中央公論社の本

日本人の知恵

日本人の知恵 林屋辰三郎

なべ、アドバルーン、仲人などなど。四季にあわせて集められた日本ならではのものたちについて、信じられないくらいのぶ厚い語りがなされているこの本。 あたたかい語り口に触れたい時におすすめしたい一冊です。

光る源氏の物語〈上〉

光る源氏の物語〈上〉 大野晋

源氏物語初級コースから中級者への橋渡しくらいの位置付けでいいのかな。源氏物語の深さとおもしろさにどっぷり浸れます。これはみんなに読んでほしいなあ。

細川幽斎

細川幽斎 細川護貞

文武両道に秀で尊敬される人だったんだろうなあ。

東海道戦争

東海道戦争 筒井康隆

エグい。表題作とても好きです。あと、たった一人生き残った人類と、マゾヒストに目覚めた鉄の塊の話も。

台湾―四百年の歴史と展望

台湾―四百年の歴史と展望 伊藤潔

支配され続けた台湾の歴史。報道される選挙戦が激しいのも民主主義の歴史がまだ浅いからなのではと感じました。

4e0673ed 493f 4e1c b735 2a38a3731eaf66a93fcb fedf 403a bb2d 31a5b5d5e9a9Ede4c6e6 5b4f 4dda 9f82 fab88f10fa91
0歳児がことばを獲得するとき―行動学からのアプローチ

0歳児がことばを獲得するとき―行動学からのアプローチ 正高信男

ヒトが言語を習得するのと引き換えに吐気反射を得たこと。 3ヶ月児が「あっ!これがおうむ返しってやつね!」と、ある日急に気が付くこと。 サルにも方言があること。 の3点が面白かった! ピアジェによる、乳児が外界の事物に客観性をもつ過程も興味深かった。 次に赤子を産むときがあったら私も研究したい。

B7e3f342 9242 4f8f b632 9933b043d0a75c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd66514ac8 9f5d 49d0 819d e8978ce3832d21617686 b69c 4920 ba25 bf1d3cab75ffD0800b5c 86aa 4017 8ab9 cd2e1d23195f2a83b852 93a3 4740 ac6c a4f492707a4b
ルパン三世 全8巻完結

ルパン三世 全8巻完結 モンキー・パンチ

アニメとは違い不二子的な美女など、登場人物が少し違った形で出てくるのが不思議で面白い。 日本のマンガじゃない雰囲気が漂ってる。

時の森殺人事件〈1〉

時の森殺人事件〈1〉 吉村達也

ヤバいです。面白すぎです。今まで読んでなかったのが、悔しい。続きが気になる!

日本の朝鮮文化 座談会

日本の朝鮮文化 座談会 司馬遼太郎

交流による日本にとって良の要素を紹介して、隣同士仲良くしようよと私は考えます。但し相手のある事ですが。

細雪

細雪 谷崎潤一郎

純文学と言われて身構えてしまうような私にもこの作品は入りやすく、なんとも言えない情緒感に浸る事ができました。今では味わう事のできない時代感をこの本で味わってください。

Icon user placeholderE7245062 a26c 4832 b620 d50414471cddIcon user placeholderD5a6691b adf0 419c 99c3 a82c187b6465Icon user placeholderC9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62acF6d87aa6 3579 41ba 95b0 873b70fa8305 17
プレゼント

プレゼント 若竹七海

葉村晶シリーズ。悪いうさぎの流れで読了、短編の為、読みやすいが1つ1つの事件に深みはあまりない。小林警部補のキャラクターは好き。

E014b6cb 83fe 4e54 93cc 355c9b858fe0306e3dda 70d7 4374 b3f1 ebb80b4b81d0E5ba1bc5 2ebe 418c afed 1fea8a3b42c8C0419d0f 39a6 49ce aaa9 74a1507140193e10e82a ae43 4aab 879f 7bf7e8378b2bD84b4b9d 16d7 4b8e 8a2d bf013fe2bd3750702c8b 7efc 4870 940b ebf85778d7f1 8
新選組始末記―新選組三部作

新選組始末記―新選組三部作 子母沢寛

有名な新選組始末記初めてよみました。昭和3年の作品。戦後のいろいろな新選組を扱った作品にも影響力大きかったのだろうと感じました。

C9fcca22 941a 4e45 ba8f 71d26d6500df41fb89ec ec7b 4c9d a66b 1124cf8a36d9