MINIATURE LIFE2 ミニチュアライフ2 MINIATURE CALENDAR

画鋲や野菜やお菓子やスイッチ 身の周りにある普通の素材を使用しているだけなのに ちゃんとアートになってて 作品のテーマとマッチしてるのが素晴らしい 自分がスキャンした本と表紙が違って出てきたのが残念 バーコードが一緒なのかな

週刊誌記者 近松門左衛門 最新現代語訳で読む「曽根崎心中」「女殺油地獄」

週刊誌記者 近松門左衛門 最新現代語訳で読む「曽根崎心中」「女殺油地獄」 小野幸惠

曽根崎心中と女殺油地獄、二作品のあらましと近松の生い立ちについて書かれたコンパクトな本。女殺油地獄の方は初めて内容を知ったんですが、全編通して酷いことが起きる寸前の場面が続きキリキリしました。昔見た芝居、九平次が叔父とグルだったのオリジナル設定なのか。

思考としてのランドスケープ 地上学への誘い ―歩くこと、見つけること、育てること

思考としてのランドスケープ 地上学への誘い ―歩くこと、見つけること、育てること 石川初

ランドスケープの方々と仕事をして楽しいのは、僕らが土地を見る視点よりもはるかに広範囲で捉える姿勢で、江戸時代からの文脈だったり、遠くからの起伏の流れだったり、30年後の風景だったり。この本にもそんな視点が密度高く詰まっていて、とても楽しく読みました。

971acd02 98d2 46cf a93e 2e11117ac857B157b007 4c8d 403f ab76 05595a1fbba1Icon user placeholderF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113Picture
京の大工棟梁と七人の職人衆

京の大工棟梁と七人の職人衆 笠井一子

毎日、少しでも進歩するように何か考えとるんですよ。新しい材料を使って、今度はこんなことできんやろかとか、それを考える時が一番の愉しみですわ、、。中村外二さん90歳頃のインタビュー。今度、中村外二工務店へ行くので予習のために。

デザインのデザイン Special Edition

デザインのデザイン Special Edition 原研哉

0071 2018/10/06読了 分厚い…。 教科書で読んだのはどれだったんだろう。 内容はどれも面白かった。 愛・地球博の章は気になるなあ。 実現してほしかった。 基礎デの授業はやっぱり楽しそうだ。

菊池伶司 版と言葉

菊池伶司 版と言葉 堀江敏幸

わずか一年数ヶ月の活動期間で約60点の作品を遺し、1968年に22歳で早逝した銅版画家の作品集。堀江敏幸らの解説のほか、生々しい日記が併録されています。大学の仲間や日展の出品者らへの激烈な批判。手紙文の形式での思索。詩集や哲学書からの抜き書き。解説文にも触れられている通りいかにも青年の日記。正直読んでて気恥ずかしさを伴います。でも、我々は過去を振り返って身悶えできるけれど、この銅版画家にはそんな時間は与えられなかった。若い頃の行動や思索を直視せよ、今あなたはどう生きている?と問われているように感じました。

Besides, History:現代建築にとっての歴史

Besides, History:現代建築にとっての歴史 長谷川豪

僕はすべてのプロジェクトにおいて、柱やピロティ、バルコニーなどの建築要素に焦点を当てていますが、それは建築が人々や周辺環境と対話するためです。(長谷川豪)後半の対話が一番興味深かったです。

PUBLIC PRODUCE 「公共的空間」をつくる7つの事例

PUBLIC PRODUCE 「公共的空間」をつくる7つの事例 西田司

禁止事項看板ばかりで人気ない公園から、クレームは多いけど賑わいある場所へと変化が起こり、芝生の上で空を見ながら過ごす他愛ない時間がたゆまない努力によって成り立ち、やがて魅力あるイベントが増え、そうやって社会基盤へ平時から触れ合うことが災害多発の日本にとって不可欠でもあること。空間や環境づくりが、理想的なまちづくりへと繋がる希望案件ばかりで、楽しい本。

家族で学ぶ 地震防災はじめの一歩

家族で学ぶ 地震防災はじめの一歩 大木聖子

お仕事で大木先生の講演を聞くことがあり、お話がとっても分かりやすくてタメになって…次の日には購入。教育現場でも家庭でも、この本に書いてある考え方・知識は十分に使えますね、はい。

世界の断崖 おどろきの絶景建築

世界の断崖 おどろきの絶景建築 パイ・インターナショナル

目の眩むような絶壁の上にどうしてこれらの建造物は築かれたのか。このような場所でどうやって暮らしていたのか。そして彼らはどうなったのか。 「どうして?」を喚起する、イマジネーション豊かな奥行きの深さを感じる写真集。 要塞、城、教会、修道院、世界の各地から集められた驚きの断崖建築がとにかく圧巻。 時代区分、洋の東西を問わず集められた断崖建築群は、長い歳月の洗礼を受けて生き残ってきているものだけに、独特の雰囲気、風格が漂っている(最近のもあるけど)。その場の空気感すら肌に伝わってくるかのような迫真性は、読み手の好奇心を刺激してやまない。

Eed2419f 2b1b 46e7 a20a 7a322cb7e9dcC25cab2f 646c 4243 b9a1 4bfbf7298a002ea7a4a0 dbd2 433b bce6 1040eddf0e4140deeedb c1a3 44e2 8f16 b81c4d19201f23ad9c9c 23c2 4e3d 94ca c721b2efea40C3c5948a 46dc 4471 abfc 816b7a7cfc134b2bddf0 72e4 4553 ab10 e110cc20f5fc 34
フェルメール

フェルメール 植本一子

写真家がフェルメール全点制覇の旅をするとどうなるか? そういう本です。亡くなってしまったラッパーECDの妻でもある植本一子さんによる、一冊。実に楽しいし、目鱗な感じがする。

東京店構え マテウシュ・ウルバノヴィチ作品集

東京店構え マテウシュ・ウルバノヴィチ作品集 マテウシュ・ウルバノヴィチ

新海誠監督のアニメ映画『君の名は。』で美術(背景)を担当されていた作家による、ちょっと古い東京の店を描いた作者曰く絵本。建物はデジタルの処理が必要あれど、水彩画で丁寧に描かれている。最終章ではアトリエのページがあり、作業場や描き方や道具も紹介されているのが興味深い。文は日本語と英語で併記されているし、カバーの裏には店構えに出た物件の地図も付く。どの建物も大きな建物ではなくこじんまりとしてるものの、レトロ感溢れている店たちだ。

A06aef63 48af 444d a3ee 68052ecb59aaA9b1d7d9 5701 45cf 84e1 8d75a036696d08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c0fc96b36 a53e 4b0c 9d40 6a31149025fdIcon user placeholder79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7Cb3ec08f 0299 4ce8 9286 91e21624b74b 12
次のページ