世界文化社の本

赤い薔薇ソースの伝説

赤い薔薇ソースの伝説 ラウラ・エスキヴェル

私が大好きなお店の料理人(女性)からオススメされた本。1月から12月まで主人公が作るメキシコ?スペイン料理のタイトルから始まる。料理の手間暇を感じながら、官能的であり、生きること、生と性をつなぐものが料理だと感じる。 物語の展開はえー!と思うことがたくさんあって、現実離れしとファンタジーなてんかいもある。例えば、涙で洪 部屋が水浸しになったり、料理に魔法がかかったり、鳥たちの喧嘩が竜巻を起こしたり。笑 理不尽な母親からの圧力、しきたり、選択権のない不自由さを感じながら、愛とは本能的なものなんだと。現代にはない感覚でみんなが愛を知り、掴み取って行く。抗えない感情に出会った時、迷わず、正直になることが、幸せではないかもしれない。それでも、手を伸ばしたくなってしまうもの。 読み終わったあとは、手の込んだ料理を作りたくなってしまった。出来ればそれを1人ではなく、好きな人と一緒に食べたい。 2019.01.19

六角精児「呑み鉄」の旅

六角精児「呑み鉄」の旅 六角精児

六角精児さんの鉄道好き、酒好き、旅好きな気持ちが詰まっている本。乗った鉄道、行った街、入ったラーメン屋さんや居酒屋さんで頼んだもの。六角さんが鉄道に乗って出会ったことや感じたことが滑らかに書かれています。そして六角さんの文章の力の抜け具合。「長時間列車に乗って飽きないか」と聞かれて「飽きてもいい」「飽きたら目を閉じて眠ってしまえばいい」なんて書いてしまったり。ですが、鉄道や場所の解説は細かくて分かりやすい。巻末のダーリンハニー吉川さんとの対談もお二人鉄道好きなんだなー、という感じで、最高。心地良い本です。

野鳥の呼び名事典 由来がわかる

野鳥の呼び名事典 由来がわかる 大橋弘一

鳥名の語源をその鳥の写真と解説とともに紹介した事典。主な鳥ということで、88種が載っている。写真やレイアウトがきれいで、事典というより図鑑的。普段見慣れた鳥の由来を知ることができた。

CHECK&STRIPE お気に入りをてづくりで

CHECK&STRIPE お気に入りをてづくりで CHECK&STRIPE

シンプルな服ばかりなので生地を変えれば違う表情の服になりそう。 型紙自体もシンプルで初心者でも作れると思います。 子供服も載っているので、親子お揃いで作るのも良さそうです。