河出書房新社の本

51udv9kphll

地獄をモチーフにした短編集。ハバノ広さには脱帽。

51rqdbhp%2bxl

河合隼雄先生の講演、インタビューを集めたもの。「ものが豊かな分だけこころを使わないと幸福になりませんから。」(P144) が印象に残った。

41rc vr2pwl

どれを見ても自分と似た手相が見つからない時はどうすれば良いのだ。

41bklnk%2bwrl

2013年に歴博で開催された企画展示の書籍化。内容を読み込んで初めて面白さがわかる寺社や村などの文書とは違い、中世の武家の文書は見た目だけでも面白いよ、と図版で紹介してくれます。義経、尊氏、信長等ビッグネーム揃い踏みです。朱印だけで済ませサインをしないことで相手を見下していることを伝えたり、一揆をするにあたって署名はするけど実は全面的には賛成しないぜという態度が書き方からわかったりという・・はあー、人間関係のごたごたって昔も今も変わらんなあ。見た目だけでも面白いと言われても内容も知りたくなっちゃいます。

51je%2bjwajal

購入。増補版なので旧バージョンでの寄稿者数名が他界してたりするのがつらい……。

514jbvy9epl

南方コレクション全5巻のうち、一番最後に残しておいた巻。読むの勇気がいりました。セクソロジー研究とありますが、実質古今東西の猥談を縦横無尽に引用し「飯も雪隠行きも忘れるほど面白くなる」文を書いてやるぞワハハハハというノリノリの南方先生、の巻です。後半の岩田準一宛て書簡集では、男色研究の後輩である岩田を叱咤激励する熊楠の姿勢に胸を打たれます。書簡中で柳田國男は激烈に批判され「気骨の乏しき人で、深く博く事物を研究せず」と容赦無くコテンパン。「この人のが暁斎の次」と太鼓判を押す川島草堂の狂画、観てみたいなあ。

515g19kqn4l

タイトルだけで手にとってみたんだけども…それこそ誰の伝記かも分からずに。これが実に読みごたえのある作品だった。お勉強的には平安末期から鎌倉初期にいろんな宗教家がでまして時宗という宗派を起こした人もいました、くらいの扱いだった記憶はあるんだけど念仏唱えながらひたすら踊りまくる、という発想は考えてみたら飛び抜けてる。四国の名門武家に生まれ学識もそれなりにある男がいかにして踊念仏に行き着いたのか…という流れが実に上手く書けている。浄土宗の教えについてここまで見事な説明を読んだことが無いと思ったくらい。 歴史を語る中に生々しい自己の感想を盛り込む手法は前作と同じ。同様の技法で話題になっHHhHとかもそうだったけどこの作者の方が表現が生々しい分、好き嫌いが分かれるところかも知れない。これはおすすめ。

103d7ae9 bf09 4d0e 8b6a 246883db1672802370bf 36ec 47c8 9ae1 351b440ad8329bba20e9 4127 422a 8876 1e23386ff4e8C9c3940b 7ba5 4fb1 ad36 c879a05d3fbb1fdb7195 355c 42fa 8971 c484181497240882a8fa e055 408a aaa9 a81db4c11e6e014253d4 6080 4951 9119 24735184a696 18
41xmdqwht0l

女子目線による男子の謎。可愛く笑える一冊。

5b6a3560 0665 41c4 8f1f 8b39ae0a67f7C530744c 7317 4d52 9835 1d90a25d9dc4A28011f6 5568 4051 b8ee cc1699a8420c4e3a4c63 08ba 43a2 b52c 02ebacf6d6ae16818484 7e4d 4ed4 bd82 62312af3d32794d69676 15db 4379 b2ae b3b5db96bd10B2d408a2 e856 4be0 afd7 f53c379f53da 8
41jyddwfwfl

真理とは、別世界にある難しい理論ではなく、当たり前だと本来の自分が普段感じている物事の中にあるもの。毎日の行いこそが大事で、人生を変えるには遠くを見ずに足元を見ることが大切。脚下照顧。

