新刊

宮廷神官物語 四

宮廷神官物語 四 榎田ユウリ

天青の素直さが眩しいくらい。無鉄砲で向こう見ずで短慮なときもたくさんあるけど、鶏冠に叱られてちゃんと反省する。真っ黒な宮中の中にあって真っ直ぐでいられるのは天性のものなんだろうなぁ。自分が大変なことになるのはわかっていたのに。あの選択は偉かった。 曹鉄のご両親の秘密はついに明かされなかったけれど、天青が村に戻ったらもう少しわかるのかな。 鶏冠!もう本当に…最後の方はもう…なんて言えばいいんだろう。鶏冠に迎えに行って欲しい!

FACTFULNESS10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

FACTFULNESS10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣 ハンス・ロスリング

『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』は著者が提唱している造語で、データや事実に基づいて正しく世界を読み解いていこうという考え方のことを指しています。 イントロダクションで登場するチンパンジークイズ、みんなはどれくらい正解しているのか知りたい。ちなみにわたしは2問正解、11問不正解で、正答率は15%とチンパンジーの半分以下でした。しょんぼり。 400ページ近い大ボリュームだけど、平易な文章で、図表も多いのでわかりやすい。 既に相当話題になっているけど、まだまだ売れそう。今年のベストセラー本になりそうですね。

5bb3a6f9 47cd 40f6 8010 31b4c86b53bcIcon user placeholderIcon user placeholder92657f91 27f8 414c af22 c37a7811e65e02cdd573 cd36 4656 82f0 16bbf90f3d45Icon user placeholderIcon user placeholder 120
珠玉

珠玉 彩瀬まる

「本物」という言葉が頻繁に出てきて、歩やジョージを悩ませ縛り付ける。 リサと繋がる真珠がストーリーテラーなのが奇抜だったが、これにもちゃんと仕掛けがあってーー。 後半、歩がジョージに思いを伝える台詞が好きだ、こんな言葉がひとを救うのだろう。

0c563132 de53 41d1 9cfc c3d51d78b254E2b8cdc3 67d8 477a 9028 de9fac56ab67C754595a 5f38 474f 9b4f a8132cb5904f328ed07f fd1e 4a0b b315 5abba972a31a
ニムロッド

ニムロッド 上田岳弘

技術が進み勿論仮想通貨もその技術の一端なのだけれど、仮想通貨は私にとって不可思議な魔法の様に見える。 サクリサクリと綴られる日々に、自分は皺が寄っているんだなと自覚する世界観だった。 どちらかというと自分は田久保さん側なんだろう。

Ac1d5f94 b6a9 40e6 b076 dbc4248fdcf378567457 39fb 407c a866 23a016ddc212C9516cad 24e3 4d46 8a08 4540cfa892fa26e6a9ac 97ca 4a1b 972d 8dd5b57e9014F1ea2c73 e179 442b b27d bcfe29183e5178c5345e d02a 4ad4 899e 40f89c28aaed417ad0f2 8ab6 4d0c 85e6 021846ebd3c6 38
ミレニアル世代のお金のリアル

ミレニアル世代のお金のリアル 横川楓

まさに、知っている人と知らない人で大きく差がつく大事なお金の話。 ミレニアル世代のリアルな心境を少しでも感じれればな。と、手に取った一冊。 とっても読みやすく、もっと若い時にこの本と出会ってたら、もう少しお金が貯まってたかも。 著者が何回も訴える"後悔"の警告。 「行動しなかった後悔は、行動した後悔より深く残る」 若い時からの準備は大切で、若い内なら多少の失敗も取り返せる。 なんて、冷静に振り返れるようになった分、成長した証かな。

0c563132 de53 41d1 9cfc c3d51d78b254Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184
天才はあきらめた

