新刊

41nefdfn 8l

恩田陸さんの怖い絵本です。 これ、子供に読んでいいのかな? トラウマになるよー

51rcywwh ul

移動サーカスを営む風変わりな夫婦と、薬品やら何やらでデザインされいわゆるフリークスとして生まれ、サーカスで見世物となって暮らす子どもたちの、いわばロードノベル。教祖のように託宣を下すアザラシ少年に美しいシャム双生児、アザラシ少年にかしづく小人と、こころ優しい超能力者。そしてガラス瓶のなかの液体に浮いている、生まれなかった異形の兄弟たち。その異形の家族を取り巻く変人奇人たち。タイトルの通り、確かにフツウとは違うけれど、ここに描かれる家族や仲間の愛って、普遍的なものじゃないだろうか。愛しさに憎しみに怒りが渦巻いて一気呵成に破滅に向かって突き進むのは圧巻。むしろ後日譚の歪んだ愛情こそが異形の愛なのかも。 カルト的人気があるそうな。それで再版というか新訂版らしい。合わない人には徹底的に合わないだろうしかなり人を選ぶ本ではある。けど、テリー・ギリアムにハーラン・エリスンの惹句って、そりゃ読むしかないって思っちまうさ。

9911cd5c 6c45 49c6 a27c e6f9dd8db200554b96f1 9ed1 474b 9112 2c20afdbee07705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c55a455112 21e8 45b5 b48b 6f853b4c2745E4f9a33d 0ee5 4e1d 9973 331e43dd85d27f2fef6c 38d4 4bdf bd91 9842eaa0e6f0A7c28a86 8f38 4505 a5b1 0290d15f3b57 11
41dp2gu 3fl

はっきり言ってつまらない

F71cb9fe b984 4ac8 bf68 b81dface371e9dd436c4 5eb2 4b25 8d98 37bdea7e1e4cE640ef27 2ca5 4174 bc91 ca42c20e9091412123e2 c4e2 4846 927b 6b68548f58f4
51%2bo55i8snl

台湾ラバーに贈る、台湾旅行の教科書

61atfc5pi l

続編出るかな。 と言うより出してほしい。 またもや「雪月花黙示録」系かと思って少し引いたけれど、続きが読みたいと思わせるところが恩田さんの凄いところだと思う。

377c1a98 acef 4d85 b001 5bfcd20b44268b153b9d 912f 460b 87ff cf2ab8fc2ad0
61o3yv2bfwl

積んでた本、読了。 久しぶりに恩田さんを満喫できた本。 雪月花黙示録から少し恩田本から離れていたけれど。 厚さにワクワクしながら読み始めてあっという間に読み終えた。 いいなぁ。こういう小説が読めるって幸せ。

9fbf8326 de7f 407a b22d 581f72fff3195cd558ef 0244 4de3 a51a 6bca5de4fd16D6630da9 772e 49b5 b568 1d687963fbe023c2297f 584c 41e3 9e4d 2a9be22112ff23c1a4e4 b77d 4a1d 914b a51edf94a3e98f8c2d45 5f81 4ed6 95f6 083035159d5400865ec7 f630 4ecb b6f8 fe7a40cfc876 213
51fepbtlwbl

最近疲れやすくなったと思うので買ってみました! 結構、難しそうたけど少しでもできるようになるといいなぁ٩(ˊᗜˋ*)و

51e7peatstl

読むとワクワク、作ってみたくなります。写真も美味しそうだし。天才や英雄、女王、芸術家、みんな美味しいものを食べてがんばってたんだな〜と思えます。今日自分が食べるものも大事にしよう。(後世レシピ集が出たらどんな感じになるかな?と思うと。)

E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f592e0715 8db0 40b2 87b6 7dca3059119a440d2672 686c 4e69 9add ce54bfdbb858
51ypva0adll

何だこの最高の展開集は!!! 女の子がみんなかわいい。世の中の女の子はみんなこんなにかわいいのか!?やばい、1ミリも真似できる気がしない〜。涙 好きな人がほしくなりますねぇ。恋がしたくなりますねぇ。 そして最後の現実的なコメントがいいスパイス。笑

00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f920Cdeb69a0 8550 445f bcea 85badbbe97783880908b 3c3f 4c07 ab15 4efd38d6c5a8E94f8ff0 5578 4082 9a48 36ad15b20e9f7f77d33f 35da 4899 aafa 92ab5949891f71f179d9 4336 4ee3 957c 89270efa4522Fcdc96f5 aee1 42f7 8cc1 6abb3b927485 11
617wqrb yrl

図書館で遭遇。テツにも色々カテゴリがあるのね

51ixb517ybl

著者の考えを書けせるために。読書を窓口にオファー出させたのかな?と邪な見方(笑)それでも面白かった。語り起こしだとしても、正直に表現してくれてると思うと、共感は湧く。

