世界文化社の本

14歳からの社会学 ―これからの社会を生きる君に

14歳からの社会学 ―これからの社会を生きる君に 宮台真司

宮台さんの本は時々手に取ります、考え方の面白さを伝えられることが多いので。ただ、宮台さんのアクのあるキャラクターで好きな人とキライな人がはっきりしてしまうのでしょう、意見すべてに同意できるわけじゃないけれど、とても頭がよくて、切れる人物だと思います。ただ、ココは日本、正しい意見なら何でも良いというわけではありません(そういえば私の父の愛読雑誌に『正論』ってタイトルの雑誌があります、いつもスゴイ言い切り方の宣伝と帯で、とても強引な感じがまさに「正論」なんてどうにもならないことを物語っているように私は感じてしまうのですが、やはりこの手の雑誌を読む人はただ不満を発散したいだけなんですよね?)、誰が言ったか?も、とても重要な情報に、判断材料になってしまうので、その辺がどうも宮台さんにしてはいつも無自覚な感じで(ま、ここまで有名になってしまったのであるなら仕方ないとも思えますが)、だからこそ対談本は好きです(特に宮崎 哲弥氏との共著「M2」は面白かったです)。今回はちょっとした暇つぶしに(移動距離の長い、待ち時間の長い、とあるイベントに借り出された為)読んでみました。 14歳の方々を対象にした本なのですが、どちらかというと「14歳の人に興味がある、あるいは指導なり接しなければいけない大人の人」を対象にした本のように感じました。文章の書き方もそうですし。中身は今までの宮台さんの著書で書かれている事の繰り返しのように感じましたし、横書きで普通の本とは逆向きに見開くので扱いづらく感じましたが、その辺が1番14歳の方に配慮したことのように私には思えます、形だけは14歳対象で、中身は「14歳を対象にした仕事をしている大人」を対象にしているのではないか?と。 以前宮崎氏とも話をされていたのですが、社会のルールつくりの話し、「卓越主義的リベラリズム」の話しに最も私は宮台さんの考え方の違和感を感じます。1部の優れたエリート(多分この「エリート」って単語にまつわるイメージにも問題あると思います)が社会をデザインするべきだ、という考え方は同意してもしなくてもすでに1部の人が(エリートかどうかはともかく)ルールを決めていると私には感じられますし、「みんなが決めたルールが良いルール」か、それと比べて「エリートが決めたルールが良いルール」かを比較しても現実的には割合関係ないのではないか?ということです。今もこれからもルールを決める人を選ぶ自由はあるかもしれないけれど、ルールをみんなで決めることにはならないのではないか?という事です。効率悪過ぎる、という1点で、ですけれど。いくつかある候補の中から一つを選ぶくらいの自由はあるかもしれませんけれど、その選択肢を生む集団そのもののレベルが低かったらその中のエリートが仮に舵をとれたとしてもレベルが低いことに変わりは無いのではないか?ということです。また、パンピーがエリートを尊敬して両手離しで称賛する時が、独裁者の誕生する瞬間だと思うのです。独裁者は圧政を引いて誕生するのではなく、大多数の民衆に押されて誕生するものですし、パンピーが諦めて批判もしない状態こそが恐ろしいのではないか?と。今の状態から考えると払うコストが如何に高くてもやる必要がある事を説得できるエリートが必要なのだと思うのですが。何しろ人間のやることですから絶対に正しいことなんてありませんし、変える必要が出てきたときに今まで携わってきた人がすぐに変化できる(携わってきた方こそ、保守的な存在になるわけで)システムを作れば良いのだと思うのですが。そのうえ宮台さんは「民主政治」が「衆愚政治」になる話しに繋げるのですが、「民主政治」が「衆愚政治」にならない手段を考えるしかないのではないでしょうか?とても望み薄いですけれど。宮台さんもよくいう「民度」をあげるしかないのではないかと。これだけ個人の自由が強くなってしまった自分中心主義でも、向上させる手段が何かあって欲しいです。ここは日本なのでエリートの話しを素直に聞けないのではないか?とも考えてしまいます。なにしろ妬みのようなネガティブなチカラを同調圧力を使って「空気」という手段にまで高めることに成功した国ですから。 また、死に対しての扱い方も少し違和感がありました、ニヒリズムを抜ける重要性は理解できますが、自分を「承認」してくれる人がいることで安らかに死ねる、死を受け入れられる、というのですが、もちろんそれでも構わないですけれど、それこそ人それぞれだと私は思います。最後の瞬間に誰も見取ってくれない孤独死であったとしても、本人が満足していることだって充分ありえると私は思うし、そういう人が増えて行く事は、自分を律することが出来る人が増えることに繋がるような気がしますし、そんな人なら民度をあげる事に貢献できると思います。人の評価はまさに後からつけられるものですし、そこに期待しなくても自分が正しいと思うことを、犠牲を払うことでも楽しくやれる人だと思います。他人も全く別の信念や規範に基づいて考え行動している事を邪魔しなければ、ある程度の配慮をしてやりぬく人が、そんな人が紳士やエリートや大人なのだと私は考えますし、きっと死を受け入れ、またその覚悟が出来ていると思うのです。 と、いろいろ違和感をつついてはみましたが、いつもと同じ様に面白かったです、考える事を考えるのって楽しいですし。効果を、この本のように届くべき先を絞っているなら、もう少し受け入れられやすいアプローチがあったのではないか?と考えなくもないです、素直でストレート過ぎるように感じられましたので。 14歳と日常的に接している人に、考える事を考えるのが好きな方に、オススメ致します。 2008年 11月