天才はあきらめた 山里亮太

山ちゃんの、「負」を努力のエネルギーに変換できる能力には敬服する。 努力は人を裏切らない。ホントにその通り。でもその努力を持続するのはすごく難しい。それができる山ちゃんはやっぱり天才だ! ねじり鉢巻に半纏を着て、机にかじりついて必死にペンを走らせてる。壁には半紙に毛筆の汚い字で「必勝!」とかいた張り紙が貼ってある、という漫画みたいな受験生の姿が浮かんできた。そして若林正恭氏の「解説」を読んで、それは当たらずとも遠からず、だったことに笑ってしまった。 山ちゃんとは関係なく、新人のお笑い芸人さんが大学生ノリみたいな芸でテレビに出てるのを見て、なんでこんなんでテレビに出られるの?って思うことも時々あるけど、ここまで来るのも大変なことなんだ、と本を読んで改めて知った。 若林正恭氏の「解説」も読み応えがあります。

Da825555 b32d 41bf 8dfb c9cc0e6f743c6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9Af02b44f af66 4b84 8a80 3c06327c854dE39709fb 0887 4ab0 851f 1124c2bb007bF11ae2d9 53da 4ea1 b9f9 9e32ab412d4eF42c9bc6 3205 4a7f a4d0 18cd6f5ef935A2ee4c30 58db 4a53 ae2b d4c1cd103a43 87
七姫物語 東和国秘抄 ~四季姫語り、言紡ぎの空~

七姫物語 東和国秘抄 ~四季姫語り、言紡ぎの空~ 高野和

元は電撃文庫さんで6巻まで出ていたのですって(あとがきで知りました)。 いろんなことが秘密すぎるのに、全然モヤモヤしない。この世界の仕組みも、側にいる人たちにも、この主人公自身にも謎があって謎だらけ。少しずつ解き明かされていく感じが好きだなー。 ヒカゲはいつかもう少し喋るだろうか…衣装役さんの名前は明かされるのだろうか。

緑と楯 ハイスクール・デイズ

緑と楯 ハイスクール・デイズ 雪舟えま

校内トップの秀才である緑は、夫婦喧嘩の絶えない荒んだ家で安らげない日々を送っていた。 そんな彼が、「自分とは縁のない奴」と思い一方的に嫌っていたのが、男女問わず惹き込む魅力がある皆のアイドル的存在、楯。 ひょんな事から楯に惹かれていく緑が、自分の変化に戸惑い悩みながらも楯と親しくなっていく、そんな恋愛小説。 ジャンルとしてはBLになるのだろうけど、好きな人のちょっとした表情に喜び、不安になり、どうすれば好きになってもらえるかと煩悶する様子は普通の恋愛小説と変わらなかった。人が恋で悪戦苦闘する様を見てにやけたい、ラブコメ好きにはうってつけかと思われる。 時代設定は何気に2050年代の未来なので、SF的要素も所々あったり、物語の味付けに一役買っている。緑と楯は作者の他の作品に何度も登場している二人なので、今作が気に入った人は既刊本もおすすめです。

第160回芥川賞受賞 1R1分34秒

第160回芥川賞受賞 1R1分34秒 町屋良平

試合に敗れてからの脳内描写が写真のドットを一つ一つ説明するみたいで、それも緻密じゃなくてただ細かい。主人公の脳味噌がこちらにも浸透してくる。 短い本だがガッツリボクサーの私生活に踏み込んだ時間だった。

6c47d7ee 32d6 4b97 b792 6d513f25dcc3085ff378 1f8e 4d55 a3b0 4b20de187126E43f002e 1241 4977 aa1b cdbc58e2c6adIcon user placeholder
La Vie en Rose ラヴィアンローズ

La Vie en Rose ラヴィアンローズ 村山由佳

外の世界の男によって夫の呪縛から逃れ、もはや新しい男も必要としなくなる。そんなストーリー。 村山由佳の官能的な文章は好きで、ダブルファンタジーや花酔ひ、アダルトエデュケーションなども読んだ。 ただこの本はなんていうか… 世間にはこんな絵に描いたようなモラハラ夫も実際いるんだろうけど、私世代の感覚からしたらあまり現実味がない。 ここまでされて我慢しないでしょ普通。って感覚。 もう少し上の世代なら共感できる物語なのかもしれない。

勉強

勉強 秋山夕日

ユーモアもありとても読みやすい。著者の人柄がとても出ている本のように思う。 何か目新しい情報は特になかったかなと思うけど、やっぱり教員は人柄なんだと思った。 教え方もあるとは思うが、その先生の人格によって勉強する気持ちになるのだと感じさせてもらった。

次のページ