角川春樹事務所の本

幻想古書店で珈琲を6 それぞれの逡巡

幻想古書店で珈琲を6 それぞれの逡巡 蒼月海里

今回はアスモデウスの話しが中心。サラとの過去が更に詳細に描かれ、アスモデウスの心情を読み解いてゆくツカサと亜門。亜門の悲恋とは違うアスモデウスの悲恋の意味合いが姿を変えていく。

あきない世傳 金と銀(五) 転流篇

あきない世傳 金と銀(五) 転流篇 髙田郁

店の外部には悪役の影がちらつきますが、基本いい人ばかり出てきて心地よい。 この5作目でも主人公の商売の知恵、アイデアが大当たりで痛快。 でもまだまだ課題もあり、これからの展開が楽しみ。 当時の大坂や江戸での商慣習を知ることにより、生身の生活を感じられて面白い。

Daf6073a 6c66 4126 bc03 676433aab319Icon user placeholder68cf50e6 a041 456b 916e 9f6380044ab6
樹海警察

樹海警察 大倉崇裕

あまりの面白さに、一気読みしました。是非、続編を期待したいです。

風よ 僕らに海の歌を

風よ 僕らに海の歌を 増山実

関西でのお話。「勇者たちへの伝言」も関西のお話でしたね。 史実を取り上げているので、つい実在しているかと勘違いしてしまいそうに。宝塚の街にイタリア料理を運んできた!なんて、イメージピッタリですし。お店探しそうです。笑 第二次世界大戦時から親子二代にわたる軌跡です。

名刀伝

名刀伝 細谷正充

名刀にまつわる物語を描いた短編を集めたアンソロジー。一本目の浅田次郎「小鍛冶」が一番印象に残っている。元は黒後家蜘蛛の会的なシリーズの一編らしいので、そのシリーズも読んでみたい。

壊色

壊色 町田康

パンクロッカーで芥川賞作家の詩集。童謡の町田さんの新しい解釈は衝撃だった。言葉遊びを教えてもらえると思います。

あきない世傳 金と銀(四) 貫流篇

あきない世傳 金と銀(四) 貫流篇 高田郁

発売ほやほやのシリーズ4作目を本屋さんで発見。「商売の成功」という同じ目的に向かっていた夫婦。最初は良かったのだが、うまくいくに従って、妻の商才が目障りになる主人。呉服の材料の産地を育て、その素材の独占販売に成功。現在のユニクロやGAPなどのようなSPA(製造小売業)の走り。 ところが、主人は取引先への義理を欠いたために、信用を失う。 ここから主人公「幸」の活躍が始まる。 今回も商売のアイディア炸裂! 最後には、その男気にシビれます。

Daf6073a 6c66 4126 bc03 676433aab319D6ccf8be 3e9a 4954 a19a 32116cce0d6eIcon user placeholderIcon user placeholder68cf50e6 a041 456b 916e 9f6380044ab6
料理通信 2017年 07 月号

料理通信 2017年 07 月号 

特集「一汁一菜」 日々こんなオシャレなご飯など作ってられないけど、ページをめくって眺めてるだけでもなんだか体にいい事してる様な気がしてくるから不思議。 個人的には掲載の一汁一菜メニューだと全体的にタンパク質と炭水化物メインで野菜が足りてない気がした。

サーベル警視庁

サーベル警視庁 今野敏

現代の刑事モノで人気の作家が初めて挑んだ時代モノ、けっこう好きな作家なので手に取ってみました。時代モノといってもまだ西南戦争から間がない発足したての警察が舞台。伝法な物言いの元幕臣ではという刑事部長の下、個性豊かっぽい刑事たちが事件に挑む。事件は忍ばす池に浮かんだ帝大教授の死体、調べを進めると大きな闇につきあたって、という話。元新撰組で警視庁にも在籍していた斎藤一まで出てきて実力派の作者らしく面白く読ませるが...それぞれ面白そうな刑事たちのバックグラウンドなどには殆ど触れられずちょっと不満が残る。これもシリーズ化しておいおい取り上げていこうということか、などと思ってしまうのはちょっと読者としてひねすぎだろうか...

食堂メッシタ

食堂メッシタ 山口恵以子

二作続けて料理人の話。タイトル見て中身あまり確認せずに買ってしまった。てっきりドキュメンタリーだと思ったらいちおうフィクション。タイトルが前のお店名そのものだったけどシェフの名前など微妙に変名にしてあった。こちらは常連には程遠いけども前からたまに伺っていて移転された今でもポツポツ伺ってるお店。何年か前に同じくメで始まる亀戸の予約困難店に伺った時に、同じように予約が難しいお店が目黒にあってしかもそこは女性が一人で切り盛りされたると聞いて興味本位で電話したらたまたまあっさり予約できて以来のお付き合い。作品中に出てくる料理を思い浮かべることができたこともあってとても楽しかった。果たしてこの作品のどこまでが事実でどこまでが作者の創作なのか…できれば次に伺った時に聞いてみたい。たぶん答えてくれないだろうけど。作品中に自分も知ってる常連さんが出てきたのも含めてとても面白かった(笑)

