新刊

ゾーンの入り方

ゾーンの入り方 室伏広治

人間の可能性を広げていくために チャレンジを続けていったお話 姿勢とか、呼吸とかの練習もついていて その一端を感じることができます(^-^)

オンエアできない! 女ADまふねこ(23)、テレビ番組つくってます

オンエアできない! 女ADまふねこ(23)、テレビ番組つくってます 真船佳奈

本物のテレビ東京のADが描いているということで若干話題になったコミック。 全然素人が描いたとは思えない感じに話はまとまっていて面白い。 (絵はそこまで上手いとは言いづらいが…) ただ、テレビ局ということもあって、どれだけ自虐されても、でもお前給料高いし安定してるじゃん…という穿った見方をしてしまうのは私だけだろうか。 昨今の本当に厳しい状況にある人が書いたとびきりの自虐エッセイが多く出版される中においては、そういう意味でちょっとインパクトに欠けるコミックという印象。 勿論、描かれている大変さや、中々公開しづらい内部事情を公開するように会社を説得したりと、大変な中でよくこのクオリティのコミックを出版できたな。 この点において、尊敬以外の何物でもない。

D0397335 1ef4 4b9b 829b cf9510e0785b014253d4 6080 4951 9119 24735184a696
若月佑美1st写真集 『パレット』

若月佑美1st写真集 『パレット』 若月佑美

素晴らしい出来の写真集。 ほかのメンバーと比べると、スタイルが格段に良いという訳ではないながら、スレンダーな肢体が美しい。 インタビューでも言っていたが、水着でなく、ランジェリーだったり攻めた姿勢も評価できる。 ただ、何よりスペインの暖かそうな日差し、そこで楽しそうにしている姿が見ていて癒される。 結構普段は男っぽい格好が多い中で三つ編みツインテールによる可愛いカットなんかも結構高評価。 他のメンバーと比べるとそこまでの売上かもしれないが、本当に見ていて癒される写真集。

AX アックス

AX アックス 伊坂幸太郎

久々の伊坂幸太郎。 伊坂幸太郎作品は結構読んできましたが、これ、結構好きな部類かも。読後感も良いですね。

11310b4e 3dbc 4131 9297 8cf1a8e7eccfB8d2ac5b f6d7 409b 8856 c378db65df2d011a8988 bf8f 466d 9bdc 0a2b24fd5b09A26e4845 1e26 4848 be07 0d7579fc67eb27975ca8 a059 4dff 8868 6373d3a65c41Icon user placeholderIcon user placeholder 50
仕事が速くなる! PDCA手帳術

仕事が速くなる! PDCA手帳術 谷口和信

面倒くさがり屋の私は、色々手帳術やメモ術本を読みましたが、なかなか身に付かないし、続かない。 でも最近、少し手帳の書き方を変えて、なんとなく効率的に動けてるかなって時にこの本に出会いました。 内容は、とても具体的です。 ただ、著者も書いていますが、目新しいことは特に書かれてません。どこかで読んだ内容が多いです。 でも、続けやすいツボが書いてあって、「出来るかも⁉」って思えます。今のやり方にも追加しやすそうです。 一からこれに取りかかるのには、大変だけど、色々試行錯誤している手帳利用者にはお薦めです。

魔法をかける編集

魔法をかける編集 藤本智士

図書館でラストまで。「世界を編集する」ことに今興味があるのだが、「あったらいいなが目の前にある」は現在のバイヤー稼業で必須のポイント。慣性でなく感性で仕事は進められるようになりたいものです。

Aeb0149f 2241 4034 8ca1 ca68432bd9a889e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e58f25349 c1a7 48f5 9a17 624b445abf4a014253d4 6080 4951 9119 24735184a696Ecc9c7f3 65a4 449d 977a 76162a9b47943a01e815 96e8 4da4 8644 775919edcf519e2d8372 58f7 4a53 8c2a 8d674cbfb6dd 15
あるかしら書店

あるかしら書店 ヨシタケ・シンスケ

読み出して三秒でハマりました! 今年一番の楽しい本でした。 笑いながら、じんわりしながら本が好きでよかったとしみじみ思える時間が過ごせました。みんなに読んで欲しいです。

