新刊

61rntspwbdl

切なく悲しい。

61n1wmhurel

鳥類学者も大変なんだね。鳥って身近な生き物だから、そんなに意識もしてなかったけれど、ちゃんと生態系があって、バランスが崩れれば絶滅したりもする。ちょっと前にスヌーピー島なんて呼ばれたりもしながら拡大を続けた西之島も出てきます。鳥類学者は体力勝負のガテンでもあり、細かい作業が必須なデスクワークの粘り強さが命でもあり、両方できないと務まらないようで、なかなか地味なのに心底大変な学問のようです。この本でさらに、鳥類学者という人たちの存在が広く知られることになると、素敵ですね。

10770c70 16d0 4737 b9e4 bd917d3bfb0bBe3180c0 ec93 4318 8d27 23d810406ad72efa5cfd 016d 4914 a7a7 01c7de48a38c9d0a2bfb cee4 4a56 8ee0 8d30ae78cfa2
51apfqfa1rl

もやもやっとした気持ちを全部日本語にしてくれていて、「そうそう!こういうこと!」って思う。やるせない気持ち、わかっているのにできないこと、やらなきゃと思っているのにうだうだする、そういう、生きていく中で出てくる煙とかモヤとか、曖昧なとこを突いてくれる。 泣いたっていう人が多いみたいだけれど わたしは泣けなかったなあ。けど、泣けないからダメってことじゃない。泣ける本が良い本というわけでもないから。

03fd4326 7c50 4f97 bbe0 96f71f83b99d296f51d2 38ec 45c6 9984 36838f56146103e234e4 e0fa 4c94 a222 0416377d2200043bc724 fd87 46f5 a832 abb293d61027Afdf2081 397e 4dbf 9df5 94a1677ae001Bd689578 c4af 4e83 8076 163261ce6655E98fdcc8 ac12 4b7d abe1 35018c47970c 27
51veug6scil

野田家のおとん、ほんとにいい仕事してくれたなぁ、と涙流した。

41htrbwmkol

独身の私には刺さる。

014253d4 6080 4951 9119 24735184a696C0d296fb db35 4414 8da6 f17dd2c33a89Ebb09403 2d11 48e9 8205 e3d48af895c0Efb2fa19 33b3 4f9d ba24 6582749e7ee5
51ammaufx5l

この作者の作品は、本当に面白い。読み返したい!

014253d4 6080 4951 9119 24735184a69671f179d9 4336 4ee3 957c 89270efa452288630391 ba3e 445e 9161 af839158ef3c
41e6pdnurrl

初出を見ると、2013-15年に書かれた「クウネル」の連載(大半はこれ)より、その他の2016年以降に書かれたいくつかの短編は、似ているようで、明らかに違う。これが単に媒体によるものなのか、作者の中で2016年に大きな転換があったのか、知りたい。

E913465c 24fe 47f0 b46a de17f579871cAc175e93 27ca 4cda 822b e41d829b5f1eBf247541 821c 4c81 837f 4fbd24863c8a5e201216 ab1c 43e1 820f 4fff86d85363C3369fa1 ad1f 45d3 809f 260e13a5fbdbD6ce7943 0414 41cc 87b1 8f965f2ef37bB3157a93 1175 48d5 bca5 1b302fd8ea48 16
418i fc7iyl

京都マルイにふたば書房があった頃、町蔵さんのISBN無しの黄色い本を買って、それが面白くて。こんな物語も書く人なんて。読み返す系の本だ。

02f8b76b 097b 476c bc38 3227d12043b871f179d9 4336 4ee3 957c 89270efa45220e0d7ffd 3700 4a69 8d38 1d77b54400a05e4964f7 2747 42fa b8c8 4bd948e9437bE0847e01 2d22 4357 9d04 e6c28170c4c878c5345e d02a 4ad4 899e 40f89c28aaedC23297ff 4e40 44bc 90f8 aa7d870dfd7b 27
51rdce3fg4l

ダメだった!なんでダメなのか言えないあたりが凄い。表現は面白い。最後の展開が、スピード感を失わぬよう丁寧に描写はされてはいふけど、えーって感じ。なんだろなあ

61iplbo6d9l

 僕は奇跡的にこの本と出会うことが出来た。  出会えて良かった。本当に良かった。  思考も想像も全てが外部入力に影響されて初めて発生するものだと信じて疑わずに生きてきた僕は、社会に出てからは何も想像しない人間は無価値、無意味だと教えられて生きてきた。  でも、そうでもないみたいだぞ?とこの本に言われたような気がして、心が救われた。  やっぱ、そうなんだよ!僕は心の向くままに生きるべきなんだよ! 

61rvektmjwl

植物特集は買ってしまう ディスプレイの勉強にもなるのです

51gwrlpcdzl

そして第3部が閉幕。まさか、ここで異文化との接触の話になるとは思わなかった。 面白い。リドの言葉が胸に刺さる。 ガネーシャが漢気上げて、ヘルメスが漢気下げた。

51jjvwviuul

モモの過去が見える内容で、更に八田ちゃんとの絆とか愛が深まってほんと良かったと思った。それにしても八田ちゃんのスペックやべぇな。最高過ぎてな。モモの着せ替えは本気で可愛過ぎたわ。

51lt71bfs2l

一生円グラフを使わないと心に決めてみようじゃないか!

A7c28a86 8f38 4505 a5b1 0290d15f3b57E014b6cb 83fe 4e54 93cc 355c9b858fe0C0d296fb db35 4414 8da6 f17dd2c33a892c5259ca 5182 4f4b 8168 4723d854fb305d5b3b7f dd37 4d9c 9590 5fbf0905ecaaC650edbe f538 4d2e b1a2 5a08d1af82f42d956e87 97c4 480f 817b 05bc9b4e1499 19
517uqayjipl

「捨てられる銀行」みたいな内容を期待したが、ちょっと違った。銀行のビジネスモデルを比較して先を考えよう、という内容。勉強になった。

51zxfp4wmol

将棋ソフトPonanzaの開発者による人工知能論。チェスやアルファ碁が話題となった囲碁とも比較しつつ、将棋AIがどのように強くなってきたかが書かれています。将棋というよく知られたゲームを通して、機械学習の使われ方や可能性を丁寧に紹介。

A7c28a86 8f38 4505 a5b1 0290d15f3b57014253d4 6080 4951 9119 24735184a696Bd8139b9 4767 4df5 912c a342c94a27bd
51lodm uc9l

読了。「ブライズメイズ史上最悪のウェディングプラン」は観たいですね。「ネルーダ事件」について、そのシリーズについてもおっかけたいところだが、著者の映画からくる興味の掘り進み方と読書については-本人ビジネス書大っ嫌いみたいだけど-どこかの編集さんアプローチしてもいいのではないかと思う。あと、カーのグンターシリーズあたりを読んでたら感想などうかがってみたいものだ。 #stand

E68539b9 8045 49ce 8030 1bd4fe68d0b180c9af28 2457 4c13 b006 8462e2d6f693D50e1592 1ca7 443c b464 1c47ead491f7D9f385ee d8f0 47a4 bb64 b83c57e3ceea78d11b03 4372 4070 b3a0 f36ef6ff662bBafb97dc 70d4 4e52 ae4d e4a561050bd05e7cb613 c27b 4500 9adf a469433e5207 21
51nxpketcjl

家事の時短を考えていて、とても参考になった!日用品の在庫管理や書類のデータ化などなるほどと思った。会社でやっている事を家でも同じようにすれば、時短になるので実践してみよう。

次のページ