今池電波聖ゴミマリア

今池電波聖ゴミマリア 町井登志夫

タイトル買い。世紀末な今池、いいですね。大好きな町今池が電波でゴミで嬉しい限り。(今池を知らなくてもまったく問題なく読めます!) 2001年の小説なのに、ストーリー全体に漂う救いようのなさは、2017年に読んでも古さを感じさせません。。 ネットがストーリーの鍵のひとつになってますが、そこは古く感じるかも。 トラボー、ペラ、パタイなど独特の若者言葉がいい味を出してます。(時計じかけのオレンジのナッドサット語みたいな) 私は真紀派ですが、この小説のヒロインはマリアなんでしょう。 一般人は何もできず振り回されるけど、今日のところはひとまず生き延びるしかない(そして、そんな日を繰り返すしかない)みたいな諦念が根底にある気がする。 そして無力感の象徴であり、死ねるなら死にたいマリアは、作中なんども死ぬチャンスに巡り合うのに生き残ってしまう。 救いのない話なのにきちんとエンタメしてるし、全体的にはテンション高め。なぜか爽やかな読後感。

幻想古書店で珈琲を―招かれざる客人

幻想古書店で珈琲を―招かれざる客人 蒼月海里

新しい魔神もお話に加わって、少々の賑やかさは加わったけれど、でも止まり木にはいつもと変わらない穏やかで優しい時間が流れています。 今回の表紙もまた素敵。(完全に表紙イラストのファンです) ツカサの、ちょっと煮え切らない、一生懸命道を探す姿勢はきっと亜門には可愛く思えてるんだろうな、という亜門の視点も好きです。

某には策があり申す 島左近の野望

某には策があり申す 島左近の野望 谷津矢車

地元の奈良では松永久秀と並び高名な武将。歴史のお勉強的には、前半生が不明で筒井順慶の重臣としていきなり歴史に登場、筒井家を出ていろんな武将に雇われたが最後に自身の所領の半分で召し抱えにきた石田三成に義理を感じ、負けると分かっていた関ヶ原で主君と運命を共にした、とされている男なのだが…。本作では武士としても強く戦術にも優れているがしょせんは田舎侍の悲しさで大きい戦に恵まれ無かった戦に飢えた男として描かれている。いわば関ヶ原もこの男が戦下手な三成を煽って起こさせたようなものだと。個人的には歴然の家康に戦下手の三成が挑んでしまったのは主人公や上杉家などに煽られた面もあるのでは、と思っていただけに興味深く読めた。簡潔かつどこか余裕のある文章も良くて面白かった。

ミサコ、三十八歳

ミサコ、三十八歳 群ようこ

私は、田舎暮らしだし、一流企業に勤めてる訳でもない。 主人公ミサコとは全然違う生活をしている。 キャリアも貯金もないけれど、私が三十八歳のときどんな生活をしているのだろう。

優しい言葉―パンとスープとネコ日和

優しい言葉―パンとスープとネコ日和 群ようこ

きっかけは、かもめ食堂の映画を見たこと。そこから、この役者さんたちの出ている映画やドラマを片っ端から見て、この本に辿り着いた。私の家には犬がいますが、ネコもとっても大好きです。手作りのパンもスープも読んでいるだけで食べたくなって、そして作りたくなる。読んでいるだけで幸せになれる本です。私も電車を乗り継いでお寺へ行ってみようかしら。

E2b8cdc3 67d8 477a 9028 de9fac56ab67E344ca04 c576 4479 85dc 7c3c83597ed4A481e253 310a 4904 89f1 3afdf1a4b0f6Icon user placeholder9bdb99ea adbf 4491 80ec eb69f4ea8bf8
今日のハチミツ、あしたの私

今日のハチミツ、あしたの私 寺地はるな

2018/1/11読了 もし自分が碧の友達だったら、多分私も真百合と同じように、その男はダメだからさっさと別れなよーと言うと思うんだけど、でも自分自身に安西の要素もあるからしんどいな。物語の最初の方の碧と、自分で自分の行き先を決めて動きだしてからの碧では輝きが違うというのは、読んでいて自然に感じられるので、置いて行かれた感のある安西はより惨めだったのだろうと思う。やっぱり人間って主体的に動いてないと後悔するんだなー。

Fcd78a68 5507 494c a56a b3dcf49699db0402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a00Icon user placeholder38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21F5832510 ecec 4db7 979b 603ed8731c120e0e6b26 b029 492e b573 be3c3f474063
檻

檻 角川春樹

P202 高ぶって眠れない夜も、罵る世間の声の幻影も、秋の大和路を恋しがる気持も、早々とやってくる消灯後の時間の長さも、父母の像が鮮烈に浮びだす想いも、誰も彼もやたらに憎悪したくなる瞬間も、そして自分のぶざまに返りみられる姿への自嘲も、何となく成熟してひと皮削りおとしたような感じも、すべて描きだされている。