講談社の本

僕とツンデレとハイデガー ヴェルシオン・アドレサンス

僕とツンデレとハイデガー ヴェルシオン・アドレサンス 堀田純司

最近、哲学を分かりやすく馴染みやすくしようといろんなコンセプトの本が出ている。シュレディンガーの猫が我が輩は猫よろしく語ったり、ビジネスとリンクさせたり、で、こちらはツンデレだ。ツンデレって何だ?結局、デカルト、スピノザ、カント、ヘーゲル、ニーチェを解釈しているのはおんなじだ。ただし、この本、縞模様を見せてお尻を突き出す、女の子のアニメみたいな絵が、スピノザの章の扉になってたりするんだよね。

ダイヤのA act2(15)

ダイヤのA act2(15) 寺嶋裕二

2019/02/11 読了 内部での熾烈なレギュラー争い。監督は監督で、自分の思いを胸に秘める。 「挑戦なくして成長なし」 いよいよ全国高等学校野球選手権大会が始まる。

バジリスク~甲賀忍法帖~(5) <完>

バジリスク~甲賀忍法帖~(5) <完> せがわまさき

すごく複雑な終わり方でした。 でも今までの流れを考えると、これが2つの郷にとってベストな終わり方だったのかもしれないとも思います。 途中では命懸けの戦いにいつまでも弦之介のことばかり考えている朧ちゃんに少しやきもきする部分もあったのですが、最後まで愛を貫かれると印象が変わりました。朧ちゃんかわいい。 陽炎ちゃんはひたすら報われなさすぎて可哀想でしたが。 あと天膳様は終始雑魚キャラ感がすごかったです…重鎮なのであろう割には格好がつかない笑 総じて一人ひとりのキャラがとても濃くて心情が手に取るようで、人間くさくて大好きでした。 本当に名作。違う作品もぜひ読んでみたいです✩.*˚

バジリスク~甲賀忍法帖~(3)

バジリスク~甲賀忍法帖~(3) せがわまさき

遂に人別帖の存在と意味を知った弦之介がどう出るのかが、気になる3巻です✩.*˚ 自分の一族の為に使命を全うする、というのを大事にする伊賀忍の気持ちも分かりますし、祝言を前にして本意ではない戦いに飲み込まれてしまい、一族よりも弦之介のことを考えてしまう朧ちゃんの気持ちも分かるので前巻の如月兄妹の話に続き胸が痛くなりました。 髪の長い左衛門さんがかっこいい……。 次巻も楽しみです( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )❤︎

バジリスク~甲賀忍法帖~(1)

バジリスク~甲賀忍法帖~(1) せがわまさき

アニメにもなった有名作! スロットが有名ですね。˚✩ 徳川家の行く末を決める賭け事の対象として選ばれた甲賀VS伊賀の忍者の戦いです。 忍者ならではの特殊な忍法や体術を利用した戦闘シーンは目が離せません。 また、各家の代表者2人が恋仲ですので、そちらの展開も気になります(✿︎´ ꒳ ` )♡︎ 次巻が楽しみです。

瑠璃と料理の王様と(9)

瑠璃と料理の王様と(9) きくち正太

9巻の瑠璃ちゃんの料理は、ドライカレーとミックスフライとタコ焼き。 それに、茗荷料理! 茗荷って薬味のイメージが強いけど、いろんな食べ方があるのだと知りました。私の中では、茗荷に火を通すイメージがないので、ほんと驚きでした。 あと、タコ焼き! 瑠璃ちゃん風タコ焼きはビックリしますよ‼︎

ポンコツが転生したら存外最強(1)

ポンコツが転生したら存外最強(1) 海月れおな

男1人女2人の幼馴染3人の、異世界転生物語。 ハーレム的な内容かと思ったら、ちょっと違う。 男は絶対防御の力を持つけど、攻撃力はマイナス。 1人の女の子は胸で好きな主人公の男を癒し、もう1人の女の子がなんといっても、すっっごいポンコツ。だけど、怪力でめちゃくちゃ強い!(笑) このポンコツ少女をどうやって生かし、異世界で生き残っていくかが見所です。 異世界転生マンガだけど、なんていうか…ツッコミどころ満載で、普通の異世界マンガの楽しみ方ではないですね。 でも、そこが面白いです!

選ばれる女におなりなさい デヴィ夫人の婚活論

選ばれる女におなりなさい デヴィ夫人の婚活論 ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ

Kindleで購入して読みました。デヴィ夫人の生い立ちや人生観、恋愛観などが事細かく書かれています。 スピード婚をした私的には「やっぱそうだよね」と納得できることが多い内容でしたが、恋愛の発見や勇気をもらえる一冊でした。 夫人がなぜ80歳を手前にしてあの元気とパワーがあるのか分かります。男性の方も読むと参考になるかも。

Icon user placeholder0b0fe38f 579a 4952 bd4f 5d5737d9c1aeIcon user placeholder2cbba6e1 aef8 479a a60b fd1a00f928e8D863f2cf 09c8 4d8c a7b7 a95e061c13e0Bd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09bIcon user placeholder 19
バジリスク~甲賀忍法帖~(4)

バジリスク~甲賀忍法帖~(4) 山田風太郎

男女入り交じりで時代も時代なので、10人衆内での恋愛も多いようで、4巻は特に愛情がクローズアップされていた気がします。 朧ちゃんと弦之介の初めての出会いシーンでは甲賀と伊賀、それぞれのほのぼのとした日常が伝わってきて尚更子の諍いとの差が大きいです。 どちらが悪い敵味方というはっきりとした勧善懲悪が無い分、内情を知ってしまうとお互い平和への道はないのかと考えてしまいますね。

バジリスク~甲賀忍法帖~(2)

バジリスク~甲賀忍法帖~(2) せがわまさき

人別帖を知らない甲賀の劣勢が続く中、そこをどう切り返していくのかが気になります。 名前しか出ていなかった甲賀忍者の顔や忍法が明らかになってきています。 また朧だけでなく弦之介の瞳術は物語のキーポイントになってきますので、その瞳術初登場でそちらも必見です(*ˊ˘ˋ*)♡ 個人的にはお胡夷ちゃんとお兄さんの左衛門さんが大好きなので色々な心中が入り交じる2巻でした!