新紀元社の本

死体埋め部の悔恨と青春

死体埋め部の悔恨と青春 斜線堂 有紀/とろっち

作品ジャンルはミステリー。 けれどこの本の芯は、お互いへの感情が大きすぎて望む結末を選べない、そんな共犯者二人の捻れた青春。 バディ物に近いけれど、より純粋で自分勝手な感情をお互いに抱いているが故のどうにもならない関係性が良い。

武器と防具

武器と防具 戸田藤成

日本の武具についての本。いわゆる日本刀に限らず、槍や火縄銃、鎖鎌や忍具についても言及があるのが面白い。

武器屋

武器屋 Truth In Fantasy 編集部

読み手は「武器屋」を訪れた「客」というテイで話は進みます。武器屋の店主が客に語り掛ける文調で進むので、堅苦しく説明されるよりは読みやすいと思いました。紹介される武器は、人間史において活躍してきた実際のものばかりです。

武器事典

武器事典 市川定春

人間の想像力は、並外れているのを見せつけてくれる本。刀剣、短剣など大きな種類から、製作された時代、語源等、仔細説明されているところがスゴイです。