朝日新聞出版の本

自分の言葉で語る技術

自分の言葉で語る技術 川上徹也

実はとあるところから寄稿文の依頼があって、 公なモノに文章を書くなんて生まれてはじめてだったので、 引き受けたのはいいものの、 緊張と不安でいっぱいになり、 藁にすがる思いで読みました。 物書きを生業にしている人はどうかわからないのだけど、 元々「書きたいこと」というのがあまりなく、 あってもTwitterのように短い文章しか書けなくて、 どこかよそよそしい、「借り物の言葉」みたいなのになって、 しかも字数が余りに余って恐怖でした。 けれどこの本を読み進めたら、 とても背中を押された気持ちになり、 無事に書き上げることができました。

5fa91bb1 108f 46fa aa1d a6aae660f9a187bacdb6 1d88 4f39 8eca 96448242628b1e0b404c 5d64 43ce b2e3 c786d82b320f
産声のない天使たち

産声のない天使たち 深澤友紀

いま自分が当たり前に生きている奇跡、産んでくれた両親への感謝を思い出させてくれました。 世の中には深い悲しみを抱きながら生活している人がいることを忘れてはいけないと思いました。

C33c1e51 bba5 4cfe b834 3624c7f452c36c56af2d c95e 4957 b9cf 6b7ed093c6c86603f993 76fc 4a32 b727 770c596558d178928545 d472 4d34 9a1f af5643cd7271Ff3bda69 7b4f 4718 b4d0 19ab36a29788Icon user placeholder9adb43fd d35d 48d1 877b ba853b5f6276 16
南北朝 日本史上初の全国的大乱の幕開け

南北朝 日本史上初の全国的大乱の幕開け 林屋辰三郎

その昔、祖父母の家が吉野にあって南北朝のことを習った時に「昔のこととはいえ一日あれば京都から吉野まで来られるだろうにこんなすぐのところに逃げただけの南朝になんであんなに手こずったのかな」と思ってからずっと興味があって。名著と言われている本作が復刊されていたので読んでみました。少々古く、また新書にありがちな軽さはあるものの南北朝対立に至る変遷を特定人物を中心に語っていくことで対立と紛争長期化の原因を分かりやすく解説してくれていてなかなか良かった。

死なせない屋

死なせない屋 七尾与史

「死亡フラグがたちました」の伝説の殺し屋が出てきたり、七尾さんファンにはたまらない一冊でした。

論破力

論破力 ヒロユキ

議論は事実の材料を持ってるかどうかで優劣が決まる。あとは議論の戦術を相手に合わせるのがいい方法。

Icon user placeholderIcon user placeholder6bb06d30 3e14 42e6 bed6 45adc97f7d06Icon user placeholderF317a545 3066 4635 9024 5f2997919d78F7762efa c8bc 4418 9c95 e89d97594213Icon user placeholder 37
国宝 (下) 花道篇

国宝 (下) 花道篇 吉田修一

全てを捧げるということは、全てなんだろう。だんだん喜久雄に形が無くなっていくようだった。 芝居にかける情熱は、赤く燃え上がり、青くかがやき、白く発光していく。 演台で語る語り部の長い話を聞き終えた気分だ。 最後にチョン!と拍子木が聞こえた。拍手は三代目に。

Aa6ee617 096b 475d 9630 7cd5abb3890cEcc9c7f3 65a4 449d 977a 76162a9b47942c7056ac 418a 49d4 bb19 db6aab51bb2b
獅子頭

獅子頭 楊逸(ヤンイー)

この話は、中国の田舎出身の人を騙す話なのか? でも、なんか、ユーモラスで、美味しそうな食べ物が沢山出てきて、不思議な良い読者感の残る本だったな

国宝 (上) 青春篇

国宝 (上) 青春篇 吉田修一

活弁士が語ってくれるような、喜久雄の青春時代。映画のコマが流れるように、芸の道を懸命に生きる若者達の姿を映します。

De983aae 7f9c 4e1c 99ad 001d29ce84934b0c5241 80a2 472e b848 f6014e0eb756Aa6ee617 096b 475d 9630 7cd5abb3890c1a752b5d 37d6 4b20 9e65 97c7054e62c7F70eca95 2013 4a38 aa88 170ef7168a412c7056ac 418a 49d4 bb19 db6aab51bb2bIcon user placeholder 9
天才はあきらめた

天才はあきらめた 山里亮太

「山里亮太は天才だ。」 と世に知らしめるために書いた本だろうが!! と、言うために読んだが、やはり、山里亮太という人は天才だった。良い意味で。 天才というのが所謂「完璧な人」という意味で使われるのであれば彼はそういった類の「模範的な天才」ではない。 否、テレビや劇場の彼を見て分かる通り、彼の揚げ足取りや人の悪口に関する類い稀なワードセンスにはある種狂気的なまでの才を感じるし、それは天才の素養とも言わざるを得ないのだが、 しかし彼の天才たる真髄は、 他人の才能に嫉妬の炎を激しく燃やし、それを燃料にひたすら走り続ける。という最強かつ唯一無二の才を備えているという点である。 この本にはそのことがたっぷりと書かれているが、こんなことができるのはこの男だけであろうと思う。 天才と狂人は紙一重という言葉がある。 常識人な所を見ると、やはり狂人とは言い難い。 悔しいが、やはり山ちゃんは天才だ。 本にこんなタイトルを付けるあたり… 本当にタチが悪い。 だが私は、彼の才を愛して止まない。 だからこれからもその才を遺憾なく発揮し、周囲から嫌悪感を抱かれ、そしてまたそれを糧に大活躍してもらいたい。 なんてエコな人だろう。 応援してます。

C679b118 7132 4af8 91da 063ee59d4621E41b9398 eaca 4dd6 9b3c ccc07991c8f8Da825555 b32d 41bf 8dfb c9cc0e6f743cE1bcb276 3ad6 4c8c 87fa 8e8b0e77dd5aIcon user placeholder00cbdef9 da8f 4ee2 8cce ad1b43c9173054b5fcbc d6b6 46d4 9ecc 4518f563d7d9 72