WAVE出版の本

わたし、恋人が2人います。~ポリアモリーという生き方~

わたし、恋人が2人います。~ポリアモリーという生き方~ きのこ

ここ最近、ツイッターでポリアモリーという単語を耳にして、なんとなく心にひっかかっていたところ、書店にてこの本を見かけたので、買って読んでみました。 ポリアモリーをざっくり説明してしまうと、当事者同士で合意の取れた浮気や不倫、と言ってしまって良いだろう。 ただ、浮気や不倫というのも、言ってしまえば、恋愛という人間関係の中でのルールの一つと言えるわけで、そこで当事者同士の合意が取れれば、複数と関係しても、さほど問題ではないだろう。 実際、ボーボワールとサルトルのような例もあるし、日本においても、あの「芸術は爆発だ」で有名な岡本太郎の母の、岡本かの子もポリアモリー的な人間関係を結んでいたので、昔から数は少ないが無くはない、と言った人間関係の一種だったのだろう。

F498cf2c a42e 430c 93e8 92001c6160167c3cb58c 36cf 4a05 8a24 68f4c0eefa14
1日10分 「じぶん会議」のすすめ

1日10分 「じぶん会議」のすすめ 鈴木進介

早速、ノートを買って最寄の神戸屋にて10分じぶん会議。10分じゃ足りない。せわしい1日の中で自分と向き合う時間をつくることで、①自らが時間を管理しているという意識が持てること、②心の余裕が生まれること、③立ち止まって俯瞰的に省みれること、がプラスとなる気がする。

79e49237 2c0c 4e1a abb5 f56e82e2db84Icon user placeholderE45b8613 9fd9 4d57 a9db 10431eeb336eA4ae2b0e bf33 449d 85c9 f6121f645160F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113742a2c1e ece1 498b b574 e13fd2851ad7C00a5b6d 82b6 4a25 8807 f4e4043cb59e 49
にじいろのおやつ

にじいろのおやつ 石井織絵

表紙に一目惚れして、衝動買い。中に載ってるレシピも可愛いです! 目に優しい♡ エディブルフラワーを使ってお菓子作りたいです。

パディントン、映画に出る

パディントン、映画に出る マイケル・ボンド

2018/8/2読了 パディントンといえば、子供の頃に読んだ古き良き時代のイギリスのイメージだったけど、この本では携帯電話が出てきたり、交通ICカードが出てきたり、ロンドンオリンピックの話題が出たりと、現代的な設定になってます。三作出たうちの中の一冊みたいなので、残りの二作も読みたいな。

牡羊座

牡羊座 石井ゆかり

病んだ時に買った。 おひつじ座の本って大体リーダーシップとか なんでもチャレンジするみたいなこと書いてあるけどそんなこともない。って思いながら読んでたら帯におひつじ座はこの本が1番当たってないって言うって書いてあって当たってるわぁってなった。

お金の大事な話~「稼ぐX貯まるX増える」のヒミツ~

お金の大事な話~「稼ぐX貯まるX増える」のヒミツ~ 泉正人

お金に弱いため、読んでみた。 お金を生まないものが負債。車や家は負債になるので、ローンを組んで買うものじゃないと。(売るつもりの家や家賃収入を得られる物件は別)お金を生むものが資産。これは借金してでも買ってよい。 筆者のルールは労働収入は生活費にあてる。贅沢品を買いたい場合は、利益を得る資産を買ってそこから得たお金で買う。不労所得は別に切り離しておく。なるほど!なんだけど、これだとしばらく何にも買えないなぁ、私。笑 以下は共感したのでメモ。 資産を増やすには、まず自己投資=学ぶこと! 仕事を通じてどれだけ学べるかが大事。 2…19.01.20

77d8e409 deef 478a 8baf 9f23a1c44078D6d204fd cd56 4370 a282 3fdd309cf024Da101cca 5a3d 4e19 8a29 f55d6ce117cbF01d1ee8 a4a3 4792 91f8 5bb34b10b2658a74f61d e629 4d90 a67b c280b2ddd36c
自分を捨てる仕事術-鈴木敏夫が教えた「真似」と「整理整頓」のメソッド-

自分を捨てる仕事術-鈴木敏夫が教えた「真似」と「整理整頓」のメソッド- 石井朋彦

仕事をするのにたくさんのヒントが書いてある。 厳しいが、そばにちゃんと人を見て的確なアドバイスをくれる上司がいる環境も羨ましく思いながらも、 そういう上司のアドバイスを素直に受け、アドバイスをもらえる仕事ぶりをしたいに違いない石井さんはすごいなと思った。 文章も的確でわかりやすい。 こういう題名の本て、章のタイトルは、答えを知りたい!!て思わせるのに、読むとなんかはぐらかされた感じなものが多い。 でも、できるかできないかは別にして、抽象的ではなく、具体的に、石井さんがどうしたかが書いてある。 すべてメモしておきたくなる本。

Icon user placeholderIcon user placeholder5aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5be7b949817 74ef 4253 83b7 3b2509613fbcIcon user placeholderAca050c9 4ce7 4459 b437 2c1f0de35700E39709fb 0887 4ab0 851f 1124c2bb007b 21