51xdvhduk2l

吉村昭が全国を旅してまわった食べ歩き紀行文。その地でしか食べられない逸品からお店選びの極意まで、控えめでありながら筋の通った氏の作風との共通することも多い。その中の一篇「長崎半島でフグとカマボコ」半島ならではの異国感とカマボコの製造過程が楽しい。 「それは、一般の人の口に入る機会はなく、カステラの製造所内に入ることを許された者しか食べられぬ由であった」p24 「これは、カステラの耳とはちがいますが、実際はこれが一番うまいのです」p27 吉村昭文体は健在。

51186xs1qwl

私がジョージ・ハリスンを意識したのは高校生の頃に「ABBEY ROAD」を聞いてから、ビートルズの中で1番の個人的に気に入った曲として「SOMETHING」が心に残った時です。 以来それほどジョージの事を意識せず、30代になってからひょんな事から(大変失礼な事ですが、亡くなられてから)ジョージにはまり(それまで「MY SWEET LORD」も知らなかった!)、ほぼ発表順にアルバムを聞き(まだ聞いてないアルバムもあります)、バングラデッシュコンサートをDVDで観て、と普通の方なら既に体験済みの事を、ここ数ヶ月で経験しました。そんな時にジョージの自伝の存在を知り、読みました。 彼の生き方、考え方、私にとっては正確に言うなら、「彼の哲学」が歌詞、曲からよりもこの自伝及び、曲の自身の解説で深まりました。ジョージ・ハリスンの曲、歌詞が好きな方、是非お読み下さい、決して失望する事ありません! 彼の言う「神」は決してただの「神さま」から普通の日本人が連想するモノではない事が、彼の考えや曲解説を読んでいただければ解ります。いわゆる「西洋人が東洋哲学にかぶれた」のでは無い事が。そういうイメージは私にも最初少しは有りましたが、読み終えた後ではマッタクありません。ジョージに興味が少しでもある方に是非オススメ致します! 特に男性、ジョージの素晴らしい所は男性の「ロマンティシズム」に少しナイーブだけど、忠実でありたいという姿勢が、きっと男性には憧れの様な、憧憬の様な何かとして写ります。(でも、もし女性でジョージが好きな方はきっと男性にモテると私は思います)素晴らしい本でした。 2007年 5月

51eparcz0 l

個人的には、モンゴルかブータンのお弁当を食べてみたい!

41an kynujl

最近出た文庫版は、短編2作付いていてお得です。短編も面白いです。

00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f92078c5345e d02a 4ad4 899e 40f89c28aaed5ee634e1 842e 438e 980f 0406d3b58a1fBafdd940 9630 4adb 88a3 0c65c6d3b014
41c8wnvom1l

名著復刊 少女漫画の批評だけど 最期は人生を考えさせられる

51bhqqu9r1l

意味もわからず貸してもらった本。でも読んでみて納得。「誰かのために1%だけ生きてみよう」と思えた。いい本です

51xhks9swdl

なんというドラマチックな人生。バイオリン製作技術を独学で修得するだけでもすごいが、朝鮮戦争の時代に、韓国と日本と北朝鮮の影響を大いに受け、苦労された方のお話。すさまじい。

41m msxhnnl

タイトルだけで選んだのだけど…主人公はフードライターを目指してイェール大学で学ぶ学生、ってとこから共感できず(笑) グルメ界の権威であるニューヨーク・タイムズのフードライターのところでインターンを志すもののというところも、ますます共感できず(笑) インターン先が星付きクラスのレストランのクローク係でそこでいろんなことかあって、という話。 読んだことないけどラノベってこんな感じかな、という文体も相まって、まぁ全体的に外した感じ。スピルバーグのドリームワークスが映画にするらしいから面白いんでしょう。たぶん(笑)

51krjvt b1l

母の遺言もカリソメも面白かった。待ち時間にサクッと読み切ってもちょうどいい軽さの余韻の本だった。

51kxwjailel

P18 「報われない人間は永遠に報われないのよ。それだけのこと」

0e470260 2956 4f6e 8c38 1a392c4868dbA69b1e51 a2a3 4eb9 a19c d8e41617c75e05568384 ab95 4018 86d5 f621d1ac22bf