東京創元社の本

51c2ghnnbjl

ある男が毎週土曜日に50円玉20枚を1000円札に両替しにやってくる...!果たしてその目的はなんなのか、その50円玉はどこから集まるのか...。たくさんの謎解きが集まった。果たして真実に近いのは誰だ!

51lwl6zy6vl

階段島シリーズが好きなので、購入しました。期待して読んだのですが、、、正直期待ハズれでした。騙し合いの騙し合い小説は、何がなんだかわからないし、騙し合いの騙し合いって、読んでてそんなに面白くない。うーん、残念な感じです。

248d0eaf dc10 43d8 8345 1d2fd45a33c387ada862 93b0 4448 a32b 32ba261b7c648210e25f d30f 4927 97af a6cd3a0c31e8
51dtnfxjptl

同じ病院の患者の病気を探る連作短編集 いろいろな病気や症状について書かれていて とても興味深いです 実際に作者自身が医師として活躍されているので リアル感あり 医療好きにはたまりません

955901a5 0d50 4efe 8c40 bec01a5d43341f56ff2d 4a03 4ae4 9660 7ed46966fff78b153b9d 912f 460b 87ff cf2ab8fc2ad0
51dr6dbcvbl

面白くって一気読み。 小学生の頃に読んだ記憶が蘇ってきた。 第4の殺人犯には納得したけど、あとはどうなのかなあ?って疑問が残る。

51vay7qzphl

不思議なストーリー。ただ文章を追っていくだけではつまらない本と感じるかもしれないが、想像力を発揮することによって奥深く面白い作品と感じることができる。そう、読書は試されているのだ。

61nrphnl3vl

本当に乾石さんのファンタジーは贅沢品です。匂いも空気も、全てが贅沢。どっぷり浸かって読んでしまう。 登場人物たちも、深みがあって味わい深くて。 リコの最後は泣きそうだった… あああもう一度全部読み返したい!!

15c05a4e 8805 40d5 a9b4 2481c644f2fa1320faa6 2572 4fa7 aded 6a0c7d14efe1F41099ea 19a3 4ebf 8e2d 2bcc3cddcd3b82d317db 536e 490a 9a61 5a2a13affd1cE057ef74 0fd2 4316 8d8c d190bcf25c9eE323458d 7470 4a37 9b26 7b39e079358f3a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f43 13
41umul5yrbl

「ビストロ・パ・マル」の第1弾。なんで手に取ったのかは正直覚えてないんだけど、いい意味で期待を裏切られる料理の描写。この1冊でこのシリーズの虜になりました。 話の内容は、第3弾と一緒で、シェフが料理を振舞いながら謎を紐解いていきます。でも、話の内容は3冊目よりちょっと重た目かな??でも、うへぇ。。って思うようなドロドロ感はないです笑 この本読んだ時からお酒全くダメなのに、ヴァン・ショーというホットワインを一度でいいから飲んでみたくて。。未だに叶えられていない、密かな夢です笑

6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c22294785 7715 481a af5a 404e54384bb5523444ec 4de4 4a25 9227 16bbf1a99342
51grvam2pzl

ひゃー。すげー。 読んでいるうちに別世界に転送されてしまったかのよう。 作者による独特な造語や矛盾のない世界設定には独自の世界に読者を有無も言わせずに引き込む力がある。最初は読みにくいけど徐々に作品世界に慣れてくるとグワーッと一気に読める。 最後に大森望氏の解説を読んで成る程なあと膝を打ち、もう一度頭から読んでしまった。 カタカナを使わずにここまでハードなSFって書けるんだなあ。これ、幻想文学の面を被ったハードSFですよ。

39ab553c c44b 4182 85e3 20c9abed19e0Icon user placeholder
51j%2bijji9zl

緩急、緩急!

