岩波書店の本

女帝のロシア

女帝のロシア 小野理子

日本の歴史にはエカテリーナ2世のようなたくましい女帝は産まれないですね。個人の資質なのか国柄のかはわかりません、。

西園寺公望

西園寺公望 岩井忠熊

公家だから明治で活躍できたのかと思っていましたが、勤勉で苦労されかつ優秀な方だったとその半生を初めて知りました。

20世紀ラテンアメリカ短篇選

20世紀ラテンアメリカ短篇選 野谷文昭

大昔、ガルシア・マルケスが流行った頃に案の定ハマってそれ以来ラテンアメリカの文学はずっと気になっていて定期的に手にとって見るのだけども短編は読んだことはあまりないな、と思ったので手にとって見た。収録されている作家は16名。お恥ずかしながら知ってる作家はイサベル・アジェンデ、バルガス=リョサ、ガルシア・マルケスの三人だけだった…。なんとなくラテンアメリカの文学には凄く洗練されている部分と野生というか野蛮というか凄く暴力的な部分と土着の伝統みたいなものとが混ざっりあっていてそこが好きなのだけどうまくそれらがバランス取れている作品もあれば、どこか一箇所が突出していてそれが面白いのもあれば、ちょっと前衛過ぎてこれは??みたいなのもありこういうアンソロジーの醍醐味だなと。やはりラテンアメリカ文学、面白い。

136aee2f 5d52 40ac a350 633a63075b50C9c3940b 7ba5 4fb1 ad36 c879a05d3fbbB34cac5a 01ca 4493 95e7 bee2a969a01e
原発のコスト

原発のコスト 大島堅一

原子炉格納容器の圧力を下げるためにガスを外に逃がしたが、逃がしてなかったらどうなっていたのか?原発震災。福島県内の学校は平常時の1ミリシーベルトの20倍でも開校した。国がそう判断した。賠償を払うのは東京電力。額は東京電力と被害者との間での合意。それを迅速に行わせるために原子力損害賠償紛争審査会により、指針が進められた。原発事業者には、無過失責任が課される。 第1条、原子力事業の健全な発達に資する事をもくてきとする。一見俺らからすると東日本大震災は三条の異常に巨大な天才地変だと思うが、政府的な解釈としては一般的に日本の歴史上例の見られない津波という判断である。損害賠償の保証と国と保証契約。

鳥肉以上,鳥学未満.

鳥肉以上,鳥学未満. 川上和人

鳥類学者だからといって〜のふざけ具合を100川上とすると、65川上くらい。ただし読んでいて笑みが深まるし不意打ちで笑わせてくるので、電車で読んで読んでいると非常にニコニコした人おるなという目で見られる。

独ソ戦 絶滅戦争の惨禍

独ソ戦 絶滅戦争の惨禍 大木毅

ヒトラーとスターリン、2人の独裁者の激突。 その結末は人類史上最大の悲劇となった。 少なくとも第二次大戦における日米の激突は、帝国主義の膨張が太平洋でぶつかったある意味必然の戦争であり、利害の衝突でもあった。すなわち従来の戦争の域を脱していない、語弊はあるが「正常な」戦争でもあった。 だが独ソ戦においては、そもそもの戦争の意義、目的を超越し、人類の積み重ねてきた業が最も醜悪な形で噴出した戦争と言えるのではないだろうか。 スターリンが言ったとされる、「1人の死は悲劇だが、100万人の死は統計に過ぎない」というフレーズを地で行くような、あまりに悲惨で直視できない出来事ではある。 この戦争を知らずして、戦争と平和を語ってはいけないと思わされる。平和という言葉は本当に重い。現代の日本人はその重みを知らなすぎる。今の平和が、何千万という数の死体の上に成り立っている平和であるということを知るべきだ。 熱くなってしまいましたが、本書は独ソ戦について知るには最適の入門書だと思います。

0b0fe38f 579a 4952 bd4f 5d5737d9c1aeIcon user placeholder60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835F594472c 0b62 423f b639 a20c06a365b6494ebd0f ba2c 4ef0 89df d2e0b5e9ecef1ee74e27 23aa 42e3 8787 1620f1c712cb
マーラーと世紀末ウィーン

マーラーと世紀末ウィーン 渡辺裕

トーマス・マンの小説「ベニスに死す」をヴィスコンティが映画にし、ライトモチーフに使用したのが、マーラーの第五交響曲、第四楽章「アダージェット」。多くの人と同じように、この映画がマーラーとの出会いになった。

子どもたち 曠野 : 他十篇

子どもたち 曠野 : 他十篇 Chekhov, Anton Pavlovich

チェーホフの創作上の転換点となった「曠野」が出た当時の作家ガルシンの言葉、「ロシア文学にはこういう言葉、生活、率直さの見られる傑作はこれまでなかった。」チェーホフの詩情あふれる美しさに魅入られたという。

ウイタ・セクスアリス

ウイタ・セクスアリス 森鴎外

友人から借りたもの。鷗外は得意ではないが、今回読んでもやっぱり得意ではない。読み方が間違っているのかとは思うが、感情や物語の起伏というものを期待するものではないかと。僕はただ鷗外書いた私小説として捉えている