ベストセラーズの本

自殺よりはSEX―村上龍の恋愛・女性論

自殺よりはSEX―村上龍の恋愛・女性論 村上龍

10数年前に購入。まだ当時は村上龍さんをよく知らなかったけれど、インパクトのある真っ赤なカバーと刺激的なタイトルに惚れ、手に取った本です。 最近また読み直したけど普通に面白いです。 人間の本質であったり、価値観や動機、っていったものは時代は変われどそうそう変わらないんでしょうね。 本の中に「オバさん的なるもの」(だったと思う)という話がありますが、電車の中とかでは読まない方が良いです。思わず笑ってしまって、きっと変な奴と思われますよ。

新米おとうちゃんと小さな怪獣

新米おとうちゃんと小さな怪獣 あおむろひろゆき

本作はあおむろひろゆきさんの第一子である女の子が生まれてからの3年間が綴られています。 もともとこういう子どもと一緒に過ごす親目線のお話が好きなのですが、この本は文章がとても優しくて本当に心がほんわかします。文章からご本人の優しさが溢れ出ていて、あおむろさんご自身もとても可愛いんです笑 生まれてきてくれた日は嬉しくて興奮しすぎて眠れなかったり、退院後奥さんと赤ちゃんが里帰りしてる間、夜が寂しくなっちゃって毎日のように押しかけたり。そんなお話がすごく優しい文章と優しい絵で描かれています。 新米のお父さんは是非読んでみて欲しい!おむつ替えのとこなんて必見ですよ!笑 あと、私個人的には子どもとの約束を破っちゃたお話と、2人目が生まれるその時のお話が好きです。子どもがいなくても、とても心が温かくなる本です( ´ ▽ ` )ノ

ゴーマニズム戦歴

ゴーマニズム戦歴 小林よしのり

小林よしのりがゴーマニズム宣言を、どういう時代背景の下、またどういう思いで描いてきたかが語られている本。 勿論、ここに書かれている歴史が全てとは思わないが、日本の戦前・戦後史を伺い知ることができる。 個人的には日本の自虐史観への批判が面白かった。

企画展がなくても楽しめるすごい美術館

企画展がなくても楽しめるすごい美術館 藤田令伊

今まで、美術館へはマスコミが騒いでいる企画展へよく行きました。当然の事ながら絵を見に行ったのか、人だかりを見に行ったのかわからないことが多々ありました。この本は企画展ありきの私に、別の見方ができることを教えてくれた指南書となりました。

アドラーに学ぶ よく生きるために働くということ

アドラーに学ぶ よく生きるために働くということ 岸見一郎

仕事をする上で大切なのは、その仕事で自分が貢献できているという感覚を持てるかどうか。自分の思いがどこにあるのかによっても、この感覚は変わってくるのだと思う。勇気は伝染する、らしい。今と向き合って行動することが大事なんだな。

おしゃべりな名画

おしゃべりな名画 木村泰司

作者の木村さんのひねくれ具合というか、終始絵の説明だけに終わらないで笑いを混ぜてきてくれるからすごく読みやすかった! 今までただほげーっと美術展とか行ってたけどこれ読むとまた見方が違うなと思った(たぶん次行くときには忘れてる気がする←) 特に好きだった絵は、ロココ絵画で、ジャン・オノレ・フラゴナールが描いた「ぶらんこ」! 描かれた中身は最低だけど、それを許せちゃうぐらいの綺麗な包み方だなって思った。 あとは、芸術家はみんな変人、ボヘミアンっていう誤った認識もしっかり正された笑笑

3218dfa9 40f4 45f7 8e2e be4aa0a44c556cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218cE4d8f046 7597 4680 afbc 9a933d5c43f4
日・米・独―10年後に生き残っている国はどこだ

日・米・独―10年後に生き残っている国はどこだ 高山正之×川口マーン恵美

2017/3/26読了 元産経新聞の記者だった人が著者の一人なので、右寄りの内容。もう一人の著者である川口さんも最近読んだ本でも取り上げてた原発エネルギーに対して肯定的だったので、そういう立ち位置を求められてる人なんだろうなとは思う。この本自体は結構面白いことがたくさん書いてあって、日本が外交下手なのは昔からなんだなーとか、改めて色々考えさせられた。別の視点の人の本も読まないと偏るので鵜呑みにはしない程度で楽しむには面白かった。

最強英語脳を作る

最強英語脳を作る 茂木健一郎

英語を日本語に変換して考えないで英語で考える訓練と、英語を母国語とする人種の思考法や文化などを理解する事。これ、櫛田健児さんの「バイカルチャーと日本人」で言っている事と同じ。勉強になります。

Icon user placeholder9ed768a6 3eb3 4ae2 95e3 046a998e6635
99%の会社はいらない

99%の会社はいらない 堀江貴文

社会人1年目の自分にとって、視野が広がるなという本でした。今の時代、昔の普通は既に通用しなくて、サラリーマンとして生きることも数ある選択肢の一つでしかなく、その選択肢を広げるのは自らの行動の積み重ねのみ。 良い勉強になりました。 世間の大多数の人たちは、自分のやったことのないことに対して良し悪しの判断つけがち。 すべては自分で判断しようという教訓をもらえる本だと思いました。

Icon user placeholder5793a552 0e68 4f55 8a2d fe98850bb321Icon user placeholder92651c08 d6ac 46c6 8c50 931516be25294032f6be 37dd 4e5b beb8 6a0f3eb99f706df85ef4 9c71 427d b7d1 74bc914b616cA24acc06 e130 4e16 b7d4 af8d4cd8d6a8 15