技術評論社の本

Evernoteとアナログノートによる ハイブリッド発想術

Evernoteとアナログノートによる ハイブリッド発想術 倉下忠憲

Evernoteの文字が書かれていたので読み始めたのだが、最初の方に発想力と言うか頭を柔らかくしてメモを取る・・・のような事が書かれていて当初とは違う意味で興味を持ちながら読んでいる途中。 7月3日 読み終えて Evernoteの章で書かれていることは既に知っている内容だった。 ただ「アイデアの出し方」「発想」は学ぶべき事が多かった。 Evernoteの参考書的に読むと「エッ?」て感じになる。

勘違いをなくせば、あなたのホームページはうまくいく ~成果を上げるWeb制作・ネット集客・販促戦略の心構え

勘違いをなくせば、あなたのホームページはうまくいく ~成果を上げるWeb制作・ネット集客・販促戦略の心構え 中山陽平

珍しいぐらいに読みにくい本だった。 作者の思想が強すぎる。 技術系の本なら自己主張よりも、もっと読者の執務に役に立つように内容を書いてほしいな。 本を書くんだら、言いたいことが沢山あるのは分かるけど、なんか演説を押し付けられているような本だった。

エレンの宇宙

エレンの宇宙 羽馬有紗

1つの電子であるエレンが主人公 エレンの目線で宇宙の出来上がりから仕組みまで子供にもわかりやすい言葉と絵で描かれている 量子が何個で電荷がなんとかかんとか、理数系の苦手な自分には文字の意味というより文字自体を目で追っているだけという事態に陥ってしまったが、絵がかわいくてそれをみてなんとか理解した気になった。

エンジニアリング組織論への招待 ~不確実性に向き合う思考と組織のリファクタリング

エンジニアリング組織論への招待 ~不確実性に向き合う思考と組織のリファクタリング 広木大地

エンジニアリングとは何か、という個人に属する問いから、メンター・メンティー、開発チーム、技術組織、と徐々に関わる人数の大きいテーマを扱っていく章構成が素晴らしい。通読すると自分が今どのフェーズにいるのかに依らず体系的にエンジニアリング組織を理解できる。 不確実性の削減としてのエンジニアリング、他者の行動変化を促すメンタリング、複数人チームでのアジャイル開発、技術組織の構成の影響を受けるシステムと技術的負債、などなど。エンジニアを続けていく上で向き合うことになる課題を先んじて知ることが出来る良書。

D1d82de1 fa95 4b2b 9b94 bf8c07785f863f814e44 b25a 4a9b 8283 9feba6cb60ac6ff329f9 13e0 4dee 836a a5ef20a1de8d2a39216d 6f0d 48fa 87bf afdf0adad5a9B81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f4A8188f4b 7bb3 4e50 aa64 1c0fa835cfae943447b6 8534 4705 b5ca 5a4fd5a23212 10