平凡社の本

銀座にはなぜ超高層ビルがないのか: まちがつくった地域のルール

銀座にはなぜ超高層ビルがないのか: まちがつくった地域のルール 竹沢えり子

「GINZA SIX」の計画の背景には何があったのか。銀座街づくり会議・銀座デザイン協議会事務局長を務める著者が、会議の設立と、地区計画の改正の経緯を書いた本。 きっとどの地域にでもあるそれぞれの「らしさ」というものを、どのように認識・共有するか。「らしい」ものを安易に主導するのでなく、「らしくない」ものを弾くことによって結果的に「らしい」ものができる、という考え方は面白いなと思った。 -- memo ■小林一三(1873-1957):日露戦争後に大阪に出て、鉄道を起点とした都市開発、流通事業を一体的に進め、六甲山麓の高級住宅地、温泉、遊園地、野球場、学校法人関西学院等の高等教育機関の沿線誘致など、日本最初の田園都市構想実現と共に、それらを電鉄に連動させ相乗効果を上げる私鉄経営モデルの原型を独自に作り上げた。 ■芦原義信(1918-2003):建築家。ソニービル、東京芸術劇場などの作品で知られる。また『街並みの美学』で(戦後日本では)いち早く都市景観の重要性を述べた。 ■蓑原敬(1933-):住宅局、都市局で政策立案に従事。茨城県の住宅課長、都市計画課長として現場を経験。1985年住宅局住宅建設課長で退官。1989年㈱蓑原計画事務所を設立、主宰。2004年、都市計画と住宅政策を結びつけた業績により都市計画学会石川賞を受賞。 ■西村幸夫(1952-):専門は都市計画、都市保全計画、都市景観計画など。主な著書に『西村幸夫 風景論ノート』『都市保全計画』『西村幸夫 都市論ノート』『環境保全と景観創造』『町並みまちづくり物語』『歴史を生かしたまちづくり』など。

3bfa8377 8b42 41b2 b274 6714ef37d8ae174636fc 64b0 4154 8e1f 24126c9a62f747e08e49 e5c0 4a11 90c6 db62baeca62a
寺山修司幻想劇集

寺山修司幻想劇集 寺山修司

後にも先にも並ぶものなき天才寺山修司。ト書きが文学的過ぎて台本であることを忘れてしまう。「平手打ちのように暗転」など細部まで比喩によるイメージの共有を怠らない。今の時代にもここまで実験的な演劇をしている人はいないんじゃないか。

5cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2Icon user placeholder
カラー版 東京凸凹地形散歩

カラー版 東京凸凹地形散歩 今尾恵介

「太陽の地図帖 東京凸凹地形案内」シリーズの中から著者が書いた解説文を大幅に加筆修正。砂町・東陽町の東京ゼロメートル地帯をビジュアルで再確認!東西線南砂町から葛西方面に向けて地上に出る車窓から川面より低い土地を見たときこりゃ相当だなと思っていたがデジタル標高地形図で可視化されることで よりわかりやすくなった。

果てしのない世界め

果てしのない世界め 少年アヤ

漢字とひらがなのバランスが良い感じだった気がする。 内容は特別良い感じではなかった気がする。

D30db78e dbba 401a 96e1 6b00f9212d8eBe809b6e 505c 4e54 b016 ae16e392dc120959a163 82d6 40fb 98be e921686f5b3422322742 0fb9 47b8 99c1 98207a0d04d128174e86 c8e7 4733 a2dc a2e2ed635decEe4fa3ce c592 4fde 9911 df06c8457b0f0afc5c62 11c6 40c9 9ca9 cbcb848a43c0 8
青春短歌大学

青春短歌大学 秦恒平

表紙より 木に花咲き( )わが妻とならむ日の四月なかなか遠くもあるかな 前田夕暮 虫食い箇所へ、必ず漢字一字を埋めさせる。クイズのようであるが、それだけではない。その時学生諸君は歌人となり詩人となり、詩歌の世界を想像し理解し解釈して、まさに創作しなければならない。

稲垣足穂 飛行機の黄昏

稲垣足穂 飛行機の黄昏 稲垣足穂

平凡社のスタンダードブック。第2期の刊行が始まった。いきなりタルホ。そして、もう次が出ている。早い。このシリーズは全部当たり。久々にコンプリートしたい本達だ。

男と女の台所

男と女の台所 大平一枝

台所や料理を通して見る様々な人の生き方、暮らしみたいな本。 たしかにリビングや寝室より、台所はかなり如実にそこの住人の暮らしが反映する、反映してしまう場所だなと思う。 最後のフランス人がらみの2人の話が印象に残っている。

