日本経済新聞出版社の本

男子校という選択

男子校という選択 おおたとしまさ

2018/01/30 読了 書店で表を向けて置いてあったので購入したけど、古いやん。でも、内容は興味深いものだった。 たしかに、東大合格者の高校一覧では、男子校が多いね。勉強だけでなく、バカできるのも男子校だからこそ!

エネルギー産業の2050年 Utility3.0へのゲームチェンジ

エネルギー産業の2050年 Utility3.0へのゲームチェンジ 竹内純子

エネルギー産業もゲームチェンジして変革される。 IoTやブロックチェーン、そして利活用によって。 言われれば当たり前だが、ガソリンも電気も同じエネルギー、クルマが稼働時間が少ないからカーシェアが普及するのと同じく、家電製品も利活用モデルになってもおかしくない。 そういった発想は面白い。

「3人で5人分」の成果を上げる仕事術

「3人で5人分」の成果を上げる仕事術 小室淑恵

150804読了。 人口減少時代の今、夫婦共働き家庭が専業主婦家庭の割合を上回った。それでも労働力不足の故、如何に短時間で効率を高めるかがポイント。 「長時間頑張る姿」を評価する時代ではなく、短時間で如何に効率よく成果が出せるかが問われている。 そのためには、優秀な職員の個人能力に期待するより、組織力で勝負出来る事が求められる。 組織内の業務内容や進捗状況を共有・可視化することによって全員野球が可能となる。ヒーローやヒロインは不要な時代。

企画者は3度たくらむ

企画者は3度たくらむ 梅田悟司

企画を「考える」ではなく、「たくらむ」。 企画を考えるときは、友人の誕生日パーティーのサプライズを考えるように考えればいい。 企画の「たくらみ方」が学べます。

6a0cf6d1 4250 4395 868e 3818242048a5971acd02 98d2 46cf a93e 2e11117ac857
やさしい行動経済学

やさしい行動経済学 日本経済新聞社

坂本達哉先生が授業で推薦してくれた本です。 わかりやすく書いてくれましたが、(特に経済思想に関わるところを)本当に理解するには、ゆっくり時間をかける必要があると思います。 本の内容はもちろん、考えること自体も非常に面白いです。経済学に対する知的好奇心を引出せる一冊だと思います。

6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218cE101218d 49a2 40ac 8c3e ea9f80c66afd014253d4 6080 4951 9119 24735184a6969a042a3b c765 497d a396 72617cab0e55
森へ行きましょう

森へ行きましょう 川上弘美

読みごたえがありました。こちらの世界からあちらの世界を読ませる川上弘美2017だった。

264a8fab 7250 42c0 957b 5d25256b89e4F37a7b3a 68ca 4679 820d be410780daf9F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113Afdf2081 397e 4dbf 9df5 94a1677ae001C6babf18 4a1d 4470 91fe 0ebd639a94d0Aeb0149f 2241 4034 8ca1 ca68432bd9a856a03690 63b8 4975 853f fac13092849b 9
あの会社はこうして潰れた

あの会社はこうして潰れた 帝国データバンク情報部藤森徹

会社の倒産。他人事と思ってはいないだろうか? 「対岸の火事」という言葉があるが、あなたの会社は大丈夫と言い切れるだろうか。 この本は帝国データバンクの調査マンが記した本である。 高齢化が進み4人に1人が65歳以上と言われる日本で老人ホームや病院が倒産するケースが後を絶たないのは何故? 見込違いの倒産から、詐欺まで様々な理由で会社は負のスパイラルに飲み込まれて行く。

825d85f6 07ab 462b 8b77 3b021b87df01Icon user placeholderIcon user placeholderE62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cD9806298 18c8 4c32 854b c66d14090aa1B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5 16
成功する人は偶然を味方にする 運と成功の経済学

成功する人は偶然を味方にする 運と成功の経済学 ロバート・H・フランク

読了。スピリチュアルな本ではなく「累進消費税」を提唱する経済学者の「ひとり勝ち市場」(ウィナーテイクオール)における努力才能ではなく「運」要素への自覚と「運」コントロールの必要性展開。個人でできることについてもヒントとして述べている。

L70を狙え! 70歳以上の女性が消費の主役になる

L70を狙え! 70歳以上の女性が消費の主役になる 吉本佳生

高齢化社会に対する流通・マーケティングの考え方で、同意できる部分もあるが、今の50代、60代が70代になった時の前提が今現在の市況とはなっているのでもう少し深い考察がほしい。ただ、いずれにしても2035年問題は大きな問題なので、我々企業人もターゲッティングを見直さなければいけない。