毎日新聞出版の本

我らが少女A

我らが少女A 高村薫

本作には合田雄一郎も登場するのだがあくまで物語の一部に過ぎない。少女Aこと朱美の母亜沙子の網膜に映る武蔵野はそのまま彼女の心情風景と重なる「線路沿いの、人けのない生活道路を無心に歩く。ふだん気に留めたこともない車返線の門型鉄塔をまじまじと眺め、ところどころ残された畑地の白菜や大根を眺め、地平線に横たわる武蔵野の雑木林の黒々とした帯を眺める。ブォーンという低い唸りが聞こえて空を仰ぐと、手を伸ばせば届きそうな高さを白と青のツートンカラーの小型機が横切っていく。目を細めてそれを見送り、亜沙子はふと、三十年近くも棲んでいる武蔵野の風景に自分と娘は含まれていないのを感じる。」P.47 調布飛行場を離陸する小型飛行機も本作では小気味良いアクセントとなっている。そして雄一郎が登場してから25年ほど過ぎた今「少し早いけど、Merry Christmas!」P.512に驚くとともにまだまだ世の中棄てたもんじゃないという希望も沸く。25年の歳月は人も変えていく。

Fdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09f08046b58 10fc 4538 ad28 8bc6ce8e348aB8836f8e 8779 47c5 bc73 eeba65ece6ee6abcf575 1c22 4761 9771 eed2ad8a455f
尼子姫十勇士

尼子姫十勇士 諸田玲子

時代版ファンタジーと言っていいのだろうか。 どうしても、登場人物に同化出来ずに終わってしまった。

あなたが消えた夜に

あなたが消えた夜に 中村文則

よくもまあ、ここまで不幸な境遇の人達が集まったなと思う。やはりこの世の悲劇の原因は、大半が生まれ育った家庭環境にあるのではないかと思わずにはいられない。中村さんの作品は3冊目だけれど、狂気を描くのが抜群にうまい。終盤の書記には、恐怖を通り越して哀しみを感じた。 何故不幸になるために生きなければならないのかと疑問を感じるけれど、本当の絶望を知らなければ、理解することは難しいのかもしれない。

Cfbe46a2 0546 4a1d aea0 0888e9efbbcbEa79a6a6 fa8f 4875 a7ef ad5d4d4ac2f8Icon user placeholderIcon user placeholder8e3dc1fe b2ad 42ea 9adb 907da9f82d9fAf02b44f af66 4b84 8a80 3c06327c854d73bcff32 87f3 41c7 b87c 27d1f1b2a87b 19
カットバック 警視庁FC2

カットバック 警視庁FC2 今野敏

「隠蔽捜査シリーズ」好きなので、大森署の新署長を拝見することができて嬉しい。戸高刑事も大好きです。 極力ややこしいことはさけたい楠木巡査は、めんどくさいなぁと思いながら毎日仕事をしている人。それでも、警察で働くのは、悪くないと思っている。戸高刑事とどう絡むのか楽しみでしたが、やはりコンビもどきになっておりました!戸高刑事も、実はボンクラ頭でない楠木巡査に一目おいています。サスペンスほどでもなく、どこまでも軽い警察ものです。

733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaacE458d4c3 ece0 4f33 8a16 2bfbf9903e1f
待ち遠しい

待ち遠しい 柴崎友香

若さゆえの想像力の欠如なのか弱さを隠すための突っかかりなのかさっぱり理解できない沙希を見守り、わかり合うことは無理かもしれないけどそれでも一緒に生きていこうとする春子とゆかりのまなざし。 物語は三世代に渡る女性の姿を描いている。物語の中心となる春子は自分と同じ就職氷河期世代、高度経済成長を経て繁栄を極めた時も知っているし今日の没落しつつある時代も知っているので俯瞰で見ることができる。時代の犠牲となったともいえるが想像力は養えた。自己責任という言葉の身勝手さも。 「どの年代にも、結婚しなかった人、子供がいなかった人、一人で生きてきた人 、一度は結婚したり子供を持っても離れなければならなかった人いろんな人がいる。その誰もが、仕事をして、ささやかな楽しみを見つけて、自分の人生を生きてきた。」P.211、本文中ここにグッと来た。想像力を働かせよう。ジャッジするのはやめようと。 ところで本書は大阪住宅小説ともいえるが、春子の住んでいる場所はどこなのだろうか。「地上を出てすぐ川の上を走る」「勤め先に乗り換えなしで行けることも大きかった。急行か準急で二十分ちょっと。」から御堂筋線で千里あたり?御堂筋線の地上に出て道路と並走するところが割と好き。少年ナイフのカバー曲で使われた発車メロディーも。

6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a210997e466 2fa0 4b04 879d 6de72f4a562dEf71581d c2e3 4baf 998b 784e421d7a7b
お徳用 毎日かあさん 3+4巻

お徳用 毎日かあさん 3+4巻 西原理恵子

男の子の母です。 母親から見た男児の意味のわからなさがものすごくツボです。 そしてそれだけじゃなくて、子育ての中で忘れたくない大事な事や、夫婦の姿も。 涙がわいてでました。

ライト マイ ファイア

ライト マイ ファイア 伊東潤

「よど号」ハイジャック実行犯に公安がいた!その謎をめぐって過去と現在が交錯する設定の妙もさることながら現在から考えると無駄に熱い当時の雰囲気を追体験した。 数ある登場人物の中でもそこまで登場することもないが重要なカギを握る上昇志向の強い地方出身者で最終的に東京に飲み込まれ時代に取り残された石山が何故か印象深い。 同著者の「横浜1963」でも登場した打越、山元町と当時のハマの風景を思い浮かべる町小説としてもおもしろい。 おそらくフェリス女学院の場所が架空の雄志院大学のキャンパスなのだろう。そして震災復興建築のデザインを色濃く残すえんじ色が印象の打越橋を渡るときは前後に注意せねばと思った次第。表紙に教育大全共闘の旗。

Fe6d5c4d 215c 498d 9c41 c8b672c2143c84d1a374 bc29 4c2e b929 01982e9a9690Icon user placeholder