今井出版の本

山陰の神楽写真集

山陰の神楽写真集 松浦敦男

最初神楽のイメージは派手でどことなく装飾過多な印象でしたが、本誌で紹介されている神楽は土着的で神事としての要素が強く私の印象を変えてくれた。人に見せるためではなく神々への奉納を目的とした舞いはとても神秘的で美しい。宮中での御神楽とも違う地域ごとに根付いた異なる演目や舞いも興味を誘います。

山陰絶景

山陰絶景 KWAN

鳥取県&島根県の素敵なスポットを(ドローンも使って空撮もした)写真で紹介した1冊。地味な県ではあるけれど、探せば楽しい県でもある。鳥取砂丘、宍道湖、三江線、一畑電車……地味ではあるけど、それは大変素敵なスポットが眠っているんだって思う。さてこの本、この程(2017年10月) 今年の島根本大賞に決まったそうだ。この本で島根&鳥取を楽しもう!そう思っている。

E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f2e10cd9a cf4f 4f31 bfbb 9d9c4f7ff731
三江線写真集

三江線写真集 山岡亮治

2016年9月1日。 鳥取の今井出版の鉄道本を興味深く買って、本書もすごい素敵だなって思いながら写真を楽しんでいた。どの県の沿線なのかはわからないまま。だが、ニュースを開いたとき、本書をもう1回読み直す気になった。JR西日本がこの路線を廃線、鉄道での支援はもうしない、というのだ。ひどく悲しくなった。この活き活きとした姿は、過去のものになる秒読みに段階になったからである。

山陰駅旅

山陰駅旅 土屋武之

鳥取県と島根県のJR西日本、智頭急行、若桜鉄道の各駅が紹介された各駅の写真集。一畑電車も、特集で紹介されている。各駅の紹介も詳しいのだが、何より鉄道と関連する裏方に、駅弁にその用語、鉄道遺産や乗車マナーまで随分と網羅している。 山陰は2003年、鳥取砂丘に行きたくて今は亡き『周遊パス』を駆使して出かけた。今でも岩美や倉吉に行ってみたいと思っているが、なかなかかなわないかなぁ。山陰の鉄道では、こういった分厚い鉄道書は無い。出かけることになったら、本書を持って出かけてみるのも一興だ。

伯備線写真集

伯備線写真集 片岡大

毎度買う今井出版の山陰鉄道写真集。今回はJRでは貴重な電化されてる伯備線。特急やくもに寝台特急サンライズエクスプレスの紹介も含まれるが、ローカル線って感じがまだまだ漂う。貨物列車も通っており、陰陽連絡の重要路線でもあるんだな、と。そういえば、現役主力で自然振り子採用の国鉄特急381系電車が使われてるのって、ここだけだったような。

一畑電車写真集

一畑電車写真集 原知之

山陰唯一の私鉄で、最近は完全新型車両車両も導入をはじめた一畑電気鉄道の写真集。まだ写真集では京王、南海の電車が走っているものがメインだが、ノスタルジーさも残した素敵な構造になっている。新型車両がくる、逆を言えばこの光景が見れるのも時間の問題とも言える。この車両たちの完全保存版ともいえる写真集とも言える。

後藤総合車両所 PHOTO BOOK

後藤総合車両所 PHOTO BOOK 西日本旅客鉄道株式会社米子支社後藤総合車両所

鉄道が、列車が日々遺憾なく安定走行し、そして安全走行を影で支える現場を大きな写真で紹介できるのはなかなか無く、四国はことでんの工場の写真集ぐらいしか記憶にない。車両整備の現場を、許す限り素の写真で紹介してくれたことに感謝。また、鳥取発山陰地方の鉄道を紹介してくれる、今井書店の鉄道書刊行に今後も期待したい(既に3冊ほど発売計画があるそうだ)。