筑摩書房の本

514xwpfvtfl

ムズい。後半は特に。

A7c28a86 8f38 4505 a5b1 0290d15f3b57E43f002e 1241 4977 aa1b cdbc58e2c6ad
41goo6v3u6l

ストレスとは慣れによって克服されるものである。

414c5ldjhul

大空襲の夜が明けはじめ、まだ炎の上がる街の崖下に、山手線の列車がいつも通り動き出す。失った我が町の生き残りに会えたような嬉しさ、日本の社会の律儀さへの感嘆とともに、他ならぬその社会が帰結した戦争への省察。時代も地域も全然違うけど、自分にとっての我が町東京を一番良く描いたエッセイはともし聞かれたら、私はこの本を挙げる。

41ii8mnib%2bl

P179 ①現在の諸宗教の姿よりも、過去の歴史的事件や、開祖(イエス、ブッダ、ムハンマド等)の生涯・思想を学ぶことが多い。つまり宗教は"今も生きている"ものではなく"歴史・伝統を作ったもの"として扱われる傾向がある。現在の信者を描くときにも、日本国内のヒンドゥー教徒やイスラム教徒ではなく、遠い国のそれらの信者が選ばれる。 ②キリスト教と仏教の分量が多い。たとえばイギリスの宗教科教科書は、キリスト教、仏教、イスラム、ユダヤ教、ヒンドゥー教、シーク教という国内の主要宗教に同じ分量ずつページを配分するのが普通だが、日本は「三代宗教」(キリスト教、イスラム、仏教)中心で、なかでもキリスト教と仏教の比重が大である。 ③「倫理」は「イエスやブッダという先哲に学ぼう」というスタイルをとっている。それは生徒側に特定の宗教に対するこだわりがないという暗黙の了解が教科書にあることを意味している。つまり、生徒はどの宗教からもその教えを吸収できるはず、という前提がある。クリスマス・パーティもやれば初詣にも行く、クリスチャンでなくても教会で結婚式を挙げる、というのと似た発想で、さまざまな宗教の教えが誰にでも役に立つものとして扱われている。実際には、自分の信仰とは違う宗教に見習えと言われたら、困ってしまう生徒もいるかもしれないのだが、そういったシチュエーションは想定されていない。

419gs3kxfpl

アイデアいとおかし

51msooq145l

両国・浅草橋・千住・谷中・築地などをぶらぶら歩く紀行?文集。両国の回向院に立ち並ぶ墓碑の解読に始まり、この東京の地下に震災や戦争・罪人や遊女など数多の死者の遺体が眠っていることを、著者は町々の隅にある記念碑や墓を見つけ出しては示してくれます。地下鉄を掘れば骸骨がざくざく出てくるような土地の上に我々は暮らしている。そのことが繰り返し述べられた後、ぐるりと散歩した著者は再び両国に帰ってきます。そこで上空を見上げつつ、東京骨灰紀行はスケール大きく総括されるのでした。

51epkwzimpl

無声映画の弁士にはじまり俳優、作家などマルチタレントだった徳川夢声。昭和26年から8年間、週刊朝日に連載された対談集。豪華なゲスト陣の顔触れに注目!

41zvdmz9bel

悪口の切れ味はとても良かった。吉本の評価はともかくとして、まさに共同で作られた幻想としての大思想家吉本を論じるといったもの。 が、そもそも価値って社会の構成員により自然と形作られていくものであり(ビジネスはその操作)、そしてそれに対するカウンターも社会の機能であって、今更感はある。そもそも影響力なんて若者には無いわけだし。(50代などで未だに引きずってる人は一部居るのでしょうが。 三浦つとむと時枝誠記はいずれ読みたい。

61 8ukoklyl

ほのぼの系は飽きないね

412123e2 c4e2 4846 927b 6b68548f58f4C9bee065 92a5 4939 8591 6ccfb761e18899ad4324 4c75 4467 bb85 f071d199e46a078140ac 3dc7 41f9 a497 3422e719a306B157b007 4c8d 403f ab76 05595a1fbba1
51mkgxwpbql

個性的で魅力溢れる登場人物がてんやわんや忙しなく活動していて、まるで勢いのある小劇場の舞台のようである。 特に、物語中盤からの、ジェットコースターのような展開は、読んでて飽きない。

E4f21041 cc6c 4268 b713 5baf3e868f447a943f7a e1d2 45e2 a2e6 0478f4cb95019d62825c 1436 4b41 918f 3b5e6affb185E913465c 24fe 47f0 b46a de17f579871c00036308 68e1 4d20 8431 4933bd646510Ac45a968 559a 48e6 b068 6a92267ece10Cbafb4b9 fe87 44fc 8844 17c80cf294c6 10
31xt0ar42zl

