青林工芸舎の本

亀ノ頭のスープ

亀ノ頭のスープ 根本敬

ギャグだと思って見てたらちょっと怖い ちっこくなって遺伝子に取り込まれて孫の子宮になる 妄想をまんま描いちゃってる

彩雪に舞う…―楠勝平作品集

彩雪に舞う…―楠勝平作品集 楠勝平

30歳で夭折した天才漫画家、楠勝平の一冊。 本書内「ゴセの流れ」は、漫画史上に残る秀作と言っても過言ではないインパクトである。心揺さぶられること必至。コマ送りっぷりも職人芸。 幼少の頃から患っていた病によってであろう、死を象徴するテーマを非常に巧みに、かつ冷静に描いている。 死を忘れるな、といつも賢者は警告してきた。しかしそれでも死の意味を切迫して考える者は少ない。 楠勝平は、不幸なことに、早く死と対峙する環境におかれていた。 しかし幸福なことに、それを深く表現できる才能に恵まれた。 本書には、その凝縮された生命の輝きが詰まっている。