81b325a4 3128 49d4 b65f 14c97e51ba579dd1b988 517b 4f84 9c73 550d4205f3ed705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c53880908b 3c3f 4c07 ab15 4efd38d6c5a86f1b6118 99e3 4ecd 8f52 024a284c23aa
魯庵随筆 読書放浪

魯庵随筆 読書放浪 内田魯庵

生後一ヶ月にして上野戦争の銃弾を浴びた魯庵にとって、銀座はモダーンな気になる街である反面、「薄つぺら」な街でもあったようです。読書とは最新の時代に触れるためのもの、古書を珍重するは死んだ読書と書く一方で、「古きを生命とする」集古会の面々と古書に耽溺しています。最新の街並みや書籍も楽しみつつ、その浅さも見通し、江戸文化との行き来を意識的にしているスタイルに共感を覚えます。せっかく本を読むのだから現代にも過去にもとどまりたくはないな。「東西愛書趣味の比較」は古今東西ペルシャにまで及ぶメディア史で圧巻。

もう、ビニール傘は買わない。

もう、ビニール傘は買わない。 大平一枝

生活全般において、出すより引くことのほうが大切、という時代になり始めているが、引く前に、今あるものを百パーセント使いこなすということを、空気を吸うようにできたら、わざわざ捨てることに神経を使わなくても、ずいぶん暮らしはスッキリするんじゃないか。 うんうん、と、心の奥で頷きたくなる言葉。 著者が、試行錯誤しながら実践する丁寧な暮らし。そのノウハウが書かれるだけでなく、そんな、ふとした人生や暮らしへの思いも綴られていて、こんな生活をしたい!というよりも、こんな気持ちで生きていかれたら…と、大平さんの実践することをマネしたくなります。簡単でおいしい出汁の取り方、梅のお仕事…さっそく!

Fd66c2b1 2c02 46f2 acf5 d96effd4729e5aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5beIcon user placeholderFbe8c3d7 7a51 465c 9ef3 296d8e9f54efIcon user placeholderA9b1d7d9 5701 45cf 84e1 8d75a036696d53faee56 087c 4df2 bf35 2817db8d08e2 28
旅する絵描き

旅する絵描き 伊勢英子

絵本”ルリユールおじさん”の作者伊勢英子さんが、パリでルリユール(本の修復士)の仕事に出会い、その仕事ぶりや生きざまに惹かれていく様を、手紙形式で綴っています。 絵本のエスキスが収められていて、本文とあわせて、絵本が出来上がっていくまでの過程を垣間見ることができて楽しかった。

Cf2f2b28 0681 4f12 9f2c 6af3bf71ffa6014253d4 6080 4951 9119 24735184a696
物は言いよう

物は言いよう 斎藤美奈子

当時の著名人の発言や雑誌の一文など、FC(フェミコード)に照らし合わせてチェックしていく。 「当たり前、こんなこと言っちゃだめ」と思うものから「これは別に、構わないんじゃ」と思うものまで…しかしそれも斎藤美奈子氏の鋭い視点なのだとおもう。そういう見方もあるのかー、と思わされた一冊。

世界植物記: アフリカ・南アメリカ編

世界植物記: アフリカ・南アメリカ編 木原浩

エッセイか写真集かカテゴリに迷う本です。写真がメインなので写真集かな。 タイトルの通り、アフリカ、南アメリカを旅して、そこに生きている私達には馴染みのない植物を撮影した、写真がメインの植物本です。 本のサイズが大きいので写真も大きくて見やすいです。植物を美しく撮影した美術本というよりは、過酷な場所に生きている植物をありのままに撮ったような感じでした。それでも形、生き方、生えかたなどがとにかくかわった植物が沢山見られて見応えは抜群です。 エッセイの分類に入れようと思ったのは、本のなかに植物の分類だけではなく、写真家さんの生々しい苦労や興奮が書かれていたからです。旅日記のようで大変楽しく読めました。 写真と相まって、こんなところが地球にはあるのだ……このひとはそこを旅したのだなあという感慨が浮かびます。 今後、アフリカ南アメリカだけではなく別の地域の本も出るといいなと思います。 2015.12.08