実業之日本社の本

彼方の友へ

彼方の友へ 伊吹有喜

学のない主人公が 大好きだった本を作っている出版社で働けることになり だんだん成長していく話 昭和の戦争時代 終戦の前の数年間は 本に対する検閲も厳しくなり 紙も少なくなり 空襲を受けたりと 大変な中 頑張って本を作り その努力、気持ちが「友」へと伝わっているんだと思う 長生きした主人公の元に届いたメッセージ 最後のご褒美でしょうか

73ab1136 eb9d 4d01 89f4 9009b127795eEd9a905c 01a3 4081 8aea 80999174d7fcBfc96147 7c97 436d 85a2 f074b228ca92A0c83aa7 024d 4bf8 b6a8 c554669d0e4dFcd78a68 5507 494c a56a b3dcf49699dbIcon user placeholderIcon user placeholder 10
崩れる脳を抱きしめて

崩れる脳を抱きしめて 知念実希人

療養型病院に臨床研修でやって来た碓氷蒼馬と入院患者の「弓狩環」の出会い それは2人にとって大切な時間だった 病院をも巻き込んだ大掛かりな嘘に気付いたから良かった もし気付かなかったら あのまま碓氷蒼馬は元の生活に戻って有名な教授のチームに入って 普通の生活を送ってたかもしれない それが幸せなのかどうかはわからないけど

Icon user placeholder18a729e2 09a7 428c a81d c8c13db9b1b0Icon user placeholder0a7bbab5 a8e7 4e57 a2a1 2a89ad4ac43fEac2ac38 0cbb 4294 b89d 9d5cef380ed4C46f6ec1 bfe8 4f7c 9808 a58fb15e4657Ad7e0cee 5d8b 4449 a183 c009cbf7c94c 47
信長・曹操殺人事件

信長・曹操殺人事件 風野真知雄

一気に読めました。ただ、アイディアの面白さで書き始めたものの、長編小説として仕上げることは難しかったようです。

運転、見合わせ中

運転、見合わせ中 畑野智美

短編連作。題名通り、運転見合せ中の時間の中でいろんな人を切り取って主人公にしていて飽きずに読める。

終電の神様

終電の神様 阿川大樹

緊急停止した電車の中のお話ではなく、それに関連した短編。縛りがゆるいので話は自由に展開されています。 謎や不思議のお話ではないです。表紙がライトっぽいのは、イメージと違うかなぁと。本の内容より気になってしまった。

2ec5687f 31b4 4a10 9fd8 9f5c6f2caba8Bcc94ef8 73a5 4f7c 94a8 b4ad5f30332b43817637 4803 4a4d 988f 18075934cfa8E61acb7b 4a32 4596 a300 a11cbdc9e587402af06e 0f60 48a2 814f 8c06842190a6121a33fe 3aeb 4bfe 83bd 7481eb1fe2c9F4ca47e6 4be3 4a65 934a 9aa505560dab 62
私の幽霊 ニーチェ女史の常識外事件簿

私の幽霊 ニーチェ女史の常識外事件簿 朱川湊人

6話からなる連作短編集 主人公と怪しき博物学者と人間豹と言われる女性とともに超常現象の謎を解き明かす話 「この世の中は今も未知の存在に満ちていて 人間の知っていることなんか 広い世界のほんの一部に過ぎない」という台詞に 頷ける自分がいました

マル暴甘糟

マル暴甘糟 今野敏

《任俠》シリーズのスピンオフ でも 阿岐本組の皆さん は一切出て来ない

64830e11 229a 45cf b9a6 188c833899ac9440ca99 c408 41f9 8f6c 6585664366ae337b229d 7084 41e9 8684 5e63adbc2ea2Icon user placeholder3e6d2ad8 fb13 4fc9 80ce 48e366b45e53
砂漠

砂漠 伊坂幸太郎

ワクワクしながら読めた。キャンパスライフを謳歌することが出来なかったわたしには眩しすぎた。 莞爾のお前たちみたいなのと仲間でいたかった、という台詞に胸がチクリとした。わたしもだ。

Ehldu2vs normal7d574782 709d 4e7e 877c 5b99bcb2cbd40eb87883 37d2 494b 90b0 787392bb685cIcon user placeholder7ac5e6eb d541 4717 89b4 dd077ce5e4fcE34c36cf 4c3f 4c0d 90d4 34d2aa6aac42Bcc94ef8 73a5 4f7c 94a8 b4ad5f30332b 45
あの子が結婚するなんて

あの子が結婚するなんて 五十嵐貴久

友人の結婚で ブライズメイドのオナーをやることになった主人公と 新郎側のアッシャーのオナーをやることになった新郎の従兄弟の話 日本の結婚式では あまり馴染みのないブライズメイドやアッシャーですが なかなか大変そうです 1年先の結婚式とかなら 準備に余裕があるだろうけど 本作は 式まで3か月という慌ただしさの中で 仕事をやりながらの作業だから ほんとに仲のいい友人じゃなければ 引き受けられない事だなと思います

Icon user placeholderBfe75e70 0dce 48ce 98f4 b7ec5eb9b91d0402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a007e4f6841 2bd6 4a4a a7e4 4f1cd15e4e5d014253d4 6080 4951 9119 24735184a696
幻屍症 インビジブル

幻屍症 インビジブル 周木律

孤島。殺人。閉鎖空間。 「幻視症」という力をもっていることをユタカは孤児院で、ひた隠しにしていた。ある事件がきっかけとなり園の噂「四忌」の秘密を探ることとなる。この島の謎と悲劇とは? ホラーではないかな。ミステリー。

675f6c8f 90bf 4d72 b8a5 5933c8ca84aa0ae2b6dd e217 4880 8508 2f16c668ccf7
大仏男

大仏男 原宏一

2018/11 読了 M-1ネタではないですが(^.^) とんでもない展開ですが、カナちゃんの成長譚です。やはり、この人、面白い。

退職歓奨

退職歓奨 江上剛

スッキリするストーリーが多く、読みやすかった。著者の作品は、短編より長編が好きだな、と思った。

読まずに死ねない世界の名詩50編

読まずに死ねない世界の名詩50編 小沢章友

詩を意識したのは映画「インターステラー」のディラン・トマスあたりだろうか。80年代に中学、高校、浪人、大学を過ごした身としては「詩=カッコ悪いもの」というイメージを持っていた(路上で自作の詩集を売るヒッピーのイメージ)が、何かしらのレビューをしたり、世界を伝えようとするときに具体性を伴わない一撃で伝えたい気持ちに、ああ自分は詩人になりたかったんだな、と体がガタがきはじめる年齢で思いはじめる。いや、それこそrage rage rageでいいんだけれども。今年見た「パターソン」にもぶん殴られたね。この書籍は東大駒場の生協で見つけた。ディラン・トマスはないけれども、くらっとくる詩篇は人生に必要だ。

Icon user placeholder933b0eef 7e1c 46c9 b350 04bb7f8335ac3bdd9fe2 4cf5 4c23 97bd 8dc3a486278d15fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21cIcon user placeholderBda1741c f392 4bc0 8d28 e1e8336ba5d3D5b080e2 aea2 4e56 81e7 e2f570162621 15
オモライくん―完全版

オモライくん―完全版 永井豪とダイナミックプロ

「イヤハヤ南友」にゲスト出演していたオモライくん。全体的に凄い話ばかりなんですけど、最後がちょっといいかな。 絶対アニメ化しない漫画(笑)