ミシマ社の本

イスラムが効く!

イスラムが効く! 内藤正典/中田考

ムスリムの思考の理解に役立った。 分かりやすいところも、対談形式だからこそ、(あまりに口語すぎて)分かりづらいところもあったけど、こんなにイスラム的考え方をわかりやすく説明してくれたものが今まであっただろうか。 彼ら的会社のあり方、生のあり方、病気への対処、その他イスラムとその他の国際関係、などなど。いくらムスリムの友達がいても、彼らは彼らの考え方が当たり前だから、こんなに上手くは説明できない。 ちょっと理解できたところでイスラムを効かせるのは難しいけど、隣のムスリムと上手くやっていく助けには十分なり得ます。

数学の贈り物

数学の贈り物 森田真生

以前に森田さんの講演会に行き、数学者が集まる場では素数の番号から靴箱のカギがなくなるとか、楽しかったのを思い出した。 『数学する身体』の時はたしかお子様が生まれたばかりかその直前だったと思うが、この本では成長していくお子様のそばにいる森田さん、という視点で数学に絡んだ話も読める。 「言葉はもちろんコミュニケーションの道具だけれど、それ以前に自己を編む糸である。〜何かを伝えるだけでなく、世界を生み出すことだ。」 語学も数学も新しい発見があった。

01fa4122 4003 4b87 8107 ab33b870146a0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a821e5a20 19ab 4ec7 a4b3 167e80d468c489e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e
ミシマ社の雑誌 ちゃぶ台 vol.4 「発酵×経済」号

ミシマ社の雑誌 ちゃぶ台 vol.4 「発酵×経済」号 ミシマ社

毎号楽しく読み応えがある。 どうしたら、こんな魅力的な執筆陣を贅沢に揃えられるんだろう。 大好物と、よう知らんけど美味しそうなおかずがぎっしり詰まった弁当みたい。 今回は、(広い意味で)発酵がテーマ。

F9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a0238468ea a244 42a2 9fcc 7b6adc3d6990
奇跡の本屋をつくりたい くすみ書房のオヤジが残したもの

奇跡の本屋をつくりたい くすみ書房のオヤジが残したもの 久住邦晴(くすみ書房・店主)

くすみ書房店主、久住邦晴さんによる遺稿です 町の本屋さんとして多くの人に愛されていたくすみ書房 それでも書店経営はとても大変だということがヒリヒリと伝わってきます 店主の死去は悲しい思いでいっぱいですが、学ぶべきことの多い一冊です

20f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a5209e5180a4 069c 49d9 a9d0 b81bd71d0ffa00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f920F9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a0D3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29677b77aa 303b 48de b84f edfc5840fbd6Fadf5f50 bf83 4a3f 92dc cc4ac7dfd6a1 8
きんじよ

きんじよ いしいしんじ

作家のいしいしんじさんがご家族と住む京都での暮らし、出来事を書いた本。お店に行く、お子さんの行動を見る、京都のイベントに参加するなど色々な出来事を時には緩く、またある時は男前な感じでいしいさんが語ります。不思議でつかみどころが見つからない本ですが、いしいさんたちはごきげんな毎日を送りたい、過ごしたいと思って暮らしているのかなと。感じたり思ったりしたりしていないわけではないでしょうが、いしいさんたちはためいきとか苦悩とかから、かなり遠いところにいるような感じがする。イベントの打ち上げでお子さんが横山剣さんに「GT」をリクエストする話、いしいさんのお父さんが塾をたたみまた塾をはじめる話など読んでいて気持ちがじわじわ盛り上がってくる話が時々出てきます。

F1ea2c73 e179 442b b27d bcfe29183e512d8198c1 1600 48f1 87c7 bdb334078bf76cc053b7 a35f 4d76 8b84 5f08ee0a5defIcon user placeholder8cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda64D7909256 6499 4a6a b54a 3f9214c4cccf41fd2b92 5a8a 4a5b a31e 4f61584623f4 11
京都で考えた

京都で考えた 吉田篤弘

著者らしく、話はいろいろと跳びまくるのですが、どの一節も、その考え方や事象への感覚に、思わず頷かされたりは考えてみるような感じで、警句集めいてます。1冊の分量としてはそれほど多くないのも(100ページ程度)よいところです。なんとなくいろいろ考えてみたいときに、適当なページを開いてみて、という風にして、長く長く手元に置いておくのもいいかな、と思ってしまいます。

C9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62acCbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d2921842467a6d8 216f 4260 a4de a66984d5e2db42657be0 84b2 49ef a881 f5122d1ec73c0f2a5473 5875 4d8b 8370 3fb294524e90Ec3aa304 f8ad 4c36 ba38 b47dd07e80e0B157b007 4c8d 403f ab76 05595a1fbba1 8
大阪的

