PHP研究所の本

新しい株式投資論―「合理的へそ曲がり」のすすめ

新しい株式投資論―「合理的へそ曲がり」のすすめ 山崎元

なかなか難しい内容だった。株式投資にはプロもアマも成績は変わりない、というのが面白い。 あと男女差もあるのが興味深い。男は頻繁に売り買いしてしまって女より損をするそうだ。これは覚えておこう。 あと損切りや利益確定のラインを自分で決めない、というのがあった。 「企業をめぐる状況が何も変化していないのに、株価が下がったのなら、その株式の魅力度合いは、以前よりも改善しているはずだから、「損切り」は合理的ではない。」

猫のいる喫茶店の名言探偵

猫のいる喫茶店の名言探偵 北國浩二

学生時代の後輩が送ってくれた本。読みやすい小説だなと思った。場面場面が想像しやすく、スラスラと読んでいけた。知っている名言が出てきたときには、「おっ!」と思えて少し嬉しい気持ちにもなる。 ピタッとハマる名言も見つかったよ。

ダンゴムシに心はあるのか

ダンゴムシに心はあるのか 森山徹

タイトルがいい。 内容もいい。 スピリチュアルな感じじゃなくて、心をしっかりと定義して、実験で心に迫っているのもいい。 理系じゃないけど、おもしろかった。

F323259c f50a 4e7a b901 7ff05ad808cdAcdcaad8 b0a4 449b 881e 05ead5e4cec067eac746 bb24 4280 83dd 45fe895a7c8aFf847fe3 22c2 4444 b1bc 60bfb27b599a6c25fb48 5985 4e7a b42a 610a3bab1fb3F1a7bbb7 57aa 410b 8a60 2005c4834348Bd206ab0 388d 44d4 8aaf be7efce83af0 23
怪物商人 大倉喜八郎伝

怪物商人 大倉喜八郎伝 江上剛

「大成建設」とかの、元を作った方の自伝本です。 江戸明治大正昭和を生き抜いた人。昔は突出した天才が、充分実力を発揮出来る社会だったのだと思いました。本人のガッツも並大抵ではありませんが。 近代史をおろそかにしていた私にはとても勉強になりました。筋金入りの人物でした。 近代史で登場する人物は、もっと注目されて良いと思うのですが、やっぱり戦争抜きでは語れないので、難しいのでしょうか。悪いこともしたのかもしれないし、でも、良いことも一杯したのだと思います。

倍賞千恵子の現場

倍賞千恵子の現場 倍賞千恵子

渥美清、高倉健、笠智衆、山田洋次、名優、名監督とのエピソードそして勝手に「北海道三部作」と呼んでいる「幸せの黄色いハンカチ」「遥かなる山の呼び声」「駅STATION」の舞台裏が興味深い、あの居酒屋は実際にあると思っていたけど美術さんの作り込みが凄かった。 砧スタジオだったとは。

7日間で突然頭がよくなる本

7日間で突然頭がよくなる本 小川仁志

一週間ではさすがに無理か?(笑)ただ、考え方というか、頭の中のゴチャゴチャを整える一助になるヒントはあります。哲学ってどうしてもとっつきにくいですが、少しは身近に感じられました。

新鉄客商売 本気になって何が悪い

新鉄客商売 本気になって何が悪い 唐池恒二

夢に気力、そしてデザイン力も問われた唐池会長の鉄客商売。各章尾にデザイナーの水戸岡鋭治先生とのトークもあり、前の鉄客商売よりも楽しくまたパワーアップしていると思う。どの業にせよ、夢を語り、いかに社員のやる気をあげるかが大事に思えた。一方、自由がない中で社員を動かすか?もだ。

0428b805 0227 4490 be82 27528fd3d1b3014253d4 6080 4951 9119 24735184a696B2380b4a 127d 4f09 abad 8522096599b7
龍が哭く

龍が哭く 秋山香乃

英雄か、大戯けか? 人それぞれという事か。 「それでいい」継之助ならそう言いそうです。 幕末の動乱を少し離れたところで、話が進んでいきます。妻のすが子さんの様子や、中枢ではない小藩の状況を描いていることで、渦の外で幕末動乱を感じる事ができました。 「戦ってはいけない」と奮闘していた継之助が長岡を灰燼に変えてしまうことになる。自分の命を正義と信じて生き、正義の裏の負もちゃんとわかって涙を飲んだ様子が読んでいて辛かったです。

クラッシャー上司 平気で部下を追い詰める人たち

クラッシャー上司 平気で部下を追い詰める人たち 松崎一葉

「はじめに」を読んでゾッとした。 部下を潰す上司の下にいたら、会社に行くのが怖くなるだろう。重い気持ちになるので、途中で中断。 重いよ〜〜。 人間不信になってしまいそう。 社会人を20年ほどしているのに、いまだに会社の人付き合いがうまく出来ない。

Icon user placeholder36fb03d4 8381 4eda a519 168a1eb64afa95787d88 521f 443c 98d1 ecd62692b6ad8412b8f1 871e 4f2f bc22 7c0221344a1e
人生が楽しくなる「因果の法則」

人生が楽しくなる「因果の法則」 斎藤一人

「こんなに平和的な発想があるのか」というのが率直な感想。正直賛同しかねるというか、検証のしようがない事も書いてあるけど良い事も書いてあるのでとりあえず読了。 腐らずに、今を一生懸命に他人にも自分にも優しく生きていきましょうって事かな。

人形たちの白昼夢

人形たちの白昼夢 千早茜

12話からなる短編集 なんだか短い話ばかりだから すぐ忘れてしまいそう 記憶に残りそうなのは ちょこちょこ出てくる 青いリボンくらいかも

Dbcaab77 ee07 4dd2 9a69 ecd21f09e71400a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f9205fce1051 d9ef 43ba bc7e 691331d5ce3f
書店ガール 6 遅れて来た客

書店ガール 6 遅れて来た客 碧野圭

シリーズ作品ではあるけど、特に前作の続編の色彩が強い。駅ナカの本屋、ラノベの作家、静岡のパン屋。このシリーズのほんわかする感じが、とても好きです。今回の終わり方は、静岡編を期待させるし、アニメ化の結果も気になるし、『書店ガール7』が楽しみですね。