Cbafb4b9 fe87 44fc 8844 17c80cf294c68d788a16 5772 4a7e bc8c 819f46337058
51z2mxj4gcl

怪奇な話を集めた短編集。 『塔』が一番すきでした。面白かったです。 「怖い話」といえばそうなのですが、この短編集に納められてたいる話はどれも幽霊や化物が跋扈するというものではなく、不可思議そのものの正体は掴めないけれどどことなく奇妙で気持ちが悪い世界といった趣の話ばかりでした。まさに怪奇の名が相応しいのではないかと思います。 16.11.07

51 je1tsmxl

あっさり解決するかのような事件が、最後の最後まで、事実は分からない。

82601801 ea3f 44cc 87ab f777bbe715d04ab9dec1 1bd6 475e 9418 4b69101cad9e
51m3d8jeedl

「我らが影の声」に引き続き読んでみましたが、相変わらずどこか気持ち悪い話を書くひとだなあと思いつつその気持ち悪さが好きです。 このひとの書かれる話にはたまに神様が登場するのですが、その神様さえも神聖で輝かしいものではなく少し得体のしれない気持ち悪い感じなのが印象的でした。 2011.4.6

61byak4z0hl

エラリークイーンの短編集。 シャーロックホームズと並び称せられる探偵だけど、ノリが軽いのは、やはりアメリカだからか?

51citcvln6l

舞台は移動図書館。モデルになった移動図書館が気になるし、ほんわかした雰囲気も良かったです。

96aeebd9 f545 478f 95b9 969b82392f1000a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f920E5d39414 be50 4a78 b80b 3d18b4118c351d484b53 a7fd 4a7b ba80 4c160d5e29ed193fb5a6 eda3 4028 97aa b7acea6d1c43248d0eaf dc10 43d8 8345 1d2fd45a33c378c5345e d02a 4ad4 899e 40f89c28aaed 11
516%2btlj9ssl

大正時代、独特の習わし、鬼等最初はとっつきにくい印象を受けるが1章を読み終わる頃にはすんなりと設定を受け入れられる。死んだが未練が残る霊=鬼として死人が出てくるが、優しい未練ばかりで読破感はほんわりと優しいです。水守の眩しすぎるぐらいの透明感とそれに憧れを抱く烏目役の淡い関係が印象的で、和風ミステリーというよりかは淡い恋愛小説みたいです。男性よりは女性好みの本かもしれません。

51z lbjmvfl

大好きな「ビストロ・パ・マル」シリーズ、第三弾!!いつの間にか3冊目が出てて驚きました笑 ある商店街に店員が4人しかいない小さなフランス料理のレストラン「ビストロ・パ・マル」。常連さん、初見さん、色んなお客さんがやってきて、シェフが美味しい料理を振舞いながら、謎を紐解いていくお話です。 いやぁ、相変わらず料理の描写が美味しそうで美味しそうで(´﹃`*)このシリーズ読むと、絶対お腹が空く笑 謎解きと言っても、ドロドロしたお話ではなく、むしろ心がほっこりするようなお話が多いので、後味も爽やかです。 あー!第3弾発売記念イベントとかって言って、「ビストロ・パ・マル」の料理どこかで出してくれないかなー!!

8210e25f d30f 4927 97af a6cd3a0c31e8A97e75d5 e067 4c06 84ff 3618b32d33c0014253d4 6080 4951 9119 24735184a69663b68c49 e930 43fa 8da1 d3721fb32a866dabfade b5db 41b4 a124 d72edf67791b523444ec 4de4 4a25 9227 16bbf1a993422a83b852 93a3 4740 ac6c a4f492707a4b 15
5164vzb4sel

題名の通りなのですが、なんとなく言いたい事がわかる、奇妙で不思議な比喩の世界。

51yja0fcdfl

テレビでカズレーザーが絶賛していたので読んでみた本。 様々なアルバイト先で起こるちょっとした事件を、とても三十歳には見えない不思議な童顔の小男、猫丸先輩がサラッと解決していく、という話。 ゆる〜い推理小説の短編集といった趣で、肩肘張らずに読める。個人的には最後の松茸を取りに行く話が好き。