角川学芸出版の本

方丈記

方丈記 武田友宏

元祖「孤独学」 無常を学べます。 「いつまでも変わり続ける状態が、いつまでも変わることがない」 深いです。

九鬼周造「いきの構造」   ビギナーズ 日本の思想  

九鬼周造「いきの構造」   ビギナーズ 日本の思想   九鬼周造

現代の「おしゃれ」「クール」のルーツといえる江戸好みの美意識「いき」とは何か。 「粋」な日本人の生き方をさがしています。今、求められる「粋」とは。 「いき」と「粋」その「息」づかいや「生き」方。まずは学ぶことからスタートです。

大鏡

大鏡 武田友宏

現代語訳と原文と、解説文が載っていて読みやすい。

C1940fee 8b71 4cc3 97f5 6f692f25320cFe789b40 eba6 44e1 a6b8 90882761e35e
世界一わかりすぎる源氏物語

世界一わかりすぎる源氏物語 『源氏物語大辞典』編集委員会

あの長大な「源氏物語」を200ページで概説するまとめ本。 全54巻が、巻ごとにダイジェストになっているのでわかりやすい。系図もその都度出てくるので、ややこしさを極める人間関係が理解しやすい。 しかし極限までエッセンスを抽出してまとめているので、要約すると「光源氏は〇〇と契りを交わした」ばっかりになってしまうのはご愛嬌だよね。

Bf0c5949 b450 4f44 8dd8 6236a7a65f265c471897 5532 4db3 90a7 c62058717dcb
数学物語

数学物語 矢野健太郎

本屋でレジ横に置いてあって、会計時に何気なく買ってしまった一冊。 数学の歴史を紹介しながら、定理の説明などをしてくれるが、非常にわかりやすかった(内容も簡単なものなのだろうが…)。 文系でも興味を持って数学について学べる一冊。買って良かった!

Bd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09b0bf64941 7f34 4cc5 bb39 922fcdd17561Icon user placeholder
旅人 ある物理学者の回想

旅人 ある物理学者の回想 湯川秀樹

ノーベル物理学賞を日本人として初めて受賞した物理学者、湯川秀樹の半生を綴った自伝です。 堅い文章、と感じる方もいるかもしれませんが、私は読みやすく物語みたいだな、と思いました。 もう一度読みたくなる作品です。

合本俳句歳時記 第四版

合本俳句歳時記 第四版 一般書

無人島に持って行くならこの一冊。季節とともに生きる。いつでも読めるようにアプリでゲット。世界は言葉でできているから。

科学するブッダ 犀の角たち

科学するブッダ 犀の角たち 佐々木閑

P296 合理性だけで人生を全うできるのならそうしたい。それは決して実行不可能な夢まぼろしではない。釈尊が、そして多くの優れた科学者たちがその道を行った。しかし、そうしたくてもできない者を拾いあげる超越者の宗教は、これもまた人間社会になくてはならない大切な一機能なのである。

改訂版 雨月物語―現代語訳付き

改訂版 雨月物語―現代語訳付き 上田秋成

正月に読んでました。怪異小説という、亡霊や化物が主題の物語が9作収められてます。中国の故事や仏教説話などを基にした怪奇風小説は、当時読本のジャンルとして親しまれていたものだそう。

C9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62ac52bd9325 ad4e 4e79 bb55 f580f1d324ae
中原中也との愛―ゆきてかへらぬ

中原中也との愛―ゆきてかへらぬ 長谷川泰子

小林かいちが装丁に使われてるので手に取りました。 古今東西を問わず画家や音楽家、作家なんかにはこういうファム・ファタール的な人がいるの面白いよな~と思ったけど、誰にでもそういう人はいて作品として残るから特別なように感じてしまうだけなのかもしれない。 長谷川泰子さん本人に悪気はないんだろうけど女に嫌われる女って感じがする~~ 小林秀雄サイドの文書も読んでみたいけどあんまり残ってないっぽいんだよなー

世界を変えた哲学者たち

世界を変えた哲学者たち 堀川哲

15人の哲学者、それぞれの思想を簡潔にまとめた上で、彼らの思想が世の中にどのような影響を与えたのか・・・をまとめた本。 正直哲学者というと、世間の流れとは無関係だという勝手なイメージを持っていたけど、彼らがいかに世の中に影響を受けたのかが分かり、勉強になった。 著者が哲学者たちの思想の問題点についてダメ出ししてる部分も面白い。

Dfbd1143 4c06 47d5 b974 471791c7d8c0E78802d3 a552 469c 8f34 2ba46d708a0aBd8139b9 4767 4df5 912c a342c94a27bd
語りきれないこと 危機と傷みの哲学

語りきれないこと 危機と傷みの哲学 鷲田清一

"体は一緒にいても、心が逃げてしまっている場合がある。クライアントの側からしたら、ほんとうにつらいとき、悲しいときには、よけいな慰めなど言ってもらう必要はなく、一緒にいてもらうだけでいい。心理療法の根本は「そこにいる」ことである。"人に悩みを相談されたら、何か気が利いたことを言おうとはしていないだろうか。そこにいるだけでいい。しかし、それこそが一番難しいのである。

不良のススメ

不良のススメ 瀬戸内寂聴

瀬戸内寂聴さんは、萩原健一さんの、熱心なファンであり、彼については、憎めない不良として、高く評価しておられます。 そのお二人の対談集です。