51t5bt7fgml

笑いのツボをくすぐられる。ゆっくり、長く楽しみたいのに一気読み。

35405249 a27f 4fe7 bc68 96ec2fd5e94228eb099c bfe7 4806 ad78 3da471e8211698d9c063 652e 4206 9e86 46d5ae0e2f69C38a491e 6396 4375 a09e ec086dbcdb466a8839a3 9f4b 4a07 aa30 fd89e3930059Bb13ac41 2d1e 49e0 a1d1 88fd96068d7c6ba86173 ebc2 4534 9e6e 45d909910ffc 28
61mynlknhbl

兵庫県の赤穂市で私設の絵本図書館を開かれている方が書かれた本。この本の魅力的な部分は世界各地の絵本が紹介されている点だと思います。3千冊以上ある図書館の蔵書の中で2冊しかないミャンマーとラオスの絵本。「タンザニアの昔ばなしではなく、今日のタンザニアの現状を訴えている」と著者の久保さんが評するタンザニアの犬を裁判にかける絵本。ふるさとの風景を絵に残して後世に伝えようとしている方が描いたパプアニューギニアの昔話の絵本なと、パラパラめくって見るだけで世界には色々な物語があるのだなと。世界の絵本を知ることができる本です。

74912335 138b 480d ab00 0baf0be8aab46cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c
51wthg3jaul

「冷たい校舎の…」や「こどもたちは…」で辻村さんにハマった事を思い出した。 面白い。一気読み必至という帯の言葉通り。 子供、大人関係なく読んでみてほしい。 本から得るものって沢山あるから。 読んで良かったときっと思える、そういう小説。 今、二巡目。

76bc0f85 8cb3 4e46 a3f5 c23b5baeb96d014253d4 6080 4951 9119 24735184a696F7d21f15 b0e3 42c2 8b26 58bc2b0dda828ca958c9 fed3 451b 9157 3a16f2c3f3858216f89d 21be 4b98 a33b 67405a557e57Ed96a8ea fdb4 460d 84c0 328e7091e1f86210b55b a559 4fe6 9419 55dfdd817aa4 45
51otqo3sepl

先にこっちを読んでしまったので近いうちに『夜の底は柔らかな幻』を買いに行かなくては。 面白いです。

440d2672 686c 4e69 9add ce54bfdbb8581525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad40287a917 741f 4692 b89b 011f58ca1e47
61al1irqt7l

積んでた本、読了。 とてもパワーのある小説。引っ張られるけど悪くない。西さん、パワーアップしていてワクワクした。

F1a7bbb7 57aa 410b 8a60 2005c483434849f62fb6 1004 49be a998 fce7afd0ba441bb5671b 96b7 4375 9a8d a6ee1cf193877cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5458c1e90 0f5f 47a6 9e44 bbce7cd6600bA79a3eb1 108c 41f6 9191 3ec772c8110b32c4bbea 941d 46bd 9ef2 3b222ee6b93f 22
51oxkld6aol

今を大切に生きる。テレビショッピングで感じるあの熱さは、瞬間瞬間に込めるパッションの一連の流れだったんだなぁ。

412123e2 c4e2 4846 927b 6b68548f58f41c25e23d 7c77 4391 84e2 4fa5ce770f5c43974a7a af02 4b08 9dc4 5536af07ca5d8a02a554 d74b 45ea 8e30 2b762f6d4220
51jk 727vml

表題の『ジュリエット』3部作は、ほんの短い短編3つに、若き日に遭遇した出来事と芽生えた恋心、年老いた両親との向き合い方、理解できない道に進んでしまった娘との距離、多くの女性が体験するであろう人生の節目を見事に描き出している。人生経験を積んできたものなら、重ね合わせる一瞬もあるでしょう。ジュリエットの気持ちを、すべて書いてしまわないからこそ追体験できる絶妙の距離感。『トリック』は初恋と純粋な約束、酷い砕かれ方とどんでん返しの顛末にゾクゾクする面白さ。誰にでも訪れる転換の瞬間に立ち会える8編。

2e09f365 42dc 471b b4a6 ad9c7a0568fcBbe7ac86 1927 4179 96ce a5abeeefd1675dea9ea7 3b46 460b b509 8ca9f558f7d238aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21Fbad6930 13ee 4484 b2de 3e4dd1e15de58ecfe5ed 0dd0 4a41 9087 a48685c31e1797106cd7 d03c 4b82 ab9a 1b0a4d0b43e9 11
51thgikh4ql

読み終わりたくないなぁ〜と思いながら読み終わってしまった。過去作をきちんと観ていないのにシンゴジラを語れない、と気後れする神林に、シンゴジラの話で盛り上がりたいだけなのだけど、と言うド嬢。読書も映画も自由な楽しみ方をすればいいんだ、とハッとする。早く続きでないかな。2017.8

440d2672 686c 4e69 9add ce54bfdbb858649f3f90 d3a0 4eba 8441 c5be6ac265e866a669f9 e2ca 42fe b60d be81d959d2fcDa0b5002 3a8d 4aa3 a621 f238dd8128d82ce18cc4 8eb4 4cc7 a21b 71a6b2db5e1bC8ab4ca0 717e 41de af3d e95859008373Afbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec1535 8
次のページ