東京創元社の本

少女には向かない職業

少女には向かない職業 桜庭一樹

作者が女性だからか、若い二人の少女の心情描写が丁寧。同性ならきっと惹き込まれると思う。 桜庭一樹お得意の暗くて陰鬱な話。 この独特な暗い雰囲気はクセになる。 最後のタイトル回収が秀逸。 最後の最後で、あー、彼女には向いてなかったのね、って思わせるラスト。 もう一人の彼女には向いていたのにね。

78c6a70a df69 4358 b413 6567a1e76cceIcon user placeholderB44317f5 fee0 41dd 9ce3 48445584adf1
奇商クラブ

奇商クラブ G・K・チェスタトン/南條竹則

2019 3月課題本 新訳で出たのと、例会の間隔が短いので選書。 奇妙な商売で生計を立てる人しか入れないクラブという意味です。 そこに絞って書かれておらず、昔のロンドンの幻想小説に近い初期作品六編。 ブラウン神父は出ておりません。 チェスタトン…子供の頃、面白かったけど記憶が怪しく、大人になって読んだら読みにくい…そんな覚えです。新訳でかなり読みやすかったですが、くどい点は変わりません。 第一篇目の、ブラウン少佐の途方もない冒険がクリスティのパーカーパインそっくりで驚き。 クリスティが後作なのですが、商売という点に絞って進むシリーズなのでこちらはブレてないし、やはりクリスティは面白い。 他五篇の感想? 皆さんおっしゃいましたが、感想ありません(笑)

悪しき狼

悪しき狼 ネレ・ノイハウス

邦訳が出ると必ず読むシリーズの一つであるドイツの警察ミステリ。 貴族階級出身の刑事とその相棒の女性警官が主人公という設定だけ見るとスタイリッシュな作風かと思われるのだがナチスや環境問題などのテーマに挑んでおり毎作けっこう重厚な内容になっているところが特徴。 凄まじい虐待を受けた跡のある少女の死体を巡る捜査と、以前はドイツでも有数の刑事弁護士で羽振りの良かった男の落ちぶれた生活、扇情的な報道番組で敵の多い美貌のジャーナリストが暴行された事件、の大雑把に三つの話が並行して進み…やがてそれが収斂して、という形式。主人公達や各々のストーリーの登場人物の人間模様も丹念に描きながら醜く凶悪な事件の真相が暴かれる結末に見事にまとめ上げている。ディーバーばりのどんでん返しも盛り込みつつのそれはかなりの芸当だなと感心しました。素晴らしかった。 作品と関係無いのだが…旦那さんがソーセージ職人で旦那の店の片隅に自主出版で置いていた小説が評判になってデビューした、というこの作家のエピソードがけっこう好きだ。

6abcf575 1c22 4761 9771 eed2ad8a455fD8f43538 4f9d 4615 b1ad b65fd0204810A209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc65608046b58 10fc 4538 ad28 8bc6ce8e348a79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a75277c408 57e3 40cd 8aef e6de9a3fefc6Icon user placeholder 11
夢館

夢館 佐々木丸美

佐々木丸美の「館」シリーズ三部作の掉尾を飾る作品。このシリーズ、三部作すべて読まないと、評価が難しい作品。 本格ミステリ的なテイストは完全に身を潜めて、幻想的な、内面に潜っていくような物語に。 ミステリ作品として読むと、特にこの巻はきついかも。 通してすべて読むと、凝った構成と、ヒロインたちの想いの深さが、ココロに深々と沁みてくる。美しい恋愛小説として、見事に結実している。 別名「孤児」シリーズ外伝、とも言えそう。懐かしい名前がチラホラ出てくる。

魔眼の匣の殺人

魔眼の匣の殺人 今村昌弘

デビュー作が面白く、 次作が気になってすぐ読み始めました。 面白かったんだけど、何だろ。 最後も予想外で面白かったんだけどな。 殺人を犯すほどの理由が薄弱? 前作もそうだし。 旬のミステリー 今時なミステリー 物語性を追求しない方 ロジック好きならオススメかな 3作目、期待してます!

C7891c95 9b5a 4708 b8a1 d76d01d277437ac5e6eb d541 4717 89b4 dd077ce5e4fcIcon user placeholder6f7eed3c ca04 4a06 b7e4 e6dd9422429cBcc94ef8 73a5 4f7c 94a8 b4ad5f30332bC5024185 68ea 4afd 831a ff20192377e5B4b02055 014a 40a7 9950 b5e0475332b1 33
夜は千の目を持つ

夜は千の目を持つ ウイリアム・アイリッシュ

2018 12月 課題本 前半の物語と後半の警察介入で話が代わり、どう展開していくのか見ものでしたが、最後はなんだ…という印象です。 目に見えないものへの恐怖は今よりももっと大きかったことを考えると、仕方ないのかも。 全般通して私の感想は ロマンチックだなぁ~(笑) だって~タイトルカッコイイよね!

