ディスカヴァー・トゥエンティワンの本

ものの見方が変わる 座右の寓話

ものの見方が変わる 座右の寓話 戸田智弘

読書めっちゃしとる人は「今更道徳的なもの見ても響かんやろうな」って思うから手に取らんやろうし、実際内容薄いなって思うやつもある。でもそんな人でも多分何個かほぅほぅって思うやつあると思う。一話3分あれば見れるから見てみたらいいと思う。でも冷静になったらこんな長文書いて誰かに薦めるほどオススメでもないわ。ごめん。でもいいと思うよ。うん。一個くらいは何か絶対発見できると思う。

20f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a5202b84b68c 2360 4cef a568 071180d9d93d0dcb5aaa d20c 4720 836d 17f4b59812ccA1afb250 48b2 4331 ba03 1e6d780cc6923825e242 399e 471e a274 40045529ccafB3519491 99d2 4379 b35f df092eeb0358F51e8a3c db1f 4b15 ad1f b2f3f60e21d4 17
はるなつふゆと七福神

はるなつふゆと七福神 賽助

2017/12/31 読了 さえない女性、榛名都冬の成長譚。その手助けをするのが七福神の中でもマイナーな寿老人と福禄寿。最後には日本全国を不景気に落とし込む、大黒天VS恵比寿が巻き起こるという思いもよらぬ展開。 仁谷と榛名の今後も気になる。『ニタニタ』も単独シリーズ化できそう。今後に期待。 「内角の和」。いい言葉だ。

Icon user placeholder499e7360 9d7c 4f42 93b0 7ad912b463d7
「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル

「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル Marie

S N Sでアートなバレットジャーナルに目が止まりバレットジャーナルって何だろう?と思ったのがキッカケ。 調べると、自由な手帳術らしく興味が湧いた。 書籍という形で一度バレットジャーナルについて読んでみたくて、お勧めになっていたこの本を読んでみた。 S N Sで見たようなアートなものではないが、気軽に長く続けられるように工夫されている。そして、筆者が挙げるメリット、デメリットにとても共感できた。 実際の筆者のバレットジャーナルが多く載せられておりわかりやすい。何より、アートな装飾がほとんどない分、忙しくても絵が苦手でも気軽に始めて続けられそう!と思える。また、生活の全般をこの一冊に集約することができて、時間管理が下手でやりたいことができないという悩みを持つ私の手助けになりそうと思えた。 ひとまずこの本をテキストに、バレットジャーナルをさっそく始めてみたくなった。 巻末に他の方のバレットジャーナルの写真がたくさん載っていてこちらは少しアートな印象で、アートな要素を取り入れてみたい方にも参考になるのではないだろうか。

7c614f67 6b1b 46b1 baf2 2e7b6cbf3730Icon user placeholderF02e64ae cf5c 4b72 9ef8 abdfa2354f7c9e5180a4 069c 49d9 a9d0 b81bd71d0ffa00845436 0dcc 4e9d b697 4413c77658a333c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf73779887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7 43
滔々と紅

滔々と紅 志坂圭

芸術性とかそういうのはさておき、本当に「いい作品」って結局のところイコール「読ませる作品」なのだと思う。 そして、そういう意味でこの『滔々と紅』は「いい作品」だ。 文章とか言葉のセンスとか全体的な文体とか、その辺の印象はあんまり無かった(あくまで主観)けど、「読ませる」という点でこの作品は非常に優れていた。 主人公 駒乃が貧しい農村の少女から、吉原に咲く美しい花魁へと成長していくという、一見ありがちなストーリー。けれど、この作品には他にない「納得感」がある。 駒乃が少女の頃の真っ直ぐさと豪胆さを忘れずに美しくなってくれたこと、幾多もの出会いと別れの後に選んだ最後の生き方。 駒乃の生き様を垣間見てきた読者(わたしたち)に違和感なくそれを受け入れさせ、「読ませる」のがすごいなあと思った。

095de8f5 82de 46d5 8114 73ff7f72a76f4c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5Icon user placeholder2cfb38dd d698 4ead 8b37 a889ebec5c4812a525a9 2a7a 48c3 8710 ee37426c9da0A7265a74 269c 4362 90b3 f8a6c95e603aA78a9a50 ce7e 456a b6a4 ef9e72e0ce6a 21
それ、なんで流行ってるの? 隠れたニーズを見つけるインサイト思考

それ、なんで流行ってるの? 隠れたニーズを見つけるインサイト思考 原田曜平

なぜ若者は「残業なう」ではなく、「レッドブルなう」とつぶやくのかなど、事例が豊富で分かりやすいと思います。マーケ調査の基本と実践的な手法についても言及しています。 ハンドスピナーがタバコの代わりになったという説は疑問ですが、ヒット商品は因数分解できる、話題のCMや商品を使った自主トレ方法も紹介されています。 マーケティングに興味がある、もしくは初心者におすすめです。

D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3cBdd44aab 9802 4d79 830a 833cf9a99b7d6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9543dd2ef 41d1 4d3d b1d0 b57c81b9dcb2493a9207 a7d3 42bc 8ba6 3f12b255ede5B81800bb dff5 4674 8664 9d67deed5bbdIcon user placeholder 22
なめらかなお金がめぐる社会。あるいは、なぜあなたは小さな経済圏で生きるべきなのか、ということ。

なめらかなお金がめぐる社会。あるいは、なぜあなたは小さな経済圏で生きるべきなのか、ということ。 家入一真

お金の動きが「なめらか」という描写は面白い。こうと決まった社会を生きるのはある種楽かもしれない。ただ、テクノロジーが、凝り固まった社会をほぐすというか。小さくも血の通った経済圏が、「これでいい」ではなく「これがいい」を選べるトリガーになりそうな予感。ますます、どう生きたいかが問われることになるも、楽ではないが楽しくなるという期待感がある一冊。

56ce6ff4 d79e 4985 afcb 9a57d9042487850c4c6a f7ec 4d11 a627 ef19ea8e8bfeEbb96471 43e1 4f35 9c81 1840af3c3422C9341471 f9e0 4aac 89c3 0dc8d8a39c4792657f91 27f8 414c af22 c37a7811e65eC3250572 a273 4a87 a82a 3226adb32d306b31f307 af95 4f03 bb36 9a3dc3d81ccc 16
市民自治

市民自治 福嶋浩彦

150704読了。 投票する人とされる人の真の関係は、本来如何あるべきか。それが市民生活の源を成すことを説いた著書。 市民が評論家でいられる時代は終わった。地方政治を作るのは正に市民である。