リトル・モアの本

花と料理 おいしい、いとしい、365日

花と料理 おいしい、いとしい、365日 平井かずみ

フラワースタイリストの平井かずみさん、料理家の渡辺有子さん、フォトグラファーの大段まちこさんが、誰に頼まれたわけでもなく「部活」と称してはじめた、とっておきのスタイリングが詰まった『花と料理 おいしい、いとしい、365日』。 ページを開くたび、その季節の旬の食べものや植物が分かるので、この果物を使ってお菓子を作ろう、この花が咲く頃だから花屋に行こうなど、週末の過ごし方のヒントにもなりそうです。ベッドサイドやリビングで、好きな時に手にとって楽しんだり、誕生日や記念日の贈り物にもおすすめの1冊です。

1ffe5bc5 8734 4a50 b571 1fc1d241f3a920f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a520A497086c 1bd2 4c8f 9e96 e729c6074ba4112126e4 a4a4 4c99 b42f 3e106543ebc29bed4b71 b02b 471f 92d1 13d154088b26Fbad6930 13ee 4484 b2de 3e4dd1e15de5Ebaa1b06 d245 4a4a 8a19 a4ba564fedef 23
ラブという薬

ラブという薬 いとうせいこう

あいづち。自分の出番待ちのリズムを推し量るかのような、それでなく、耳を傾けることによって生まれる共感を示したその。返答でなく、ひとまずの肯定において、語る本人ですら確かでなかった辛さや不安を言語化し、客観視できるようにしてゆくこと。言いたくなっちゃう指摘や助言のような言葉を飲み込み、片隅に追いやり、そっか、そうなんだ、とまず受け止め、聞いてみる。簡単そうで、とても難しそうだけど、大切なこととしみじみ思うたのだった。

9ddfeb65 eb74 436d 9067 1f268efb08a34207709b f77a 41a8 a12b e329c0275d22C0b12dbb 5307 4c85 a93b 1b27f63abe576afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc37339F498cf2c a42e 430c 93e8 92001c61601681ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c86bb79bd8 06d8 48ea b1cc 7c2be6637bfa 28
アンドゥ 新装版

アンドゥ 新装版 渡邉良重

物凄く装丁に凝った大人の絵本。 アン(イチ)ドゥ(二)、アン(イチ)ドゥ(二)、と二つのページを交互に開いていくと、物語が進む。 手紙の青インキの匂い。わたしには「おばさん」の言う青インキのほんとうの意味がわかりませんが、新刊など印刷したての本のインキの香りをよく嗅ぎます。

往復書簡 初恋と不倫

往復書簡 初恋と不倫 坂元裕二

鬼展開と、2人のやり取りという構成で、読まされるスピードについていくのが大変だった。(いい意味で) メール社会だからか、引き込まれ、2人の距離感も近く、否応なく感情移入してしまう。 こんな内容と思っておらず、理解し難い箇所もあったが、面白かった。

24edcb82 fde3 4a8f a8e4 b1c9601ab06aIcon user placeholderB81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f4A9dd7ea1 c3af 4fef 936c 930350c4b51a7d3124ea 3299 45da 8a3d a1a6c1e84a14C1fe2a88 9356 435c 828c 42272cae2fa5Icon user placeholder 153
シブいビル 高度成長期生まれ・東京のビルガイド

シブいビル 高度成長期生まれ・東京のビルガイド 鈴木伸子

昭和に建てられたシブいビルたちを、写真と文章で紹介してくれています。 ビルの中にあるシブい喫茶店も紹介されており、見るだけで楽しい。 少し立ち読みして、衝動買い。

8af5ac60 e1d8 41ca ac24 2daef25d2efa9bed4b71 b02b 471f 92d1 13d154088b26
株式会社 家族

株式会社 家族 山田かおり

ほっこりする家族。 日常をもっと興味深く見るべきだなっと考えさせられた。 イラストの脱力感が素敵

Icon user placeholderIcon user placeholderE4f21041 cc6c 4268 b713 5baf3e868f445212519c 2948 490b 82be 2161ee48a1f9E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f
たすかる料理

たすかる料理 按田優子

お店の成り立ちや、とても不思議なメニューの紹介、風変わりなアプローチに目からウロコの自炊の様子など、肩の力が抜け過ぎているように見えてミョーに心の芯を喰う話ばかりでとんでもなく痛快。写真も味わい深くて、佇まいの美しい本。あっという間に読み終わるけど、このユカイさに未練がありすぎて続けてもっかい読んだ。

79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7238468ea a244 42a2 9fcc 7b6adc3d69903224a647 4b88 45d5 bd89 950138ddbe558e56d571 b5e9 40eb 8f73 cdc295a236506afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc373398a147539 d412 4499 b071 084ec14a5be6Icon user placeholder 10
みち

みち 阿部海太

ちょっとぞくっとするショートムービー絵本。2017.1

6ce246ea 6801 44c3 bc07 1153d7dd256834ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb6057c2709a 4c71 443b 96e9 9810cb743a8e3a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f43
光の子ども 2

光の子ども 2 小林エリカ

世界史(科学史・女性史)的事実と3.11後の仮想世界の100年をフィクションで繋げるマンガ。ある意味スティーヴ・エリクソン的な幻視感も。ライフワークの一つとなりそうな予感。

山伏と僕

山伏と僕 坂本 大三郎

一度坂本さんの対談を聞いたことがある。 うっとりするような穏やかな声で「山伏」という未知の世界を語ってるのにも関わらず、超フランクな話し方に心ひかれた。 書かれているのは、現代人が忘れかけている日本古来の信仰について。 ただし書き口としては、受け継がれてきた山伏が「まさに今」どういう存在なのかって問うている。 歴史と伝統、人間と宗教、芸術と呪術。 重苦しく受け止められがちなこういうことたちを、ありのままに率直に語ってくれた本。

22c9f424 435a 479b 99e8 8f66ce6199534f8e614f ec35 4985 9704 318bf3471b43000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8