講談社の本

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS After20(3)

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS After20(3) 半 二合/バンダイナムコエンターテインメント

連載を読んでいるので展開は知ってはいるけれど、巻末の引きにはドキドキしてしまう。 毎度のこと、大人たちならではの悩みや立ち止まりなどが美味しいご飯とお酒で解されていくシーンが良い。三船さんの幸せを心から願っている……

ダイヤのA act2(17)

ダイヤのA act2(17) 寺嶋裕二

2019/06/21 読了 西東京大会3回戦、青道vs由良総合。 エースナンバーを背負う沢村も、そうトントン拍子には進まない。 〜エース1人じゃねぇぞ、チーム背負ってんのは〜

我が名は秀秋

我が名は秀秋 矢野隆

2019/06/15 読了 〜歴史とは生き残った者が紡ぐ過去である〜 秀秋、カッコいい! 関ヶ原でぐずぐずに描かれる秀秋。 こんな解釈も成り立つのか〜。 いや〜面白かった。 本を読んでいて、久々に電車を乗り過ごした(^。^)

クロマティ高校 職員室(1)

クロマティ高校 職員室(1) 野中 英次/井野 壱番

今更続編かよと思いつつ、予約購入していた作品。 面白いくらいクオリティが変わらず、ちゃんと最近の話題も取り込まれてるので違和感なく読めたのがなにより嬉しかったかもしれない。 表紙の悪意がまた良い。勘違いして買って欲しい。

はじめての虐殺(2)

はじめての虐殺(2) 稲光伸二

今の時代でスレスレのような、絶妙なラインを攻めている姿勢はすごいと思います。 割と好みが分かれるマンガかも…。 ロリコン退治に他のチームも登場してきて、何やら雲行きがあやしい。 敵も異形の姿になったりと、工夫を感じます。 ちなみに、表紙の姿は“ステージ4”です。 少女達のバトルロワイヤルな感じと、あと主人公のよく分からない最強能力が、今後どのようにストーリー展開するのか、全くの未知の領域で楽しみです。

来世は他人がいい(3)

来世は他人がいい(3) 小西明日翔

東と西、それぞれの大物ヤクザの一人息子と一人娘がお試し同棲させられるお話、第三弾。 美男美女しか出てこないが、まともな倫理観の持ち主が一人も出てこない。一見常識人のヒロインも、キレると怖い(笑

F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cacIcon user placeholderCe97f46b 2ccc 4f39 befe c3b9094a0dc85b0ed130 b34d 4791 be03 e05a61fe358f404e7f0a baaf 488e ab42 ce64fc4e3d1e74b56a8c 317b 4925 aa99 9e367a870381Icon user placeholder 13
たんぽぽ

たんぽぽ 川端康成

人体欠視症?川端という作家は本当に幻惑的で官能的な作家だ。可憐な題名がトリックのような小説。 これが書き上げられたのは昭和47年、この時代はこのような表現が、まだ出来たんだな。未完で終わったのが残念、稲子の母と久野はこの後、どうなったんだろうか。

狭い世界のアイデンティティー(3)

狭い世界のアイデンティティー(3) 押切蓮介

ハイスコアガール最終巻を読んだ後とにかく押切先生にお金を払いたくて買ったタイトルだった。今はこれを新たな楽しみとして発売日を待っている。 3巻でこの作品がある理由、作者も作品に出てくる面白さみたいなものがはっきりと分かってきたので、紙漫画派としていよいよ目が離せなくなってきた。早く続きが読みたい。

魔王さまの抜き打ちダンジョン視察(1)

魔王さまの抜き打ちダンジョン視察(1) 館ノ川駿

ダンジョン大好き・魔王様に仕える事となった下級悪魔の、振り回される日常が描かれている。 その異常愛は、公務に「ダンジョン視察」を加えてしまうほど。 そのダンジョンでは罠にかかりまくり、優秀だけど、ある意味手のかかる魔王様。 だけど人柄の良さで、上手いこと物語は展開していく…。 ダンジョンにこだわりを持つのは良いことだけども、他のダンジョン漫画と比べるとインパクト弱いかなーという印象でした。

サスツルギの亡霊

サスツルギの亡霊 神山裕右

南極基地という極限での殺人。 敵方のキャラクターがもう少しはっきりしていればわかりやすかったかも。どちらにしても、共感しづらい話だった。みんなもっと、素直になろうよと。

微妙に優しいいじめっ子(1)

微妙に優しいいじめっ子(1) もすこ

長編ストーリーではなく、1ページ漫画だったり数ページだったりと、淡々と進んでいくイメージ。 クスリと笑えて最初は面白かったけど、でも読み進めて考えてしまった。 「微妙に優しいいじめ」というニュアンスを使ってるけど、それはキャラの性格次第じゃないかな、って。 この漫画で描かれてるからセーフみたいな感覚に陥る人がいたら嫌だな、と思った。 捉え方一つで、いじめはいじめだから。 真面目に考えてしまったけど、でもこの漫画を読む世代の事を考えたら、結構危ういテーマに私は感じました。 …「友達が不器用な不良」くらいのニュアンスではダメだったのかな…? 面白さもあるけど、この漫画に共感したり笑う自分はちょっと嫌だなと思ったので、続きは買いません。