三才ブックスの本

死ぬまでに行きたい! 世界の絶景 新日本編

死ぬまでに行きたい! 世界の絶景 新日本編 詩歩

死ぬまでに行きたい!世界の絶景シリーズ第5弾。第5弾は新日本編です。第2弾も日本編なのですが、そことは違う絶景が新たに載っています。 写真はいつもと変わらずのカラーで。何となくいつもよりコラムが多い気がしました。私は詩歩さんの文章が好きなので、結構嬉しかったです笑 あと絶景ポイントが、いつでも見れるものじゃなくて、ちゃんとタイミングを狙わないと見れなさそうなものが多かったかな。でも、秩父でも雲海が見れるなんて知らなかったし、近いうちに挑戦してみたい! 気軽にふらっと行ける場所ではありませんが、今まで知らなかった日本を知れる1冊になっていると思います。

C21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991Icon user placeholder
ササる戦略

ササる戦略 土肥義則(ITmedia ビジネスオンライン)

ダイトーの自販機飲み物、サーティーワン自販機アイスクリーム、ミニストップのソフトクリームが興味深かった。食品でよく食うからだろうけど、これら以外でもヒットが続く理由が綴られている。 同じことをやって売れる業界もあるだろうけど、そうはいかないところもある。その小さな気づきや特技に気づけば、それは武器になる。ビジネスモデルを作るホームランのような先駆者企業に真似ることはない。ちょっと気づかない所を探せばヒットを産むのだ。

GEKIDAS激裏情報@大事典 vol.5

GEKIDAS激裏情報@大事典 vol.5 激裏情報

実行に移すには危なっかしい、法律に抵触しそうな裏情報も(下世話な情報も含め、明らかに違法と思しいものも結構)多々ありますが、有益か否かは別にして、現代社会の抜け道を考えつく人、発見する人の狡猾な心理や知恵、問題意識がほの見えてきて、興味深い読み物になっています。

幽幻廃墟

幽幻廃墟 星野藍

旧ソ連領の未承認国家と日本と周辺国。廃墟とは途中経過で、いつかみんな無くなってしまう。失われつつある時間。

死ぬまでに行きたい! 世界の絶景 体験編

死ぬまでに行きたい! 世界の絶景 体験編 詩歩

死ぬまでに行きたい!世界の絶景シリーズ第4弾。第4弾は体験編です。 他のシリーズでは見て惚れ惚れする絶景が多く載せられていたんですが、この本では飛んでみたり、飛び降りてみたり、泳いでみたり、自分でアクションを起こして初めて見れる絶景や、楽しい瞬間が載っています。 この本は正直、写真よりコラムの方が読み応えがあります。だって、体験編だもの笑 体験した感想が詳しく記載されている方がよりイメージが湧きやすいです。ドルフィンスイミングも、ランタン体験も、カウントダウン体験もどれも本当に楽しそう!٩(ˊᗜˋ*)و やっぱり見るだけじゃなくて、参加するのが楽しいよなぁ、旅は(*ˊᵕˋ*)

爆弾にリボン

爆弾にリボン 山本美希

自分のことを最強だと自負してるJKではなく、自分が何者なのか、何者になるのか、老いや死に対する絶望や将来に対する周りとの温度差。爆発しそうな心を抱えて少女はモラトリアムを吐き出す。

Icon user placeholder39ab553c c44b 4182 85e3 20c9abed19e0
市販薬の危険度調べました

市販薬の危険度調べました 船瀬俊介

おじいちゃんのかゆみ止め買いに行く前に図書館寄ったらこんなん見つけた。 みといて良かったです。間違いなくダメなのを買っていました。

死ぬまでに行きたい! 世界の絶景 ホテル編

死ぬまでに行きたい! 世界の絶景 ホテル編 詩歩

死ぬまでに行きたい!世界の絶景シリーズ第3弾。 第3弾はホテル編です。 著者である詩歩さんの言う通り、私にとってもホテルは寝るための場所であり、安ければ安いほど魅力的でした。(とは言えできれば安全安心な綺麗なホテルがなおよし笑)けれど、色んなところで色んなホテルに泊まるにつれ、やはり高い方がいいホテルに違いなくて、尚且つ特典が多いことがわかってきました。特典は、料理が美味しいとか、部屋数が多くトイレもたくさんとか、ホテルによって様々ですが、絶景が特典のところもあります。そんなホテルが収められている一冊です。世界中の様々なホテルが載っています。 世界中のホテルが載っているけど、私が一番行きたいのは星野リゾート笑 星野リゾートも素敵な写真が載ってます!あと、インフィニティプールはシンガポールのあの有名なホテルだけではないんだなと思いました。最後に載っているインフィニティ温泉にいつか行ってみたいです(*ˊᵕˋ*)

死ぬまでに行きたい! 世界の絶景

死ぬまでに行きたい! 世界の絶景 詩歩

死ぬまでに行きたい!世界の絶景シリーズ、第1弾。5弾を先日購入したので、せっかくなので1冊目から読み返してみることにしました。 5作目と比べてみて驚きました。5作目はずいぶん情報量が増えたんだなー!と笑 基本的なシーズンとか行き方とかそういうものは変わらず記載されているけれど、1作目の方が少しシンプルでした。そして、こちらの方がそのシーズンに行けば見れそうな、そして雄大な大自然がメインの王道絶景が多いように思います。って言ったって、行くのは難しいですけどね笑 日本の絶景もちょっと含まれているので、初めてこのシリーズを手に取る方にはやはり1作目が一番いいのではないでしょうか(^^)

F51e8a3c db1f 4b15 ad1f b2f3f60e21d44764950f 2d60 46e9 bbc8 f466840bc78dIcon user placeholder2217ec47 cf62 46d7 9a1b 8be5c7340c0c92c8cc90 799b 4c98 bbe9 a4e8f15cf559F5ad837f e27c 4c48 b929 e8a0fb0fdab2926485dc 74c3 49b6 8657 15353b068873 19
同人音楽を聴こう!

同人音楽を聴こう! 

偉大なる先駆者。同人音楽がネットやマルチランゲージに拡散していく時代の前の話かな。