PHP研究所の本

ガールズ・ストーリー

ガールズ・ストーリー あさのあつこ

「為すべき事を精一杯為す」なかなかできることではありません。 おいちの不思議を周りは、すんなりと受け止めています。おいち自身も。。。この辺も、何か深い話がありそうです。良い大人達に支えられて、伸び伸びと成長するおいちに目が離せないです。

整える、こと

整える、こと 広瀬裕子

図書館より。年齢を重ねるごとによりシンプルに柔軟に、身の回りから気持ちまですっきりと整えていきたい。

弟子・藤井聡太の学び方

弟子・藤井聡太の学び方 杉本昌隆

杉本昌隆七段は本当に穏やかな良い人です。でもこの本を読んで、彼もまた厳しい勝負の世界に生きているんだと実感しました。藤井六段の師匠ということで知りましたが、藤井六段と同じく、応援していきたい人になりました。

物流は世界史をどう変えたのか

物流は世界史をどう変えたのか 玉木俊明

フェニキア人、ローマ帝国、漢、ハンザ同盟、オランダ、東インド会社、大英帝国、そしてアメリカ。覇権国家の陰にはそれを支えた物流システムがあった。世界史の中の物流の歴史を概観していく一冊。 覇権を取った側の話よりも、それに敗れ去った勢力の話の方が面白かった。 永楽帝没後の明が選択した「海禁」政策が、その後の中国の対外発展、文化吸収の芽を摘み、西欧の列強に以後、数百年屈する事になるキッカケとなったと云う部分は、特に興味深く読めたかな。

014253d4 6080 4951 9119 24735184a696D2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c86Bf0c5949 b450 4f44 8dd8 6236a7a65f26
異邦人

異邦人 原田マハ

京都で妊娠生活を送る女性の話として 興味を持って読み進めたけれど、すごく面白かった。 京都の豊かな四季を味わいながら、のんびり読んでいたつもりが、後半話の展開が面白すぎて、あっという間に読んでしまった。 ちょっとしたミステリーみたいな、様々な人間関係が入り組んで、ドキドキハラハラ、え、そんな?!みたいな。 こういうジャンルあまり読んでこなかったなぁ。 原田マハさんの作品2作目だけど、いつも読みやすく、どんどん読み進めたくなる感じすごい。

Icon user placeholderIcon user placeholderF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cacIcon user placeholder66feff89 7503 4093 b855 5506bddb18689d876457 db08 4f8a b28f b40e68686d52C03ba3cc a965 4760 9953 8a0907da112b 18
火定

火定 澤田瞳子

平安時代、天然痘が蔓延した。 地獄です。自分も、医者も、看護者も、患者も、親も、子も。正しい判断ですら、鬼の所業。携わらずいる事も、側で共にいる事も。 人として、己個人として、心の中にどうやって問いかけていけばいいのかすらわからない毎日。 「名代」の等身大の嘆きが読者を平安の地獄に誘います。ここでこそ、本質が見えてくる。 登場人物に自分を重ね合わせることが出来なかった。ソコにいる事になるのが怖かった。逃げた貴族とおんなじだ。

5e69e95b 1bf5 47fc 95c8 b333b94adffb08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d
池上彰の「天皇とは何ですか?」

池上彰の「天皇とは何ですか?」 池上彰

ちょうど我が家でも、天皇ってどんなことをしているの?皇室の人たちってどこにいて、何をしているの?とか、毎日なにが起きているのかが気になっていたところで。ぴったりの本でした。天皇のお仕事、大変なんだなあ。恐れ入りました。譲位をきっかけに興味を持つ人が増えるのはいいことですね。税金の使われ方にもなにかのきっかけで気がついたり。皇室の方々もひとりの人として生まれているのだけれど、お立場上、なかなか難しいのだなあとこの本を読みながら改めて思うのでした。

「シェール革命」の夢と現実

「シェール革命」の夢と現実 柴田明夫

151215読了。 米国のシェール(頁岩)ガスの産出により、世界のエネルギー市場が大きく変わろうとしている。 米産シェールガス価格は、現在日本が輸入している価格の約1/8程度。成熟社会を迎えている日本の今後のエネルギー確保戦略が日本の将来を左右すると言っても過言ではない状況にある。

風の陣 ()

風の陣 () 高橋克彦

2018/02/19 読了 続いて読んでしまった。こちらは本棚から出してきたPHP版。今回は『恵美押勝の乱』。道鏡の力が徐々に増していくのが不気味ですね。次巻は『宇佐八幡宮神託事件』かな? 天鈴と嶋足の活躍が楽しみです。