ダイヤモンド社の本

テクノロジー思考

テクノロジー思考 蛯原健

読み終わってサブタイトルが一番内容を表している 技術の価値を理解するための『現代の教養』 終章 テクノロジー思考の実践に向けて が良かった。 未来を予測する最善の方法は、それを発明することだ(アラン・ケイ) 未来は知りえない、しかし自ら創ることはできる(ピーター・ドラッカー) 未来はまぎれもなく誰か人間の手によって創られる

ニュータイプの時代

ニュータイプの時代 山口周

20世紀後半まで、日常には多くの不満、不便、不安があり、それらの問題を解決することで大きな富を生み出すことが可能だった。しかし、それ以降、大きな問題がなくなり、従来の問題解決の能力が供給過剰になってる。

6de3a1b2 e698 490d bed3 66146ca44247B81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f4B4fe19ef 0d2f 4abd 88a8 472a8a4865d85cd558ef 0244 4de3 a51a 6bca5de4fd16
地元がヤバい…と思ったら読む 凡人のための地域再生入門

地元がヤバい…と思ったら読む 凡人のための地域再生入門 木下斉

地域再生に関する本。 国からの補助金や、旧来の組織や、地元に根付く慣習によって、地域再生が阻まれていく構造が小説仕立てで描かれている。 作者がぶち当たってきた問題が、小説という形をとることで、実例とともに、その解決策を紹介している。このことによって、結果だけではなくて、問題解決にいたるプロセスが、手に取るように追える。 あと、普通にお仕事小説として読んでも面白い。

Fd2ec159 599a 48a9 b2e6 c652d423de7eCe2d667b 9eb1 4b40 b2b5 20dbb3d8eabe850c4c6a f7ec 4d11 a627 ef19ea8e8bfeF08b30b2 2a02 45ec 9a46 9d8e834c0d28
決断=実行

決断=実行 落合博満

自分が生きていく道で、少し先を歩いていた人たちの経験談やアドバイスは、そんなに捨てたものではない。 私にとっての歴代最高のドラゴンズの監督です。

読みたいことを、書けばいい。

読みたいことを、書けばいい。 田中泰延

糸井重里さんの本かと思って買ったけど(すいません)面白くて一気に読みました。HowTo本ではなくて、書くことに対する姿勢とか、視点とか、そういったことが見えてくる本でした。世の中にいるライターさんの癖を覗きたくなったし、どういった書き物を自分は読みたくなるかを深掘りしたくなりました。

51719c79 83ea 4338 b822 8cdc3aa5e49404bbfbe4 0c50 45c0 8120 405284e403deC5971471 370f 4931 a3dc 22087fcf51a2Db4ce21d 438a 41ed 9e9d c636bbdb736f6de3a1b2 e698 490d bed3 66146ca442470023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7cAe61c3f1 568a 497b b137 dd78b95a8ec0 9
丸く正しい商いを 愛され続けるスーパー「丸正」の100年

丸く正しい商いを 愛され続けるスーパー「丸正」の100年 飯塚司郎

幼心に埼玉県でも丸正ってスーパーは埼玉県にもあった。21世紀になる前に埼玉県からは撤退していったけれど、鴻巣市に大きなショッピングセンターがあったことは覚えていて、よく出かけていたが創業者の出身地だったのだとか。今は都内のみ、それも変わったスーパーマーケットの挑戦をしていて、移動スーパーのパートナーもはじまった。青果店を通じて、スーパーマーケットになるまでをマンガを含めて書いているけれど、経営者の子は甘えて育てることはいけないことだと述べており、自分のことのように危惧感を覚えた。

NEW POWER これからの世界の「新しい力」を手に入れろ

NEW POWER これからの世界の「新しい力」を手に入れろ ジェレミー・ハイマンズ

★★★☆☆ まぁそうだわね。って感じ。 新しい知見はそんなになかったかな。 恐らく自分がオールドパワーのなかでもがいてるから。ニューパワーやってる側はこう思ってるよねー以上なかった。 オールドパワーの組織にニューパワー的思考を入れよう入れようしても、なかなか変化出来ない組織。 これをどう強い組織にするかを 考え実行する事の難しさがわかるとともに オールドパワーのパワーの強さ 支配されてる人たちの支配にたいする 無気力さ。悲しくなってきた。。。

89c51717 821f 4c07 b125 8768fd5bbbe3A9504c83 10b8 4512 a256 3f075c9db53149775184 e974 4c35 b8d8 b9130a8c15f1Icon user placeholderA232096a 9751 491d 8e85 267c5dc760a5F4089288 4d4f 4f51 9b08 f6fd2d35966cC7c6a9b2 e4aa 447c 9b5b dd3f93497685 8
なぜ、優秀な人ほど成長が止まるのか ― 何歳からでも人生を拓く7つの技法

なぜ、優秀な人ほど成長が止まるのか ― 何歳からでも人生を拓く7つの技法 田坂広志

まず、このプライドをくすぐる題名が素晴らしい。サラッと読める本なので思い当たるところがあれば、著者の別の詳細が書かれた本を読むといいでしょう。こういう自己啓発の本はそのまま受け入れる必要はないけれど、批判的な視点で見て意味ないと思ってしまうのは勿体ないので、自分と対話しながら素直に受け入れて学ぶ必要があるかと。とも、中に書いてあるように思いますが。