英治出版の本

Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ

Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ アーリック・ボーザー

例えば会社の新人研修、例えば子供の育て方。 育つ側から育てる側になった今だからこそ読んでおきたい本だなと思いました。 とくにメタ認知を持たせることでケアレスミスを防げるというのは目からウロコでした。 作業責任を伴う業務をマネジメントする場合に作業チェックシートを導入することでリスク担保をしていたんですが、著者の言う通り、チェックシートの意味がなくなる瞬間というのはあります。 職人を育てることは業務の属人化につながると思いつつ、現状との乖離を見て見ぬふりしていたことに気付かされました。 いっそ職人を育てるプロセスを組織に組み込めばそれは属人的ではなくなるという希望すら生まれました。

Icon user placeholderE0e892cb ca8e 4b41 b043 f671e77f5dc5Icon user placeholder1887da38 3934 4a69 9419 3975f33c0161
サブスクリプション・マーケティング――モノが売れない時代の顧客との関わり方

サブスクリプション・マーケティング――モノが売れない時代の顧客との関わり方 アン・H・ジャンザー

流行りのサブスクリプションを勉強。 シェアリングエコノミーとサブスクリプションの関係がなんとなく整理できました。 サブスクリプションって、フロー型ビジネスが、ストック型ビジネスに変わるってことなんだと理解。 これまでロイヤリティマーケティングとか、one to oneマーケティングとか言われて、上手く消化できないなと思っていたが、技術と経験が追いついてきた感じを受けます。

Icon user placeholderD418947f 7a7a 4e55 8279 91805e9cda40D2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c86
なぜ僕たちは金融街の人びとを嫌うのか?

なぜ僕たちは金融街の人びとを嫌うのか? ヨリス・ライエンダイク

学習曲線スタイルという新しい方法で取材をする著者が、ガーディアン紙に招かれて金融街シティの人たちにインタビューした企画をまとめたもの。2008年の金融危機とその後をめぐり、複雑な金融商品と業界の人たちの仕事について、インタビューを通じ、予備知識ゼロの状態から次第に理解を深めていくやり方で書かれています。もとはブログの連載で、非常に読みやすい語り口。ジャーナリズムの実践としても面白い本です。

9bd5a1ee 66cc 4b23 8365 f95930ad2611Ed9a905c 01a3 4081 8aea 80999174d7fc014253d4 6080 4951 9119 24735184a696E4f21041 cc6c 4268 b713 5baf3e868f44D9806298 18c8 4c32 854b c66d14090aa1632383ed 6e1b 4578 882c a2dc1fb70cb508634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c 11
学習する組織――システム思考で未来を創造する

学習する組織――システム思考で未来を創造する ピーター M センゲ

そこそこ分厚いので斜め読み。 システム思考をベースとして、組織運営やリーダシップを紐解く。 チーム内で会話をする場合の指針として、考えのプロセス、根拠にしたデータ、相手の解釈などを示してくるが、それらも、システム思考で考えることで、会話の当事者、傍聴者、その後のチームへの影響に対して思考が広がっていく。 ただ、東洋の人からすると、システム思考は無意識に使っているスキルではないかと思う。空気を読む、という表現も遠からずだと思うが、複雑系な物事に対する、右脳を強めた思考を、システム思考というラベルでもって言語化、及び方法論化したという見方もできる。 しかしながら、システム思考の良い点は、右脳だけでなく、左脳によるロジック思考も加えることで、より広く、より深く考えることができることだろう。 まずは身近な物事から、システム思考で捉えてみると、新しい発見がありそうだ。

6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9Cf3ecaf6 9986 4e08 92fb 18b9fca828a9E1fad329 cf07 4bf1 b548 ad1f14f9f405
UXの時代――IoTとシェアリングは産業をどう変えるのか

UXの時代――IoTとシェアリングは産業をどう変えるのか 松島聡

IoTやシェアリングがどのように普及し、サービスとして市民権を得てきたか、UXリーダーとはなにかについて。 時代によって人々が求めるものは目まぐるしく変わっていく。さきの変化をよみ、それを産業やサービスとして提供していくリーダーになることが必要。