大阪的 江弘毅

この本の最初の方で小説家の津村記久子さんが大阪の観察、考察的なエッセイを書かれていて、その内容の真剣さ、際どさ。深く、ビターな大阪の話を読んで、やられたなーいいところ突かれてしまったなーという気分に。他の部分も大阪とは何なのかという真剣な考察の数々。今までの人生の中で真剣に大阪について考えたことがあったかを読みながら探ってしまいました(多分深くは考えてこなかったかも)。この本を読んだ大阪の人にこの本の感想と大阪について少し聴いてみたい、と思っています。

3b5ac368 dedb 4cd1 b9be 1a575f69b16c75657d05 f8af 4ca9 b80b d54f664b8b018210e25f d30f 4927 97af a6cd3a0c31e822353682 dcf4 4e46 9e55 c3bb96f07310
愛と欲望の雑談

愛と欲望の雑談 雨宮まみ

死ぬ間際にでもならないと、家族への愛情って言葉にしないんじゃないか。に対して、今親が生きているうちに感謝の言葉を述べることが大事なのは分かっているが、なにか心理的なものがそれを拒む。社会学的に介入するのであれば、親に感謝の言葉を言う大事さというより、どうしたら親に今感謝の言葉を言うことが出来るのかを伝えることだ。90年代は、ヤってる人がチヤホヤされた。でもいまは、そんな事ない社会へシフトされた。これにも社会学的介入できる。カフェでトイレにパソコン持っていくか。日本人は、マナーが良くて安心できるが、一般的な他者に対する信頼は低い。犠牲者非難。

6c203172 9338 4f25 8b69 7e892d67b668Icon user placeholder5c738d69 3cec 4a4f ab36 b155dc79bc7b4d05909f 8525 4932 9825 728a0e3871326b2f4708 df5d 4b01 9c0b e3293a756f6fCbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184Icon user placeholder 29
胎児のはなし

胎児のはなし 最相葉月

医学の進歩を感じられる。病気じゃないけど、普通の状態でもない妊婦さんの状態も謎だらけで不思議だけど、のお腹の中で生きている胎児はもっと不思議。羊水が何処からくるのか、とか、胎児は何をしているのかとか。不思議ー 妊娠、出産、母子感染、出生前診断、生殖医療、などなど話題が豊富。脱線しつつ、楽しいお話ばかり。 そして、やっぱり産婦人科のお医者さんも看護師さんも助産師さんもすごいなーと思うし、世の中のお母さんたちはすごいなーと思います。

20f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a520B5d94167 26a9 4781 bc73 155aaaedbe8e38c9de35 09c2 4aa8 9670 349b0a8708c210f638e3 50df 4e55 a884 a07c9645afcd53326985 c143 4f1e 9b3a 15c5ded0bacb6603f993 76fc 4a32 b727 770c596558d1Icon user placeholder 13
生きるように働く

生きるように働く ナカムラケンタ

ナカムラケンタさんに会いに スロージャムでお酒を飲みに 公募ガイドを衝動的に買いに 行きたくなりました。 日本仕事百貨ができるまでに、ナカムラさんが会った人、その人たちの生業と、育ててきた価値観を丁寧に文字にされた本。 力や経験を活かして洗練された仕事をしている人たちが、 枠にとらわれずに考え抜いて生きているところにグッときました。 はやいうちリトルトーキョー行こう。

D3e4c275 4ddb 4e6d 82d6 df5fe724e79eD5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453Bea28fd9 62a4 4e32 9ccc 94b1689a39e9Ba0fc44e 8c89 4d42 aa75 e3c264fe62f3F594472c 0b62 423f b639 a20c06a365b6Ea5e4d68 95e4 4b33 8fa2 394fd1150e1eCda577f6 55a7 45af 8c90 2ba5a74e1a27 26
日帰り旅行は電車に乗って 関西編

日帰り旅行は電車に乗って 関西編 細川貂々

地元に居ながら、近過ぎるのが災い?してか、阪堺電車くらいしか経験してませんが。日帰りでぷらっと出かける、そんな旅も良いですよね。

Da7ed40f 2e85 4d0f b348 238216b8aa9219827526 a639 4044 9981 d86c526cb750
うしろめたさの人類学

