東京創元社の本

アリス殺し

アリス殺し 小林泰三

最初挫けそうになりましたが、後半からはグイグイ読めました もう一度最初から読みたいなーと思ったのは久しぶりです 面白かったのですが、結構グロいので苦手な方は注意が必要かも

Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholderE344ca04 c576 4479 85dc 7c3c83597ed42908537a a654 4bb6 9190 6d11bd831d0aA26e4845 1e26 4848 be07 0d7579fc67eb86bb4c80 c4e1 4adf 8c6c 8c3d92897572 12
少女には向かない職業

少女には向かない職業 桜庭一樹

作者が女性だからか、若い二人の少女の心情描写が丁寧。同性ならきっと惹き込まれると思う。 桜庭一樹お得意の暗くて陰鬱な話。 この独特な暗い雰囲気はクセになる。 最後のタイトル回収が秀逸。 最後の最後で、あー、彼女には向いてなかったのね、って思わせるラスト。 もう一人の彼女には向いていたのにね。

78c6a70a df69 4358 b413 6567a1e76cceIcon user placeholderB44317f5 fee0 41dd 9ce3 48445584adf1
奇商クラブ

奇商クラブ G・K・チェスタトン/南條竹則

2019 3月課題本 新訳で出たのと、例会の間隔が短いので選書。 奇妙な商売で生計を立てる人しか入れないクラブという意味です。 そこに絞って書かれておらず、昔のロンドンの幻想小説に近い初期作品六編。 ブラウン神父は出ておりません。 チェスタトン…子供の頃、面白かったけど記憶が怪しく、大人になって読んだら読みにくい…そんな覚えです。新訳でかなり読みやすかったですが、くどい点は変わりません。 第一篇目の、ブラウン少佐の途方もない冒険がクリスティのパーカーパインそっくりで驚き。 クリスティが後作なのですが、商売という点に絞って進むシリーズなのでこちらはブレてないし、やはりクリスティは面白い。 他五篇の感想? 皆さんおっしゃいましたが、感想ありません(笑)

悪しき狼

悪しき狼 ネレ・ノイハウス

邦訳が出ると必ず読むシリーズの一つであるドイツの警察ミステリ。 貴族階級出身の刑事とその相棒の女性警官が主人公という設定だけ見るとスタイリッシュな作風かと思われるのだがナチスや環境問題などのテーマに挑んでおり毎作けっこう重厚な内容になっているところが特徴。 凄まじい虐待を受けた跡のある少女の死体を巡る捜査と、以前はドイツでも有数の刑事弁護士で羽振りの良かった男の落ちぶれた生活、扇情的な報道番組で敵の多い美貌のジャーナリストが暴行された事件、の大雑把に三つの話が並行して進み…やがてそれが収斂して、という形式。主人公達や各々のストーリーの登場人物の人間模様も丹念に描きながら醜く凶悪な事件の真相が暴かれる結末に見事にまとめ上げている。ディーバーばりのどんでん返しも盛り込みつつのそれはかなりの芸当だなと感心しました。素晴らしかった。 作品と関係無いのだが…旦那さんがソーセージ職人で旦那の店の片隅に自主出版で置いていた小説が評判になってデビューした、というこの作家のエピソードがけっこう好きだ。

6abcf575 1c22 4761 9771 eed2ad8a455fD8f43538 4f9d 4615 b1ad b65fd0204810A209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc65608046b58 10fc 4538 ad28 8bc6ce8e348a79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a75277c408 57e3 40cd 8aef e6de9a3fefc6Icon user placeholder 12
定価のない本

定価のない本 門井慶喜

終戦後の神田神保町で1人の古書店主が本の下敷きになって死んでいるのが見つかる 殺害されたのか事故死なのか 彼の友人である琴岡庄治は事後処理を引き受けるが そんな中 GHQのファイファー少佐の元へ連れて行かれた それが発端となって まんまと相手の片棒を担がされることとなる アメリカ人が賢いのか 庄治が賢いのか 大昔の本の値段を聞いても 今の時代の物価とは違うから高いのか安いのかよくわからないけど 大変な時代を生き抜いた人達の先見の明は素晴らしいと思う

748c3c26 e683 4d7f 8adc f59fc18ef37c0ecc1f8c c944 47a6 9f37 e23bea00dd44Icon user placeholder
屍人荘の殺人

屍人荘の殺人 今村昌弘

ミステリーとちょっとホラー。なんでもないミステリー的な展開からバイオハザードによるゾンビパニックで、いかにも探偵役的な明智が死んでしまうところで驚き、名物のクローズドサークルをゾンビで作るとは•••。謎的にはそこまで凝ったものではなかったけど、犯人と鉢合わせしときながら黙ってるのは、気づかなかったなー

Bcc94ef8 73a5 4f7c 94a8 b4ad5f30332bIcon user placeholderDe50eb23 bdf9 468d 9bfa dacbe1a59048Cfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b7093Ec237dd2 0cb8 4fd6 a4be aa522782e4f963fdb86d 163f 46ff 9cef 6bf54e59c12c3781c296 de33 46b2 998d ee8b34efb4b7 13
ジェリーフィッシュは凍らない

ジェリーフィッシュは凍らない 市川憂人

市川憂人さん初見です。『そして誰もいなくなった』話なので、淡々とクールな描写が多いのですが、マリアと漣の会話が面白くて、楽しめながら読めました。さらに、ミステリーもしてもちゃんと練られてて良かった!

De50eb23 bdf9 468d 9bfa dacbe1a590485f14cdd5 64d7 4d4e 9861 4bf89921793f00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f920
図書館司書と不死の猫

図書館司書と不死の猫 リン・トラス/玉木 亨

ダークな猫達の争いに巻き込まれて深入りしてしまった、引退した図書館司書の話。 図書館司書は、あまり関係がなかったかな。 「猫には違う世界がある」と信じてしまいそう。 血しぶきが飛ぶ内容とは! いくら喋れても可愛い猫ちゃんの話ではない。 でも、猫ってこんな感じでもおかしくない。

A209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc656Daa0a7b8 9d45 400b 953e c54a388ba659Icon user placeholder08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cIcon user placeholderB81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f4
青炎の剣士

青炎の剣士 乾石智子

パーティ9人(蜥蜴も含めて)の大所帯の冒険でした。三部作完結篇。 絡まっていた糸がホロホロと解けていくようなラストのクライマックスでは、傍観者ではいられませんでした。 ファンタジーにありがちな登場人物達なのに、唯一無二を感じさせてくれる。考えてみれば定番なんだけど、なんなんでしょうか?この迫力は! 人間の奥底を抉るような深いことわりを感じます。