Icon user placeholder90c533b1 5c85 46b1 8653 06b4d7e87b87Fe1c0b88 3afa 4cc0 b017 136c4a3765a51056f4d8 10de 4e47 9a79 7ddddf00143a
マネジャーの最も大切な仕事――95%の人が見過ごす「小さな進捗」の力

マネジャーの最も大切な仕事――95%の人が見過ごす「小さな進捗」の力 テレサ・アマビール

本書では「インナーワークライフ」というあたらしい概念を持ち出している。インナーワークライフとは、個人が内面で感じる仕事体験の満足度と言い換えることができ、それは、認識と感情とモチベーションの相互作用によって形成される。そして豊かなインナーワークライフは、その人の生産性、創造性、コミットメント、同僚性(collegiality)を向上させるとしている。 タイトルである「マネージャーの最も大切な仕事」とは、メンバーに於いて、このインナーワークライフを高めることと言っており、そうすれば社内で抱えているメンバーの問題の多くが改善されるとも主張している。 メンバーのインナーワークライフを高める最大の方法は「メンバーに価値のある仕事を与え、それを進捗させてやる」こととしており、それを立証するための事例を様々なケースを基に説明している。

190cd670 1e9c 485d ba4c 1b3f4604c0fdBd12e301 1184 4430 a1d7 5b7fc5e3e8b132156c9a 1a4f 4b89 a3e7 79d6e414e8953a0e11b9 e6e0 4c2f 8e32 18fe7ed4fa50
人を助けるとはどういうことか 本当の「協力関係」をつくる7つの原則

人を助けるとはどういうことか 本当の「協力関係」をつくる7つの原則 エドガー・H・シャイン

人を助ける事は基本的には良いと。 そんな思い込みがあるので「どうすれば、より良く助ける事ができるか?」という問には深く考える機会が少なかった。 この本では「支援学」という体系にまでまとめた先生のセンスに感服する。 「助けるのは優しくて良い事」という思考停止で終わらずに、その先にはもっと多くの事がある。 もっと多くの人に読んで欲しい。

Icon user placeholder98d9c063 652e 4206 9e86 46d5ae0e2f69
信念に生きる――ネルソン・マンデラの行動哲学

信念に生きる――ネルソン・マンデラの行動哲学 リチャード・ステンゲル

本当に感動した。読んでよかった! マンデラは、たくさんの矛盾を内包してる自分自身について理解していて、理解しているからこそ、他人に対しても、全てを包み込むような態度で接することができるのだろう。 そして、彼は地球上のいたるところにある叡智を自分の中に取り入れていっていたので、そのように、広い叡智を手に入れるように心がけたいと思った。 見かけだけの緊急性にせまられて、適切なタイミングの前に意思決定すべきではない 私たちは、目の前で日々発生する問題を解決することに追われてしまい、大局的な問題の存在を忘れてしまう。マンデラはその危険性をよく理解していたからこそ、常に長期的視野に立って先にあるゴールを見つめることを忘れなかった。 などと、マンデラはとても慎重な人だというのが好印象だった。 メモとして目次 序章 多面的な人物 第1章 勇敢に見える行動をとれ 第2章 常に冷静沈着であれ 第3章 先陣を切れ 第4章 背後から指揮をとれ 第5章 役になりきれ 第6章 原理原則と戦術を区別せよ 第7章 相手の良い面を見出せ 第8章 己の敵を知れ 第9章 敵から目を離すな 第10章 しかるべきときにしかるべく「ノー」と言え 第11章 長期的な視野を持て 第12章 愛ですべてを包め 第13章 「負けて勝つ」勇気を持て 第14章 すべての角度からものを見よ 第15章 自分だけの畑を耕せ

97b0a435 a8f0 4c3e 852b 9fa4df7d0c22C90af09e baf2 4bf0 8186 c80c3c1a5617