うしろめたさの人類学 松村圭一郎

日本に生きる、精神に異常をきたした人は家族や病院、施設に押し付けられ、多くの人が日常生活で関わる必要のない場所にいる。構築人類学。壁に向かって正座した女性が社会から孤立しているのは、彼女だけの選択の結果ではない。私を含め、彼女の姿を視線の隅で捉えながらも、関わらないという選択をした多くの人々がそれらを一緒に作り出している。贈与論。女性の家事は贈与である。最近はそれに経済性を求めてしまった。物乞いにお金をあげるのに抵抗があるのは、それがお金だから。それがもしガムとかパンとかなら抵抗は少ない。彼らは僕らに対してお金の対価分の何かをした訳では無いからお金を払う必要がない、という交換のモードに入ってしまっている。みんなに与えられる訳では無い、そう思うかもしれない。だが彼らは5円でも快く神の御加護をと言って受け取ってくれる。あるいは、与えることは彼らのためにならないと言うかもしれない。それはそもそもためになるかどうかは与える側が決められるものでは無い。そういう様に思って与えない自分を正当化する。物乞いに抵抗なくお金を与えているエチオピア人の姿をみて、何故自分はお金をあげることに躊躇するのか、と問うことができる。これが人類学のセンス。経済と非経済というきまりに縛られている。著者は格差へのうしろめたさからお金を与えている。俺が途上国のような生活を羨ましくも思った感情は、完全なる自分を正当化するための彼らの現実の排除だったのかもしれない。白目があるのは人間だけ、それは瞳の動きで感情を晒すため。エチオピアの食べろという文化は、お互いが情に満ちた贈与、共感の関係にあるという確認作業。割り勘か奢るか。人との言葉やもののやり取りを変えれば、感情の感じ方も、人との関係も変わる。震災があって、自分が平穏な生活を遅れていることへのうしろめたさ。

4207709b f77a 41a8 a12b e329c0275d22A04f9974 e38b 41a9 8995 7d08d78ed2283d889e46 86fd 4cc0 8acb 2f52d620b0d46cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218cC0b12dbb 5307 4c85 a93b 1b27f63abe57978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2Icon user placeholder 85
今日の人生

今日の人生 益田ミリ

何気ない1日だと流していた日々にも、面白い事やその日だから感じられた事があったのかもしれない。振り返る事が自分を豊かにしてくれるチャンスであることを教えてくれる本。 今日の人生の積み重ねで今の自分がある。

Icon user placeholder4d30c979 a92c 432b 8ca5 9a3df42b13ca34ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb606e6f6a7e ace4 41e2 9a0e 862dcfb1d378C463bf6f 9547 41bd bdd5 ea5acef1b072616e7612 a056 463a af8d b830a96b5d5cIcon user placeholder 68
昭和の店に惹かれる理由

昭和の店に惹かれる理由 井川直子

タイトルに惹かれて手に取ったわけだがこれが実にすばらしい内容。いわゆるグルメガイドではなく長く愛される店は何が違うのか、を追求した本。出てくるお店ではとんき、鳥福しか行った事はないけどもホスピタリティという言葉でくくってしまってはいけないこだわりがあることが分かる。それも肩に力入れて拘っているわけではなく「こうしたほうが美味しい」とか「こうしたほうがお客さんが快適だ」ということに尽きるということ。グルメガイドではないけども出てくるお店に一通り足を運びたくなってしまうところが凄い。果たしてこういう「ちゃんとした」お店に相応しい振る舞いができるか不安ではあるが(笑)

Icon user placeholderIcon user placeholder00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f920Icon user placeholder7cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5E72f28d4 a6b5 4141 939b e96b2ce9e59e5ee634e1 842e 438e 980f 0406d3b58a1f 8
ヨーロッパ企画の本 我々、こういうものです。

ヨーロッパ企画の本 我々、こういうものです。 ミシマ社編

大好きな京都の劇団「ヨーロッパ企画」の、らしさがたっぷりつまった本。 上田さんのエッセイや各団員の担当ページなど、 ゆるさと濃さの配分が抜群。 我らが森見登美彦や 『水どう』の嬉野さんの寄稿もあり、 おなかいっぱい。 本を丸ごと小道具に見立てた書き下ろし戯曲『小さな出版社』は秀逸!

7cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa545807d47 fbcd 4c67 a800 0cd4d91dbfe1266d4001 a219 428c b8e7 41af412e2abf
あわいの力 「心の時代」の次を生きる

あわいの力 「心の時代」の次を生きる 安田登

タイトルの「あわい」とは「媒介」のこと。内と外、時間と空間の「あいだ」のことらしい。そのあいだが分断されてしまっている現代が故に色んな「こころ」の病が蔓延っていて、その解決策が「身体性」を取り戻すこと。なぜ取り戻す必要があって、どう取り戻すかを「心」と「言葉」の歴史を紐解きながらやわらかく教えてくれます。僕個人としては感じる自分と考える自分をあまりないがしろにしないで受け止めつつ、その間を揺蕩う位の気楽さが肝要なんじゃないかと思ったり。純粋に言葉の勉強としても面白いです。何気なく使ってる言葉に少しだけ気を遣えるようになりそう。

01fa4122 4003 4b87 8107 ab33b870146a0959a163 82d6 40fb 98be e921686f5b34