中央公論社の本

真昼のプリニウス

真昼のプリニウス 池澤夏樹

生きる、という感覚と他者 生の実感を持てないものは 持つものに憧れる それを愛だ恋だと錯覚する 物語ることへの疑問 消費社会への根本的な嫌悪感と 人間の生のように熱い火山たち そして恋人 欠けていたピースが徐々に揃う 結末は書いてないけれど。

壬申の乱―天皇誕生の神話と史実

壬申の乱―天皇誕生の神話と史実 遠山美都男

応仁の乱って本が売れてるそうな。そう言えはわが郷里の乱についてはとおりいっぺんのことしか知らなかったな、ということで。 大化改新でお馴染み中大兄皇子こと天智天皇亡き後、跡目をめぐって天智の息子の大友王子と天智の弟と大海人皇子が争った古代最大の乱。天智天皇の都は大津にあったのだけど大海人皇子がいったん身を隠したのは吉野、そして最大の戦闘が行われたのは橿原の地、買った大海人皇子が天武天皇として即位したのが飛鳥というもろに地元であった戦争。こういう展開だったんだな、と思うと共に古代には渡来系含めこんなにいっぱい豪族がいたんだなと。壬申の乱のあおりで雌伏を強いられた藤原不比等の暗躍で貴族といえば藤原氏とその他、みたいになってしまったことを考えるとなんとも凄い奴だなと改めて。

月光のイドラ

月光のイドラ 野阿梓

所謂ボーイズラブの系譜である耽美小説なのですがサイバーパンク的なSF要素もあり、SM小説でもあり、ファンタジーといえばそれな気もします。 うつくしい少年二人が山奥の温泉地でイスラムの指導者だったものの痕跡をたどるにつれ亡命してきた指導者の後継、秘密警察、地元の名家だった、彼らをかつては助けていたもの、そんなものが絡んできてぐちゃぐちゃと混ぜ合わされた、極彩色のうつくしい悪夢といった感じでした。 とにかくなんというかけぶるような官能といった感じです。 エロではなくエロス。官能。耽美。仕草ひとつひとつ、情景ひとつひとつがとにかく官能的なのです。それでいって肉々しいわけではなく、石膏でできた裸体を眺めているような無機質さも感じます。 はじめの数ページを読んだときは長野まゆみ的な白昼夢のようなぼんやりした感じを覚えたのですがページを進めるにつれてああ全然別物だなと思います。 男性的、といいますか、女性にはあまり縁がない感じの雰囲気もありました。 官能と幻想の小説だと思います。ただどんな話?と言われるとうまく説明は出来ない……難解な話です。 2015.04.19

バビロンに帰る―ザ・スコット・フィッツジェラルド・ブック〈2〉

バビロンに帰る―ザ・スコット・フィッツジェラルド・ブック〈2〉 村上春樹

昔から好きな作家だし訳者だし、ほぼ全部読んでるはずだし再読するか、と思って手にとってみたらこれが未読の〜正確にいうと短編5編のうちいくつかが読んだ記憶のないもの〜作品集でなんか得した気分。短編と訳者である春樹さんのエッセイ、それに作者の「再発見」に貢献した文芸評論家の序文が収められている。「不躾なくらいに気前よく才能を撒き散らす作家」と訳者が言うとおり今読んでも古さを感じない作品ばかり。特にタイトル作は何度読んでも味わい深く素晴らしい。

0歳児がことばを獲得するとき―行動学からのアプローチ

0歳児がことばを獲得するとき―行動学からのアプローチ 正高信男

ヒトが言語を習得するのと引き換えに吐気反射を得たこと。 3ヶ月児が「あっ!これがおうむ返しってやつね!」と、ある日急に気が付くこと。 サルにも方言があること。 の3点が面白かった! ピアジェによる、乳児が外界の事物に客観性をもつ過程も興味深かった。 次に赤子を産むときがあったら私も研究したい。

D0800b5c 86aa 4017 8ab9 cd2e1d23195f2a83b852 93a3 4740 ac6c a4f492707a4b
雨森芳洲―元禄享保の国際人

雨森芳洲―元禄享保の国際人 上垣外憲一

対馬藩にいた、江戸時代の国際人。国の尊い卑しいは立派な人が多いか少ないか、国民の道徳の水準で決まる、また今栄えているからといって、いつ没落するかわからない。納得です。

ライダーズ・ハイ

ライダーズ・ハイ 山川健一

夏の陽ざしや、いきなり影の中に入った時の感覚や、雨の匂いや、湖におちる青い月の光や海の香り、夕焼けに染まった空や、なによりもタイヤが路面をたぐりよせる感覚や傾いて見える世界がおれを再び温かく迎えてくれた。

雪片曲線論

雪片曲線論 中沢新一

P39 太極拳がシミュレートしようとするタオの動きにも、メヴラーナ・ルーミーの霊感を受けて旋回しつづけるスーフィたちの舞いの動きにも、私たちは生成にせまろうとする流体的思考の現われを見つけることができる。

日本人の知恵

日本人の知恵 林屋辰三郎

なべ、アドバルーン、仲人などなど。四季にあわせて集められた日本ならではのものたちについて、信じられないくらいのぶ厚い語りがなされているこの本。 あたたかい語り口に触れたい時におすすめしたい一冊です。