モモちゃんシリーズで有名な著者。 晩年は民話や不思議な話に興味を持っていたことが意外で読みたい本だった。 この本は、実際に体験した人の話をまとめた一冊。不思議だけど、なぜか心温まる話の数々。

51xrvioatql

「承認依存」を引きこもり、うつ、秋葉原事件、フランクルなどに繋げて分析する 「他者からの承認」ではなく「固有名の肯定」 「他者からの承認以上に、他者への承認を優先すること」が一番いいなと思えた処方箋

C38d1c07 ca36 49ca 8ca5 4fe7852634813a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f43
41jzx0hwhml

心が宿る器官「脳」を思考によって分析、そして生きやすくする事を目的として書かれた茂木さんの本です。 茂木さんの本によく出てくる単語が詳しく、丁寧に解説されています。「偶有性」とか「セレンディピティ」とか「エラン・ヴィタール」とか「世界知」とか「生活知」とかです。 それぞれの解説については読んで頂ければわかるとして、これらの単語と意味が広まるのはとても意義ある事と思いました。特に「偶有性」「世界知」「生活知」については。 脳の整理を目的としながらも、私は素直に読めばいわゆる哲学の話しだと思いました。どうやってこのいわゆる『素晴らしきろくでもない世界』を生きていけば良いか?という事を茂木さんは脳を整理する、と表現しているではないかと。 また、中でも気になったのは『主語を入れ替える』事です。 話しが長くなってしまうので、思い切って省略すると、この話しはリベラリズムの話しなのでは?と思われました。公正さに根差したリベラリズムって奴です。またその事を実践する為の思考を構築する話しなのです。「社会のどこに生まれても自分は耐えられるか」という反実仮想を迫るものであり、機会平等と最小不幸を主張するというあの、リベラリズムって奴です。「公平さ」と置き換えてもこの場合良いと思います。 ただ結論近くに不安を乗り越える為に出てくる解決方法が少し気になりました。茂木さんは「根拠の無い自信」が大事だというのです。小さな成功体験を大事にチャレンジしろと。ここの所には少し違和感を覚えました。根拠の無い自信を持つ事が難しいから誰もが不安を覚えるのだと思います。私は「根拠の無い自信」より「覚悟」が出来るかどうかだと思います。 上手くいかなくても、自身がベストを尽くせば結果は仕方が無いではないかと。時間もお金も制限無くかけても人の世に100%はありませんし。また何事も上手くいかせ様とはちょっと虫が良すぎると思うのです。みんなちょっとづつ迷惑かけあってしか生きられないですし。結果を受け入れる事が責任を背負う事なのではと。良い結果でも悪い結果でも。あるいは深く傷つく結果であったとしても。私もそうできたらな、と思って生きているのですが。なかなか徹底できませんが。 2007 1月

92b278d9 69e7 4bf5 8439 9ea7057e2c8639ab553c c44b 4182 85e3 20c9abed19e0
51 pqzeyo0l

死刑という刑罰に対する何らかの思想を持つ人にも持たない人にも意味ある良書。特に宮﨑、宅間とのやりとりには深淵を覗く感覚にとらわれる。

517z3fy3pfl

晶文社の編集者として活躍された津野さんのエッセイ集。執筆当時50代前半だった著者が、自らの生活や先達の作家・思想家の生き方に触れながらシングル生活について考えを巡らせています。独身者の部屋は棺桶に似ている、片岡義男の小説はユートピア小説である、などの指摘にハッとさせられました。巻末の関川夏央・山口文憲との鼎談が本書の山場。

41nbd3wzzal

災害に対する近代以前の人々の対処法を辿ることで、日本人の心性史を探ろうとされています。水害、地震と津波、噴火・山体崩壊、雪害・風害。記憶に新しい出来事にも多く触れられるため、読んでいて辛くなる箇所もあります。古代から災害を経験するたび、生き残った人達はその土地その時代の習俗で災害を鎮めようとしていたこと。後世に向けて様々な形で伝承しようとしていたことがよくわかります。にもかかわらず我々が忘却・油断しやすいことも。

9a2bf2ad ba91 4cdb bd69 308786eb24ff6b653019 ddae 448a 8857 0e6c4a71291e
21xma8ay5ql

奇術の解説も素晴らしいが、ディクスン・カーの問答が秀逸。

51qp ybhogl

面白かった〜〜!文化、政治、芸術、歴史のすべてが詰まってる(*^o^*)

51mrvv2l9al

ホームズ物と人気を二分したソーンダイク博士物の2作目。科学的な手法で事件を解決するのでが、「CSI」とか見てしまうと時代の流れを感じてしまう。 ストーリーは面白いよ。

Cbafb4b9 fe87 44fc 8844 17c80cf294c6Ed6cbd54 f4b0 4bcc a6e9 354962baeb62936514ef 811f 4dad 91df 2fcd29701793