東洋経済新報社の本

片づけHACKS!

片づけHACKS! 小山龍介

身の回りの整理というよりはお仕事に関してなど物理的なものだけではなくもっとさまざまなことに広がる。 片付けにとどまらず仕事論みたいなところにも至るので、片付け、という枠のなかの技を求める場合は合わないかも。

014253d4 6080 4951 9119 24735184a696Aeb0149f 2241 4034 8ca1 ca68432bd9a8
まんがでわかる 地頭力を鍛える

まんがでわかる 地頭力を鍛える 細谷功

まんがだけあって、読みやすかった。 地頭力は鍛えられる、そのために何から始めるか、分かりやすく書かれています。 今の仕事を初めてから、自分が今までいかに考えてこなかったか気づかされました。

1ff469e5 e07e 4a1e 93b1 ff88382adc5f0bf64941 7f34 4cc5 bb39 922fcdd17561Icon user placeholderA432e0fd 517b 4039 a0a9 b1b5d5edcfd1Bd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09b02f8b76b 097b 476c bc38 3227d12043b8E0e9bc31 8254 435d 820d dd59b2b3ffb6 17
寂しい生活

寂しい生活 稲垣えみ子

自分から捨てることは出来ないけど、密かにテレビと電子レンジは壊れないかなあと思っている。

Fdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35de014253d4 6080 4951 9119 24735184a6960428b805 0227 4490 be82 27528fd3d1b3D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c02f8b76b 097b 476c bc38 3227d12043b8327f52b3 2d33 445b ab87 5c671b9eafab9bc34478 5361 482d b5bc 3e857a5f25d1 12
スピリチュアル市場の研究 ―データで読む急拡大マーケットの真実

スピリチュアル市場の研究 ―データで読む急拡大マーケットの真実 有元裕美子

スピリチュアル商材を見下すでも、信奉するでもなく淡々と分析。ニュートラルな姿勢で、専門用語の説明も多く、この手の市場に興味がある向きには入り口としてなかなか良いのではないかと。 携帯占いサイトの市場は200億とあるけど、2011年のデータなので現在ではもっと伸びてるだろうね。

実家の片づけ―週刊東洋経済eビジネス新書No.96

実家の片づけ―週刊東洋経済eビジネス新書No.96 週刊東洋経済編集部

東洋経済の同名特集号の当該部分だけを切り出して電子書籍化したもの。 二次利用なんだから100円くらいで良いのではというボリューム。 実体験レポートは多めながら具体的なノウハウは物足りない感。税制面の問題とかもう少し踏み込んで欲しかったところ。 とはいえ、これから実家の片付けをする立場としてはいろいろな覚悟を迫られて暗澹とした気持ちになる一冊。

世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事

世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事 津川友介

病気を減らすのに適切な食事は何かを研究結果の引用を通して提示している。著者も指摘するように健康情報は情報商材にされやすい側面からセンセーショナルだったり意外な驚きが含まれているものが好まれやすいが、著者のエビデンスベースのアプローチはその極北にあるといえる。 そのためそこで紹介される食材も経験的に身体に良いとわかっているものが大半だったが、統計に基づいた裏付けを得られるのが本書の類書との圧倒的な差別化になっていると感じた。

Icon user placeholder80bbd417 a182 4d51 96e6 7e486d054774D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3cPictureD3361b5b 0197 4cd1 b311 ad98a2e07abfEe0f4619 0f4b 4035 96aa 44537c5295d5Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311 14
ブレインダンプ―必ず成果が出る驚異の思考法

ブレインダンプ―必ず成果が出る驚異の思考法 谷澤潤

この本を読めば成功者になれる!とまではいきませんが、普段ある悩みなどを一気に吐き出す事により、本当にやるべき事、優先順位を導きだせるコツを教えてくれる本です。結果論として、仕事の成果につながるのではと思います。その方法として、紙に「書く」という当たり前の事がいかに大切な事なのかを教えてくれる、そんな本です。

Icon user placeholderF23507d4 4c44 4905 bd44 14be90bf1684
SHOE DOG―靴にすべてを。

SHOE DOG―靴にすべてを。 フィル・ナイト

ナイキは日本企業と戦い、日本企業に助けられ、様々な障害を克服して現在のトップ企業に登りつめた。その原動力はとにかく靴作りに全てを注ぐ偏愛。世間の評価は少し過大に感じました。個人評価75点です。

1ca6db25 d162 41dc 9881 a70df25b9aefB81800bb dff5 4674 8664 9d67deed5bbdEc723bb2 f77a 49ea 8e5a 7aaeb67f17eb5c74e92a e061 464d 8727 474760c2e12bIcon user placeholderD418947f 7a7a 4e55 8279 91805e9cda40Caefb971 c9d4 4597 a9a5 8ca12c290cdb 78
コトラーのマーケティング思考法

コトラーのマーケティング思考法 フィリップ・コトラー

この本も、10なん年ぶりに読んで見た。 オープンイノベーションとかが必要とされる時代に、すごく有用な思考法であるラテラルマーケティング・水平思考。 全く新しい発明なんて滅多に生まれない。色んなものをアレンジすれば新しいものは生まれる。 未来は突然やってこない。しっかり未来をイメージしながら今を積み上げて、味付けしていくことで、未来は作られていく。

座右の古典 ―賢者の言葉に人生が変わる

座右の古典 ―賢者の言葉に人生が変わる 鎌田浩毅

古典の紹介本。どれもこれも読んでみたくなった。 一作あたり6ページでまとめられているので読みやすい。 古い作品と古典の違いは時代を超えて通じるものがあるかどうかだと思った。 一つ注意したいのは、この本に書かれているのはあくまで鎌田氏の読み方によるものであること。古典は様々な解釈が可能だということを忘れてはいけない。