中央公論新社の本

圓朝

圓朝 奥山景布子

演目がそれぞれの第になっているのは、うれしい。古典も最初は、新作だったのは、当たり前のようで、作者はすごいという事です。圓朝に目が離せない。

公家源氏ー王権を支えた名族

公家源氏ー王権を支えた名族 倉本一宏

源氏と言えば、武家の棟梁のイメージが強いが本来は臣籍降下であるから、公家である方が当たり前。では何故、武家の方が有名になったのか。この新書はそんな疑問をさらりと答え、公家で有名な源氏を丹念に描いていく。日本史でなかなか日が当たらない公家源氏を正面から捉えてた良書。

Icon user placeholder4fce670e 6049 4aa0 8bcb 05ec248d276f08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c
レナの約束

レナの約束 Gelissen, Rena Kornreich

生も死も絶望な状態とは、、、。アウシュヴィッツへ最初に収容されたレナの体験記です。大切な約束を胸に、奴隷として労働する日々。約束とは、未来を見据え前を向くことなのでしょう。その約束があったからこそ、妹のダンカと一緒だったからこそ、二人の姉妹は生き延びることが出来た。〝二人の手が触れ合う。生きていることを確認するにはこれで十分だ〟

味の散歩

味の散歩 秋山徳蔵

1956年の本ですが、今読んでも面白く楽しめます。

もぐら

もぐら 矢月秀作

もぐらシリーズ4作目(多分) ぶれない 読みいってしまう 今回はサイバー系の犯罪絡み

少年犯罪被害者遺族

少年犯罪被害者遺族 藤井誠二

2019年209冊目。赦すことが美しいこと、正しいこと。と当たり前のように思われてるけど、そんなのおかしい。 というはなしにすごく納得した。

菅原道真

菅原道真 滝川幸司

先日放映された、英雄たちの選択をみてから読むとより理解が深まりました。

おばちゃんたちのいるところ

おばちゃんたちのいるところ 松田青子

これを怪談と言っていいのか? 愉快でバイタリティーに溢れ真摯に『職務』に取り組む幽霊たち。死んでからもこの世に残り、生きている人達をそばからそっと支えている優しい人達。彼・彼女たちは生きていた頃よりもむしろ生き生きとしてるようだ。 死んでから分かることもあるかもしれない。 けれど、彼らは「生きなさい」そう背中を押してくれている気がする。 愉快で楽しい新しい形の怪談。

日本の地方議会

日本の地方議会 辻陽

今読んでますよ…。 (詳細は嫉暴露(ネタバレ)に伴う損害賠償の恐れが遭りますので、誠に勝手では遭りますが、控えさせて戴きます!けども…)やはりこの問題は(Caption(タイトル)は日本となっておりますけども、軍事、社会、共産という3つの独裁体勢を除いた)…議員報酬が無給(事実上のボランティア活動)のスイスを含めても、相当深刻な問題が遭りますね…。

洟をたらした神

洟をたらした神 吉野せい

生きていく話し。生きて、繁殖する、人間も動物の中の一種なんだ。リアルな生き物としての人間。

あの日に帰りたい

あの日に帰りたい 小路幸也

シリーズ2作目 捜査一課で優秀な刑事だった蓑島周平 妻のために雉子宮駐在所を希望して勤務している 田舎だから大きな事件はあまりないが 日々 村の人たちと楽しく暮らしている 駐在所では妻も警察官の夫の手伝いをすることになっていて もちろん守秘義務を共に守ることにもなっているのだけど 普通の警察署とかだと無いことだからちょっと不思議 昭和50年代の話だから携帯電話とか出てこないんだけどそれ以外の時代背景が出てこないから古臭くなくて読みやすいです

独学のススメ

独学のススメ 若宮正子

やっぱり「行動」しないと 何も始まらないんだなぁ 世間から注目されたのは 80歳過ぎてからだけど 著者はずっと興味のあることに チャレンジ=行動している できない言い訳ばかり探してちゃダメだわ まだまだ年齢半分の私だけど 勇気もらいましたわ

三の隣は五号室

三の隣は五号室 長嶋有

第一藤岡荘の五号室に住んだ人々の話。なにか起こる訳でもないのだが、部屋を通してみたドキュメンタリーのようで面白い。

Gqejsx n normal02c7ffb7 6b89 4439 9fab 43ed719d2445
月人壮士

月人壮士 澤田瞳子

あの怪僧、道鏡が人の良い聞き役になっているのが愉快。

7c1dc9c5 4e7b 4e9c b2da 83d8eaeda652Fb6e4b2d fd53 4079 9d49 7cbaa0d5dfd8427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b
持統天皇

持統天皇 瀧浪貞子

日本史史上最大の影響力を発揮した女性だと思います。よい勉強になりました。

魂の沃野(下)

魂の沃野(下) 北方謙三

面白かったけど勝ったその後は感があるのは私だけでしょうか?岳飛伝と同じパターンですね。

大御所 徳川家康

大御所 徳川家康 三鬼清一郎

この11年が上手く機能したのは、秀忠が忠実で素直な性格だったからだと感じました。

魂の沃野(上)

魂の沃野(上) 北方謙三

ありそうであまり読んだことがない、浄土真宗の独立国家へ移行する、戦国時代前期の加賀を舞台とした小説。目の付け所が流石です、。