95334630 3abc 43ca 90c3 8007922b1193095de8f5 82de 46d5 8114 73ff7f72a76fF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad1131b6796ee 2f0c 49db a4dd 9faff8a6aa930e34008d b593 4059 8ac2 f413ea08158f
リリィ、はちみつ色の夏

リリィ、はちみつ色の夏 スー・モンク・キッド

2008年に公開された映画『リリィ、はちみつ色の秘密』の原作。 長編は飽きてしまう私だけど、これは夢中になって読みました。 リリィ14歳のひと夏の物語。 母親のこと、人種差別のこと。 ロザリンとの友愛、オーガストへの敬愛、ザックとの恋愛。 リリィの心の描写が鮮明でキラキラしている。 ザック好きだな〜

だしマリネでかんたん常備菜

だしマリネでかんたん常備菜 八代恵美子

常備菜だけど、食べる前に一手間加えるタイプ。 夜に仕事の私には向いていませんが、毎日の夕飯を手早く作りたい人にはとてもいいと思う。

またね、富士丸。

またね、富士丸。 穴澤賢

愛情がいっぱい でも、作者は不器用 やんちゃで心から大好きな富士丸に対する自分の優しさがイマイチわかってなくて、振り回されているように見えて、本当は甘やかしてる姿がよかった

日本語つむぎ

日本語つむぎ 大岡信

詩(うた)の言葉について勉強中、の第一弾。

風雅集

風雅集 辻邦生

あちこちに書き散らした評論随筆を集めたもの。それでも章ごとに統一されているのはさすがです。 評論家としての辻邦生の論理性、小説家としての表現力。目から鱗が三百枚くらい落ちました。 二千円でひと月楽しめた。 しかし「、」の多さはなんだろうなあ、そこだけは引っかかる。

厳選チーズ手帖

厳選チーズ手帖 宮内祥子

たまらなくチーズが好きです。ブルーチーズとワインは最高のカップルですね!

8f09626d b87f 4391 b987 daee56b364db58487e20 209f 4522 bfd6 8ec9e2bc5507
はじめての土偶

はじめての土偶 武藤康弘

タイトルはポップ。 中身もポップ。 学術的なのに、土偶と古代史に対する見方が大きく変わる本。オススメです!

桃紅百年

桃紅百年 篠田桃紅

篠田桃紅さんのエッセイのまとめの本です。もちろん、篠田さんの考え方が少しわかったのも良かったけど、本の装丁やカバーのデザインが本当に素敵で、本自体がアート作品のようです。

330d952e 6d48 4190 8adb e6c73f20886f2ca45f9c 2423 40ae 8733 77dde49f47bd