集英社の本

後宮剣華伝: 烙印の花嫁は禁城に蠢く謎を断つ

後宮剣華伝: 烙印の花嫁は禁城に蠢く謎を断つ はるおかりの

妃嬪たちの位階の名称が違ったり、いくつも制度が違ったりで、いったいいつの時代?!と思っていたら、今までにも何かと出てきた聖楽帝のお父上とお母上のお話でした。 いつの時代もじゃじゃ馬っているのねー!この子の場合は体育大好き女子だけど、体育会系ではないなー。体育会系だったら、1巻目に出てくるコの方が体育会系だし。

小説すばる2018年8月号

小説すばる2018年8月号 

荒木飛呂彦対談を読みたくて図書館で借りる。クリエイター間のスタンド合戦は面白い。絵金を荒木飛呂彦先生が知らなかったのには驚いた。そして、和服は描くの大変、って語り、今後の作品でどう反映されるか気になるところ。

終焉

終焉 ハラルト・ギルバース

おそらく三部作の完結編。ナチに職場を追われたユダヤ人敏腕刑事の物語。配偶者が支配民族だったので収容所送りにはならなかった彼が、ゲシュタポの秘密捜査のために使われる一作目、友人で自分を匿ってくれたドイツ人女医にかけられた殺人容疑を晴らすために奔走した二作目を経てついにソ連軍によってベルリンが陥落させられる本作。前作の結果、妻と二人で暗黒街の顔役が持つビール工場に隠れ住んでいる主人公。たまたまいわくありげな男も同じ場所に匿われたことからソ連軍がドイツの核技術情報を捜す手伝いをさせられることになり、一方で妻はソ連兵に暴行され、その報復をなんとか図りたくて…という話。陥落寸前、そして占領されたベルリンの様子が緻密に書き込まれていて迫力があり素晴らしく本筋よりもそちらに気を取られてしまう。本作ではミステリもさることながらアクションがより多くなっており迫力もあって読み応えがあった。この作者の作品は今後も読んでいきたいと思う。

鬼

鬼 今邑彩

ホラー寄りのミステリーだけど、もっとホラー寄りの方が好みです。作品としては、古いものです。でも、この世界感が私は好きなので、ホラーよりの短編集「よもつひらかさ」を読んでみようと思っています。

炎の蜃気楼

炎の蜃気楼 桑原水菜

大人になって電子書籍で読み直し。やっぱりおもしろい。けど、この頃は普通の戦国ものと思ってたなぁ…。5巻まではサイキックアクション。以降は…嫌いじゃないけど、あんなにドロドロ腐らなくても良かったのに。

はじめてのひと 3

はじめてのひと 3 谷川史子

わかっちゃいるけど、つらいっす。 切なさmaxで駆け抜けるこのお話。 世の中の『正しさ』は きっと俯瞰で見ないと語れない、客観的だからこそのものであって、だから時々自分の事として起きた事に対して、すぐに世の中一般の『正しさ』を適用できなくなることがあるんだろう。

B85470f5 26e2 4014 bda3 f5a78ca2f894880d5e72 80e3 47f0 8394 0e9677a95e5203a1bf26 fa8c 4a92 90ae a39403b4e45b13a02678 3ae3 405a 8439 fc1b32da342bB7e2fecf 12f2 4f05 9a4e 238cbc4e1794
波の上のキネマ

波の上のキネマ 増山実

名作映画を知らないと面白くないか?と問われると「否」。 若き俊英は映画などそれほど興味が無かったからだ。その彼が、牢獄で映画に心寄せるようになる。 不思議な巡り合わせと、諦めない心。一期一会の恋。 俊英が映画館を創立した気持ちが、語らずとも染み入ってきた。 ちょっと町の小さな映画館へ、行ってみようかな。

Icon user placeholderE62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7fD664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c
ROBOT×LASERBEAM 7

ROBOT×LASERBEAM 7 藤巻忠俊

これで完結してしまった。期待されていた割には、呆気なく終わった。やっぱりジャンプにはゴルフ漫画は無理なのか。 「プロゴルファー猿」ぐらい破天荒にいければ人気がでたかもしれないが、妙にリアル路線いってしまったのが没個性になって、面白くなくなってしまった。

るろうに剣心─明治剣客浪漫譚・北海道編─ 1

るろうに剣心─明治剣客浪漫譚・北海道編─ 1 和月伸宏

20年ぶりの続編。作者にいろいろあったので、ホントに出るかどうか不安でしたが、ともかく刊行されたようで一安心。 この作品の「その後」を描いた作品としてはOVA版の「星霜編」があるのだけれと、星霜というよりは「凄愴編」といった感じで、人斬り時代の剣心の罪と罰を残酷なまでに突き詰めた、ファンとしては受け入れがたい内容だっただけに、この世界線が改めて否定されたようで嬉しい。 (あ、ちなみに同じOVAでも「追憶編」は超名作なので未見の人は絶対見るべき!) で、本作の話に戻るけど、30代も半ばとなり(外見ほとんど変わらんが)、剣士としての衰えを自覚し始めた剣心が、かつての因縁に立ち向かうというお話。懐かしキャラの登場、お馴染みの必殺技、外連味のある敵と、かつてこのシリーズを読んできた人間としては、あの時代の「るろうに剣心」が帰ってきた感があって楽しい。 弥彦の扱いがちょっと気になる(ネタバレ回避)けど、この辺は新キャラにその役割を託したってことなのかしらん。登場がここまでだったら寂しいね。 ともあれ、せっかく新シリーズが始まったので、久しぶりのこの世界観を堪能したいところ。続きが楽しみ。