河出書房新社の本

スガリさんの感想文はいつだって斜め上

スガリさんの感想文はいつだって斜め上 平田駒

主人公の須賀田綴(通称スガリ)は言葉に対する裏の意味まで考える洞察力を持つ少女だと思うけど せっかく可愛いのに 変わっているのが良いんだか悪いんだか ただ彼女のその能力に救われている人がいるので 部活の立ち上げは是非叶えてあげたい 本の読み方が変わりそうです

Ff6412c3 1eed 48fa 9def f8fa740df82bBbd84f66 855e 46ac a809 047007f0424eE0d88736 c5b5 4929 a40e 396c3ca8a50e
夢も見ずに眠った。

夢も見ずに眠った。 絲山秋子

淡々と静かに進んでいくのだけど、どこかですれ違いそして、後半にかけてのぐんぐん雲が晴れていくような雰囲気がすごい。こういう夫婦関係も素敵な気がした。

趣味で腹いっぱい

趣味で腹いっぱい 山崎ナオコーラ

働かない人は駄目な人という風潮と生き辛さを強く感じる現在の社会において、おおらかに趣味に生きる人たちが魅力的に描かれていてます。読んでいて楽しくなります。 生産性は無くとも、心の豊かさや癒しを周りの人に与えてくれる、そんな趣味人の目に見えない価値を教えてくれて、またどんな人も肯定してくれるような優しい気持ちになる作品です。

F1ea2c73 e179 442b b27d bcfe29183e517a6b8ad1 bfdd 4132 a4af d854919dfd9908e28c20 6b2b 418b be61 cedca12c5622E2b8cdc3 67d8 477a 9028 de9fac56ab676c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9D487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f9869F704f741 d0e7 4113 81de c232ddba2c16 8
1:1:1で、おいしい和食

1:1:1で、おいしい和食 石原洋子(料理)

毎日の食卓に出したいおかずが、覚えやすい比率を切り口に紹介されてるので、さっと読むだけで身につく。 基本の1:1:1を使うメニュー、そこに酢を足すメニュー、だしを足すメニュー、割合を少し変えるアレンジメニューなど、展開の仕方がよい。

実話怪談 でる場所

実話怪談 でる場所 川奈まり子

著者自身、または身近な人が実際に体験した話の怪談集。 場所も日にちも特定可能な話が多く実話系を謳う怪談集としては珍しく誠実な読み物として読んだ。 真実味が高い分、怖いというよりは不思議な事もあるものだなぁという感想が強い。 そして何より淡々としている著者が魅力的である。

E2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baecIcon user placeholder453f23e4 9c0d 4a6a a99c ba05b1900b9d6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c8800e290 f4c9 44e1 b56e ed78b16b4aceE43f002e 1241 4977 aa1b cdbc58e2c6ad
血みどろ臓物ハイスクール

血みどろ臓物ハイスクール キャシー・アッカー/渡辺 佐智江

店頭で開いて「なんじゃこら?」ってなって、発表年見てさらに「なんじゃこら?」ってなった。小説、人生、自分のうちから飛び出てくる臓物を紙ではさんで人の目に触れるところに、出す。誰もが持っているけど唯一無二の自分の臓物を。

台風一過

台風一過 植本一子

「台風一過」植本一子著河出書房新社、この日記文学シリーズも4冊目。うちの本棚にも4冊目が並ぶことに。YouTubeおすすめで動画が出てくるの場面での下の娘さんが小声で耳打ちする言葉にはっとするというか心が揺さぶられる。挟み込まれる写真の光線の具合が良いな。

8a147539 d412 4499 b071 084ec14a5be689e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e
〈レンタルなんもしない人〉というサービスをはじめます。

〈レンタルなんもしない人〉というサービスをはじめます。 レンタルなんもしない人

『「なにが嫌いか」で自分を語ったっていいじゃないか』 わかる、わかる。 引き受けた依頼が肌に合わず、途中で切り上げてしまった話も面白かった。『「夢」というワードを口にする人に対する偏見が僕にはあるかもしれないと思った。』わかる、わかる。

3c7689f7 aa01 4d6b 9051 386f4cf9b9546afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc373393e9480d0 9e3c 44da bc92 74470b0e1693D729a335 b288 4d71 a3b9 cf826ac7f655706019c5 5941 408b 96f0 2d4ab53fcd19C5c18958 4d1e 4e3a aabc cbbb089efcb057c1f5f5 ae8d 4249 bcbb d71ec9be71e3 26
吉田秀和

吉田秀和 河出書房新社編集部

なぜ今、吉田秀和なのか?分からないけれど、僕のクラシック音楽の趣味や嗜好や生活や行動は彼によってほぼ出来上がったので、本屋で見つけて速攻で買いました。つまり、丸谷才一氏曰く、われわれクラシック音楽愛好家は吉田秀和によって創られた。 追伸 西洋史の堀米さんとの対談の中で、ひとつ、誤植見つけた。でも、この中にも出てくる、武満徹や東野芳明との対談もすごく面白くて、禅問答みたいで、つい見逃しちゃったんだろう。

マーラー

マーラー 吉田秀和

「マーラーはむずかしい、私には。」いきなり、こんな言葉で始まる。好き嫌いを通り越した体験の記録としてのマーラーを聴き記す。そう、マーラーは「私の時は、いずれ、来るだろう。」と言ったという。

履歴書代わりに

履歴書代わりに 吉村昭

敬愛する吉村昭。 彼のエッセイを読めすぎて、もはや既視感しかないけど、それでもやっぱり好き。 終盤に載っていた青春〜の話は、淡々としていてそれでいて氏の死生観が表れているところが素晴らしかった。