河出書房新社の本

スガリさんの感想文はいつだって斜め上

スガリさんの感想文はいつだって斜め上 平田駒

主人公の須賀田綴(通称スガリ)は言葉に対する裏の意味まで考える洞察力を持つ少女だと思うけど せっかく可愛いのに 変わっているのが良いんだか悪いんだか ただ彼女のその能力に救われている人がいるので 部活の立ち上げは是非叶えてあげたい 本の読み方が変わりそうです

Ff6412c3 1eed 48fa 9def f8fa740df82bBbd84f66 855e 46ac a809 047007f0424eE0d88736 c5b5 4929 a40e 396c3ca8a50e
夢も見ずに眠った。

夢も見ずに眠った。 絲山秋子

淡々と静かに進んでいくのだけど、どこかですれ違いそして、後半にかけてのぐんぐん雲が晴れていくような雰囲気がすごい。こういう夫婦関係も素敵な気がした。

趣味で腹いっぱい

趣味で腹いっぱい 山崎ナオコーラ

働かない人は駄目な人という風潮と生き辛さを強く感じる現在の社会において、おおらかに趣味に生きる人たちが魅力的に描かれていてます。読んでいて楽しくなります。 生産性は無くとも、心の豊かさや癒しを周りの人に与えてくれる、そんな趣味人の目に見えない価値を教えてくれて、またどんな人も肯定してくれるような優しい気持ちになる作品です。

F1ea2c73 e179 442b b27d bcfe29183e517a6b8ad1 bfdd 4132 a4af d854919dfd9908e28c20 6b2b 418b be61 cedca12c5622E2b8cdc3 67d8 477a 9028 de9fac56ab676c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9D487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f9869F704f741 d0e7 4113 81de c232ddba2c16 8
すべての、白いものたちの

すべての、白いものたちの ハン・ガン

新しいジャンル。節がたくさんあって、とても雰囲気がある作家。書店のレビューはアテにならない。もっと早く読むべきだった。

46baa3a2 b5d4 481f a76a 26f9ada3ac55E9060055 3283 4b39 addc aadb5890c11eC49cdc77 3a49 4dc3 9e52 196e1b7ed926B81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f489e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e0c0a9e37 6a00 44f9 af19 b6d64c2eedae84d1a374 bc29 4c2e b929 01982e9a9690 8
絶望書店: 夢をあきらめた9人が出会った物語

絶望書店: 夢をあきらめた9人が出会った物語 頭木弘樹

久々に新品で買ってよかったと思った。わかりやすく精神をやられている訳ではないが、活き活きと活躍している賢人でもない半端者は治療の手も賞賛の拍手ももらえない。辛かったねとは言ってもらえづらい。しかしこういった本の出版がある限り、半端者の人権が保証されているようにほんの少しだけ思った。冒頭の夢を諦めるのって、こんなに難しいの?で既に一回落涙して、「神や仏の御心のままに生きるということは少なく、拝み方や御賽銭が足りなかったから願いを聞いて貰えなかっらというように人間の努力次第で人生なんとかなるという意識が強い」「可能性を目の前にしながらそれを実行しないのは不自然とされてしまう世の中」という記述にやんわり圧倒されて、サッカーの名門バルサに入団したものの選手入りできず田舎に戻ってきた幼少期を持つ青年にインタビューした「肉屋の消えない憂鬱」というセクションを読んで電車の中でまた泣いてしまった。

08e28c20 6b2b 418b be61 cedca12c56226c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9
クイーン

クイーン 

映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観て、久しぶりに本棚から引っ張り出して再読。 もうすぐ自分もフレディが亡くなったのと同じ歳になるのかと思うと、未来に何かを遺す仕事をしなくては、と焦りを感じます。

すみれノオト ---松田瓊子コレクション

すみれノオト ---松田瓊子コレクション 松田瓊子

日本にも、戦前まではこんな「良識ある両親に育まれ、クリスチャンとしての信仰を守り、純粋で無垢で可憐なお嬢さん」が本当にいたんだなぁ… 今はもう、絶滅してしまった、そんな「お嬢さん」の描く、可憐で繊細で美しい物語。 美智子妃殿下が作者の愛読者だったのも頷ける。 ただ、作中で、19歳の自分を「こども」と自称するのはどうなんだろ?昔はもっと早熟だったのでは(女学校卒業してすぐ嫁ぐとかありふれた話だったみたいだし)?今の19歳の女の子でも自分を「こども」とは言わない気がする…ちょっと違和感。

吉田秀和

吉田秀和 河出書房新社編集部

なぜ今、吉田秀和なのか?分からないけれど、僕のクラシック音楽の趣味や嗜好や生活や行動は彼によってほぼ出来上がったので、本屋で見つけて速攻で買いました。つまり、丸谷才一氏曰く、われわれクラシック音楽愛好家は吉田秀和によって創られた。 追伸 西洋史の堀米さんとの対談の中で、ひとつ、誤植見つけた。でも、この中にも出てくる、武満徹や東野芳明との対談もすごく面白くて、禅問答みたいで、つい見逃しちゃったんだろう。

マーラー

マーラー 吉田秀和

「マーラーはむずかしい、私には。」いきなり、こんな言葉で始まる。好き嫌いを通り越した体験の記録としてのマーラーを聴き記す。そう、マーラーは「私の時は、いずれ、来るだろう。」と言ったという。

履歴書代わりに

履歴書代わりに 吉村昭

敬愛する吉村昭。 彼のエッセイを読めすぎて、もはや既視感しかないけど、それでもやっぱり好き。 終盤に載っていた青春〜の話は、淡々としていてそれでいて氏の死生観が表れているところが素晴らしかった。

三日月少年の秘密

三日月少年の秘密 長野まゆみ

2019/2/10読了 大好きな「天体議会」「三日月少年漂流記」と同じシリーズではなかった。初期の長野まゆみの文体を期待して読むと、やっぱり違うなという感想。 書き下ろしと文藝に掲載された二つの中編で構成されているけれど、後半の「鞄の秘密篇」が特にわかりにくい。

総特集 森見登美彦

総特集 森見登美彦 河出書房新社編集部

『熱帯』を読み終わった時確信した。 これはモリミーの集大成だと。全部入りだと。 そして時を同じくして15年を振り返るこの本が出た。 あまりの充実さ、内容の濃さに カルピスの原液かと思った。 ロングインタビュー、全著作解説エッセイ、 単行本未収録小説などなど。 何より最高だったのが盟友明石氏との対談。 夢かよ!と。リアル『太陽の塔』じゃねぇか!と。 『熱帯』は「読み終わるのか?」と思ったが、 この本は「読み終わりたくない!」と心底思った。 ともあれこれより森見登美彦は、 フェーズ2に移行する!

E75c80b8 ecab 41ee baf7 6bc514492d94Cbf5359e 4a74 476c 92ff 8fd73b3a9988B65c3b44 b07f 4728 8a73 f235eba2f93522461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f1