ミステリを書く! 10のステップ

ミステリを書く! 10のステップ 野崎六助

小説の書き方と言うか、その前段階の練習についても書かれている親切な本。ジャンルに限らず小説全般に通じる考え方な気もする。個人的には、また読本にお決まりの古典ミステリのネタバレに当たり、打ちひしがれるなどした。自業自得なので、いい加減に学習すべき。

贖罪

贖罪 湊かなえ

湊かなえらしい語り調子で、読みやすかったです。

Fb10e69c 7b1b 4a20 9a6a 4ed81e800c73E2656483 022f 4cf7 829b ebd58d7e3c8f74f6ebfc f4ae 4cfe b507 f62c505c8d2091b8601f 9318 45fd 8c1d c46f7b11acf5E2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baec5e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d384c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5 10
償いの雪が降る

償いの雪が降る アレン・エスケンス

日本では知られていない作者のデビュー作だそうだ。電車通勤をして約1年に読んだ本の中で最も楽しめた。今後が楽しみな作者である。

Daa0a7b8 9d45 400b 953e c54a388ba659E458d4c3 ece0 4f33 8a16 2bfbf9903e1f8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18fe79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7Ab6ab138 80d0 49e5 a094 7d6c280f8e04A3b121bd 6a81 4ff1 b277 28707d9fdb0656758e32 65db 4e8c b56e 9ee9a58a6a2c 9
青炎の剣士

青炎の剣士 乾石智子

パーティ9人(蜥蜴も含めて)の大所帯の冒険でした。三部作完結篇。 絡まっていた糸がホロホロと解けていくようなラストのクライマックスでは、傍観者ではいられませんでした。 ファンタジーにありがちな登場人物達なのに、唯一無二を感じさせてくれる。考えてみれば定番なんだけど、なんなんでしょうか?この迫力は! 人間の奥底を抉るような深いことわりを感じます。

水に描かれた館

水に描かれた館 佐々木丸美

佐々木丸美「館」シリーズの第2作。 「孤児」シリーズで凄い男!として、噂だけ出ていた吹原さんが、なんとこの作品で登場。名探偵枠なのかしらん。 前作はかなり、本格仕立てだったけど、今回はかなら佐々木丸美色が出ていて、人間心理の不思議に寄せた内容になっている。 ガチ仕事第一!キツイ女代表の石垣さんが、館の魔力でみるみるうちに、ステキで愛らしい美女に変貌していくのは、やり過ぎな気がしないでもないけど、かわいいから許す。 少女マンガとかだと、メガネ外して、髪下ろしたらメチャ美女!みたいなタイプだと思う。本作のヒロインは彼女で決まり。 本作だけ読むと、未消化な部分が残るけど、このシリーズは三作すべて読んで評価されるべき作品なので、ラストの「夢館」も是非読んで頂きたいところ。

ローマ帽子の謎

ローマ帽子の謎 エラリー・クイーン

新作劇“ピストル騒動”上演中のローマ劇場の客席で、弁護士のフィールド氏が毒殺された。現場から被害者のシルクハットが消えていたことを手がかりに、ニューヨーク市警きっての腕ききリチャード警視と、推理小説作家エラリーのクイーン父子が難事件に挑む!巨匠クイーンのデビュー作にして、“読者への挑戦状”を掲げた“国名シリーズ”第一弾の傑作長編。

ヨーゼフ・メンゲレの逃亡

ヨーゼフ・メンゲレの逃亡 オリヴィエ・ゲーズ

アウシュビッツの医者でガス室送りの選別をし、囚人達を生体実験でいわば拷問して殺したナチスの医者ヨーゼフ・メンゲレ。敗戦と共に親ナチスだったペロンのアルゼンチンに逃亡した彼がブラジルの海岸で心臓発作で亡くなるまで、をあくまで小説として描いた作品。同じ南米に逃げた戦犯でもイスラエルに拉致され処刑されたアイヒマンと違って最後まで逃げおおせた逃亡生活が追う者達の立場も押さえながらリアルに描かれていてさながらノンフィクションのようでもある。道を踏み外した医者の生家が今では消滅してしまったものの世界的な農機具メーカーであり比較的潤沢な資金援助が得られたこと、また追う側の中心であったイスラエルも中東戦争などより優先度が高い事案が生じたことなどもありあと一歩まで迫られながらも逃げおおせた逃亡生活は追手に怯えながらの惨めなものであったと描かれているのだけども果たしてそのようないわば同情的な筆致が必要だったのか、ベートーベンを口ずさみながら人の生き死にを決めていたという純然たる悪に対してはもっと過酷な運命があっても良かったのでは、などなど考えさせられる作品でした。読み物としてはかなり面白かった。

魔術師

魔術師 江戸川乱歩

とある一家を執拗に狙う犯人。その家の娘と滞在先で仲良くなった明智は、事件に巻き込まれていく。悲劇へのカウントダウン。悲しい笛の音。名探偵も先手を取られてしまう。これでもかと派手な事件が畳み掛けられ、真相もかなり扇情的。読者の心を惹き付け走り切る、大衆作家の本領発揮か。