エンターブレインの本

僕の学園生活はまだ始まったばかりだ!

僕の学園生活はまだ始まったばかりだ! 岡本タクヤ

なにも考えず読むコメディーは これくらいが丁度いい。 なにもストーリーが無い訳ではないし。と言うか、こんなにも面白いのに、ストーリーがちゃんと織り込まれていていつの間にか、世界に引き込まれてる。 次回作はまだだけど、こういうのをもっと読みたいから これに似たのがあれば教えて欲しい。

パックランドでつかまえて―テレビゲームの青春物語

パックランドでつかまえて―テレビゲームの青春物語 田尻智

ポケモンの生みの親、 田尻智の青春時代を綴ったエッセイ集。 80年代のゲームセンターが盛り上がっていた頃のゲーマー達の雰囲気を感じとることができる。 ネットもスマホも家庭用ゲーム機も普及してなかった時代のオタクの情熱が羨ましく思える。 とても良い本なのに、 絶版になっているのが不思議でならない。

エマ 全10巻 完結セット

エマ 全10巻 完結セット 森薫

貴族とメイドの純愛物語。 結ばれない2人をとりまく人にとにかくハラハラきゅんきゅんします。

鎧光赫赫

鎧光赫赫 久慈光久

短編と言うよりはショートショートの部類だが、所謂「戦うヒロイン」という存在をここまで生々しく描く作品は珍しい。好みだ。

秒速5センチメートル one more side

秒速5センチメートル one more side 加納新太

新海誠監督の映画「秒速5センチメートル」のノベライズは、監督本人の同名作品が既にあるのですが、映画公開から四年を経て、新たに刊行されたのが本書「one more side」版です。作者は加納新太。過去には、新海監督の「ほしのこえ」なんかのノベライズを手掛けている方ですね。 新海版との違いは「視点」 第一章の「桜花抄」は、もともと貴樹の一人称視点で進行していたのが、ヒロインの明里の視点に。 第二章の「コスモナウト」は、もともと澄田の一人称視点だったのが、貴樹の視点に。 第三章の「秒速5センチメートル」は、三人称視点ながらも、かなり明里の社会人時代にページが割かれ、これまで描かれてこなかった新しいエピソードが増えています。 これをよしとするかどうかは判断に分かれるところで、映画版の結末をどう受け入れたかによって、このノベライズの評価も変わってきそう。

63cba30f 33ac 4ca8 b1fc 13b323e93c61C85d9386 c923 47a0 94f5 64ba42e947b2
真空融接 上

真空融接 上 びっけ

全3巻 これをBLといっていいのかわかりませんが愛情があるかないか曖昧な関係で生きてくためにキスをする感じです、、、 男女のお話もありますがそれもすごくかわいいです