日本経済新聞出版社の本

男子校という選択

男子校という選択 おおたとしまさ

2018/01/30 読了 書店で表を向けて置いてあったので購入したけど、古いやん。でも、内容は興味深いものだった。 たしかに、東大合格者の高校一覧では、男子校が多いね。勉強だけでなく、バカできるのも男子校だからこそ!

仕事力を高めるデジタル文章術

仕事力を高めるデジタル文章術 河口鴻三

やはり音声入力がらみで借りてきて読んだのだが、「パソコンを使用する教育」は自分の仕事のテリトリーであり、前半パートでの「日本語入力メソッドは変換をともなう」という捉え方は当たり前だけど考えてみる、もしくはすでにスマホを先に手にしている世代も捉え直してみるとその後の思考とアウトプットの関係について考えるきっかけになるのではないか、そんなことを考えました。大学一年の今頃に一度目を通すとよいかも。

リクルートの すごい構“創"力 アイデアを事業に仕上げる9メソッド

リクルートの すごい構“創"力 アイデアを事業に仕上げる9メソッド 杉田浩章

リクルートはなぜ新規事業を継続的に生み出すことができているのか。その答えを垣間見ることができる一冊。事業の3つのステージと9つのメソッドで実例を交えて解説されています。会社で新規事業を考えてる方のみならず、停滞気味の日本経済の中では多くのビジネスパーソンに必要な本ではないでしょうか。

22714255 b699 44ea 8078 aba41dd0ef7469441b43 2f95 4b7b 8fe5 3701d9db86bbF177721c 632e 4d15 ba0f d7e7df0ef864D418947f 7a7a 4e55 8279 91805e9cda40B01338ed bc78 4051 a116 ffebfc3e0aacIcon user placeholderBf87b39f 56fb 4ac5 8692 7ed712b15c24 10
「3人で5人分」の成果を上げる仕事術

「3人で5人分」の成果を上げる仕事術 小室淑恵

150804読了。 人口減少時代の今、夫婦共働き家庭が専業主婦家庭の割合を上回った。それでも労働力不足の故、如何に短時間で効率を高めるかがポイント。 「長時間頑張る姿」を評価する時代ではなく、短時間で如何に効率よく成果が出せるかが問われている。 そのためには、優秀な職員の個人能力に期待するより、組織力で勝負出来る事が求められる。 組織内の業務内容や進捗状況を共有・可視化することによって全員野球が可能となる。ヒーローやヒロインは不要な時代。

その「記者会見」間違ってます!―「危機管理広報」の実際

その「記者会見」間違ってます!―「危機管理広報」の実際 中島茂

160127読了。 1.不祥事会見時の三要素 ①誠意を込めた謝罪 ②迅速な原因究明 ③再発防止の約束(対応) 2.市民が最も期待することは、「原因究明とその開示」。ある調査では96.8%を占めたとの由。他方、トップの辞任は4.9%に過ぎないとのこと。 失敗は誰にでもあることだからこそ、その後の対応が世間の評価を左右する。

やさしい行動経済学

やさしい行動経済学 日本経済新聞社

坂本達哉先生が授業で推薦してくれた本です。 わかりやすく書いてくれましたが、(特に経済思想に関わるところを)本当に理解するには、ゆっくり時間をかける必要があると思います。 本の内容はもちろん、考えること自体も非常に面白いです。経済学に対する知的好奇心を引出せる一冊だと思います。

E101218d 49a2 40ac 8c3e ea9f80c66afd6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c014253d4 6080 4951 9119 24735184a6969a042a3b c765 497d a396 72617cab0e55
エネルギー産業の2050年 Utility3.0へのゲームチェンジ

エネルギー産業の2050年 Utility3.0へのゲームチェンジ 竹内純子

エネルギー産業もゲームチェンジして変革される。 IoTやブロックチェーン、そして利活用によって。 言われれば当たり前だが、ガソリンも電気も同じエネルギー、クルマが稼働時間が少ないからカーシェアが普及するのと同じく、家電製品も利活用モデルになってもおかしくない。 そういった発想は面白い。

あの会社はこうして潰れた

あの会社はこうして潰れた 帝国データバンク情報部藤森徹

会社の倒産。他人事と思ってはいないだろうか? 「対岸の火事」という言葉があるが、あなたの会社は大丈夫と言い切れるだろうか。 この本は帝国データバンクの調査マンが記した本である。 高齢化が進み4人に1人が65歳以上と言われる日本で老人ホームや病院が倒産するケースが後を絶たないのは何故? 見込違いの倒産から、詐欺まで様々な理由で会社は負のスパイラルに飲み込まれて行く。

Bd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09b825d85f6 07ab 462b 8b77 3b021b87df01Icon user placeholderIcon user placeholderE62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cD9806298 18c8 4c32 854b c66d14090aa1 17
成功する人は偶然を味方にする 運と成功の経済学

成功する人は偶然を味方にする 運と成功の経済学 ロバート・H・フランク

読了。スピリチュアルな本ではなく「累進消費税」を提唱する経済学者の「ひとり勝ち市場」(ウィナーテイクオール)における努力才能ではなく「運」要素への自覚と「運」コントロールの必要性展開。個人でできることについてもヒントとして述べている。

A9504c83 10b8 4512 a256 3f075c9db531363ca147 c85d 4537 8c67 2bc03e728c7c