東洋経済新報社の本

人生はどこでもドア: リヨンの14日間

人生はどこでもドア: リヨンの14日間 稲垣えみ子

「寂しい生活」が良かったので、手にしてみた。このような旅行記は初体験!軽妙ながらも引き込まれていく。何というか、ワタシにも身近な旅とでも言おうか。そして旅にあって著者が得たものに、なるほど!と思う。旅をするのは、帰る場所があるから。そしてまた、人は旅に出る。どこでもドアか。言い得て妙!

一流の学び方

一流の学び方 清水久三子

大学生の自分にはちょっと早かった。多少自分の勉強にやくだてられるところもあるが、現在進行形の社会人に向けた本なので当てはまらないところが多かった。(今の自分の生活に)

Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder
多縁社会

多縁社会 篠原聡子

まさに考えていた問題。今後の社会や自身の未来を考えるにつけ、動いてみるきっかけやヒントになるかも。

79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7Cd2d28ae 0e91 4b6d a6cb da82ed2a97d6
「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書 西岡壱誠

読んで覚える。 子供の頃は本とそうやって対峙してきた。 書いてある事はほとんど疑わずに。 社会人になった頃からは、読みながら少し深く考えるようになってきた。それでもまだ、本を読む事が目的になっていた気がする。 これからは、本と会話することをイメージして読み、考える力を身に付けていきたい。 簡単そうに書いてあるけど、実践するには時間が掛かりそうだけど(・­­-・)­­­­✐

1037da1f 96e1 42a3 99ff 9ff970e91cbcIcon user placeholder23b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d5936bddaf65 0cce 4e25 98e3 f19c7182720dIcon user placeholderD805b8ff e051 40ae bb2b 3f22621da16e6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c 95
金融破壊者たちの野望

金融破壊者たちの野望 佐藤元則

Amazon、Alibabaのスゴさを改めて感じる。 付け焼き刃で出来ることでない。以前からトライ&エラーで取り組んで来た姿。 しかし、データを集めてAIで分析してって、言うは易し、AIは正解を必ずだすのか?

「話し方」で人を動かす「超」心理術

「話し方」で人を動かす「超」心理術 内藤誼人

丁寧語の「少々お待ち下さい」を言われて不快になるという作者の言葉は、言われてみれば確かに…と思いますが普段意識せず使っている気がします。今では職場で「〜して下さいますか?」と言うのが習慣になりました( ´∀`)

良い習慣、悪い習慣: 世界No.1の心理学ブロガーが明かすあなたの行動を変えるための方法

良い習慣、悪い習慣: 世界No.1の心理学ブロガーが明かすあなたの行動を変えるための方法 ジェレミー・ディーン

ちょっと思ってたのと違う内容だった。具体的に良い習慣を付けたい、悪い習慣を無くしたいという人の為の実践方法ではなく習慣に関する人間の心理学的知識の方に重きを置いてる感じがした。心理学好きな人は楽しく読めるのかもしれない。

95334630 3abc 43ca 90c3 8007922b1193Edab94c6 2a56 4ef3 964e f8e6ee5d2606E0e892cb ca8e 4b41 b043 f671e77f5dc5