11310b4e 3dbc 4131 9297 8cf1a8e7eccf0f28473c 3252 477d 8948 35ddae9277ae63878605 ea1a 414b 9d98 7bd148b03d9bF6fbb620 882f 4d6b 9665 bc962b11d41aB0d71fe1 59fb 4540 9b5f 9b77bc8cc06eC28dd2d6 cc1f 46ca a395 b08507e51659D08ad0ea d3ef 4ea8 9178 97180d90a4b2 35
今夜、きみは火星にもどる

今夜、きみは火星にもどる 小嶋陽太郎

公園に男が頭だけ出して埋まっている話を書く人の作品なので、火星人の話はすんなり受け入れられた。佐伯さんは火星人なんだよな…。火星人である佐伯さんの結末はとても悲しいというか寂しいものがあった。主人公と佐伯さんもかわいいけど、周りの人達もかわいい。

その日の後刻に

その日の後刻に グレイス・ペイリー

アメリカの文学シーンではカリスマ的な人気を持つという彼女、以前雑誌MONKEYの短編特集で読んだ時にはあまりピンと来なかったのだけど…村上春樹訳ということと表紙が好きなホッパーの絵だったので手にとってみた。短編とエッセイ、それにインタビューで構成されている。この人の短編は表現が荒削りな感じで会話が中心、何か事件があるわけではなく何事かが示唆されるような感じのもの。一人称でストーリーを語るのではなく相手に物語を聞かせる形のものが散見されるところが特徴かな…改めて読んでもやはり自分にはしっくり来なかった。インタビューでストーリーテラーとストーリーヒアラーということを語っていたがそれが一番興味深かった。

左ききのエレン 1

左ききのエレン 1 かっぴー

天才になれなかったすべての人へーー。 憧れていた現実はこうも遠く、険しい。 夢を抱くことは簡単だが、 それを実現させることが どれほど限られたものかを 痛感させられる作品。

「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル

「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル Marie

読了。バレットジャーナルの話題はすでにネットでいくつか上がっているが書籍で読むとやはり頭に入りやすい。シンプルでありながらもタスクひとつを書き出すことでココロが軽くなっているさまがコラムなどにもにじみ出ていて「そこが知りたかったのよ」と感じる人も多いのでは。タスク移動もうちょいきちんとやろう(分割含めて)。アイデア「だけ」コレクション作るならやはり少し厚めの文具王ノートポケに切り替えてみようかな。

Ba03d63e d459 4a1d 98cd 81ee0117b1070ac24281 cc1a 4452 8789 2e7442abdc60Icon user placeholder297b95cd 6ba5 4d94 8e04 303af446885a889d1290 45bf 4066 b0cf aac8b717b22e902529ec fd5b 4d87 a8d6 84ae7a22f7e3
四月になれば彼女は

四月になれば彼女は 川村元気

普段感じてる言葉にしようともできない空気感がここでは表現されていた。本の中で繰り広げられる会話がいちいち素敵で、私もこんな会話をしたいと思った。

Icon user placeholder991211f6 14b3 41ad 8114 945c733adea89159a033 580e 4360 9d96 19087f305ec3Icon user placeholderIcon user placeholderFa8448b4 f8b2 42e4 96c9 25345ba78bb7Icon user placeholder 95
横浜駅SF

横浜駅SF 柞刈湯葉

世界大戦的なものが終わった後の日本で、横浜駅が本州全土に増殖したという設定のSF作品です。 地元なので、高校・大学の頃は毎日のように横浜駅を利用していましたが、確かにその頃から工事はいつもやっていた気がします。今ではたまにしか行きませんが、東西の連絡通路が増えていたり、東横線が地下になったり、駅ビルがなくなっていたり、京急線のホームが増えていたり、何となく作者の着想が理解できる気がします。 特に横浜駅を知らなくても、読むのには全く問題ありません。あとがきの前にある注釈を先に読むと、物語を理解しやすくなります。

90639f58 c34f 4157 a0fb e73a80ed2943D6ebc0a1 33b2 41a6 9794 a0e1f98cd770Icon user placeholder08f10434 8670 4c74 8bc4 88920ba2d74fAad5dec2 bc04 4e06 87db 1b2a6aa7dfcdC9bfa862 ee91 4a8b 89c7 3446bbeb21175793a552 0e68 4f55 8a2d fe98850bb321 46
次のページ