幻冬舎の本

WE ARE LONELY, BUT NOT ALONE. 〜現代の孤独と持続可能な経済圏としてのコミュニティ〜

WE ARE LONELY, BUT NOT ALONE. 〜現代の孤独と持続可能な経済圏としてのコミュニティ〜 佐渡島庸平

漫画編集者であり、コルク代表でもある佐渡島さんが考える、コミュニティの作り方・あり方を綴った本です。 と、ひと言で書くにはあまりに中身が濃くて。 『宇宙兄弟』のグッズを発売した時のウラのお話や、楽天とAmazonの決定的な違いなど、現代のコミュニティで必要なことはなんなのか?佐渡島さんがとことん考えた、その過程を知ることができます。 コミュニティに必要なものは、「熱狂」よりも「安心と安全」。そして、その先に行くには「分かりにくさ」が必要とのこと。この、「分かりにくさ」がまだイマイチ理解できないですが、それはわたしがあまり「熱狂」しないタイプだからかもしれない…。 「孤独」は誰もが付き合わなければならないものですが、LONELYでもALONEじゃなければ、少し心強いかもしれない。

72794774 fd06 4f57 a26a 2c585b61042537fbd299 3c32 4329 ac74 56df19e6d4feBb233ae7 f612 4257 b1e2 29a6fda9799fAc667a42 bd40 4b04 a08e cab0eb1c45366b34f651 da9b 466f b85d edb25eb3c69b4fdd1f89 d527 4cba 8ea6 6efb17c912dd76a1bd81 cf0d 4f15 ac25 a03af1c0a3ee 16
じっと手を見る

じっと手を見る 窪美澄

淡々とした日常の中の不安と孤独感。よるべのない人たちの話。自分の居場所を探す話。「よるのふくらみ」が好きな方はたぶんこの話も好きなんじゃなかろうか。

8999a782 18c5 4fdc ba2b c315142ed1066321cd00 979a 497f b8a4 279b41ab03210afb00f7 1356 4a27 abf8 877059e48481Bb1dccf0 f984 43cc ad2f 292a834917b729325301 5937 4135 883e 7c7551e3f76c4da55510 79b1 4a02 a4fb 8a3af3c71277Icon user placeholder 24
風は西から

風は西から 村山由佳

テレビで過労死、過労自死のニュースが流れれば、またか… と悲しくなる。現実はこの本の中よりもっと酷いものかもしれない、判断を誤れば真実は捻じ曲げられたまま、無かったことにされてしまう。ひとりでも多く、この本を読んで欲しいと思った。そして、ひとりでも多く、会社に、誰かに、人生を奪われるなんてことさせちゃいけないと思った。甘いと言われようが何だろうが、まだ20代半ばの、今を生きる私の気持ちです。

1b890bd6 3814 4f82 9f40 c2e0e1de1dc2Icon user placeholder0afb00f7 1356 4a27 abf8 877059e48481Icon user placeholderE0035cdf d0df 4ace b7a7 15c2320e0e85151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc2411f96cbef e9bb 4f22 9ad0 c1aa1bc56585 9
落英

落英 黒川博行

薬物対策課の刑事コンビの覚醒剤取締の話から、偶然にも捜査中に曰く付きの拳銃が発見されたところからグンとスピード感が溢れ出し、黒川博行さんの刑事モノにありがちな刑事が悪に手を染めるパターンで、ラスト一件落着と思わせといて結局ハッピーエンドとはいかないところも黒川博行さんらしい作品。 楽しんで読めた。

恋が生まれるご飯のために

恋が生まれるご飯のために はあちゅう

電子書籍にて。 サクっと読めるけど、面白い。 はあちゅうは鼻につくとこあるけど(自らそのように演出してるんだろうけど)割と核心を付いてること多いよなーと本書を読んで改めて思う。 とりあえず、都市で働く20代前半女子はこれを読んで損は無い。(地方型ではちょっとまた違うと、地方出身だからこそ思います)恋愛とごはんと人付き合いについて沁みる一冊。私も27歳なんてなる前に、もっと前に読みたかったよ…。笑 これに早く出会っておけば、あらゆる時にもっとスマートに対応できた気がする。とりあえず「奢る奢られる」のとこだけでも役立つよ。むしろ男性も読むべき。 「大人にとってデートとは、ごはんを食べることである」確かに。(逆に、ごはん食べいこう飲みいこうという、誘うというハードルも下がるのは大人になってよいことかもしれない) 恋愛は楽しくご飯を食べられる相手を見つけること、結婚は一生一緒にご飯を食べる約束。わかるわー。切ない。。

カレー沢薫の廃人日記 オタク沼地獄

カレー沢薫の廃人日記 オタク沼地獄 カレー沢薫

数ページに一度、すごくいいことが書いてある気がするのですが、すごくいいこと以外の箇所がパンチ効き過ぎていてよく思い出せない・・・ ひとつ思い出せるのは「人生で大切なことは、みんなガチャから教わった」に出てくる、無職男性がガチャで親の金を130万使ったニュースの、解釈の強引な前向きさがすごい。すごい腕力でポジティブな教訓の話に持って行ってる。 とりあえず「女って何だ?」と「ブスのたしなみ」も買ったので印税を土方さんに捧げてください!!

ぼくときみの半径にだけ届く魔法

ぼくときみの半径にだけ届く魔法 七月隆文

写真の専門学校を出た主人公の須和仁 友人が有名なカメラマンになっていたり 周りがどんどん仕事を取っていたりする中 売れない自分だけが取り残されている ある日偶然とった写真に写っていた陽(はる)と知り合い 彼女の家へと写真を時々見せに行くようになって 仕事が舞い込むようになった 難病とたたかう彼女との恋は 普通の人たちが当たり前のようにできることができなかったりしてる分 純粋ででもとても脆い だからこそ綺麗な気持ちで幸せを噛み締めている彼女を守り続けて愛し続ける主人公との恋は応援したくなります

6c291222 5e63 4bb0 a0d4 78934d198d4098a53d93 2739 46ac 9293 f7c43d63c11c10439ba4 db1b 474e 9052 db9c243b9ebe