Btn appstore Btn googleplay
518wwiox3dl

コメント

二人の掛け合いに笑った。それと二人の友情が微笑ましかった。
ちょくちょく出てくる哲学的なセリフにはハッと気付かされるものがあった。

シリアスと笑いの配合が完璧だった。
ファンタジーだが生々しい、リアルな生が描かれている。

最後は目が潤んだ。悔しくなった。悲しい。

その他のコメント

手に取ったのは絵柄が好みでかわいいからでしたが、小人の二人が旅する中での日常的なやりとりがクスっと笑えたり切なくなったり。
ラストまで是非読んで欲しい。
心に残る作品です。

小人になった子供がふたり、研究所から逃げ出して南の海へ旅をする話。4コマ漫画。逃げてるんだけど、下らないこととか、大人びたセリフとか言ってて悲壮感があまりないけど、時々せつない気持ちになるようなことも。

ふたりで逃げて海を目指すのが knockin’ on heaven’s door っぽいと思ったけど、作者があとがきに書いた影響を受けた作品には出てこなかった。

絵柄もあって全体的にあっさりしてドライな感じなんだけど、ふたりの関係がとても良くて、最後の展開がズルい。

読者

A9dc6633 f1a2 499f 9323 2b97ee39c3154f6523ca 9708 4437 89e7 700a1ee057a70b37fba6 25c3 4780 b55c 9f4dc29d6944A021efde 236c 4c38 9150 d46c55b626ce75e54cd0 91fc 4138 bea3 918e00dcec0343974a7a af02 4b08 9dc4 5536af07ca5dAfbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec1535 7人

施川ユウキの本

銀河の死なない子供たちへ(下)

銀河の死なない子供たちへ(下)

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

電車の中で読んでいて「これヤバいやつだ!」と悟って自宅でじっくり読む(号泣中)。 生に終わりの無い不死者の哀しみと、終わりある命を生きる人間の矜恃。スタンダードなテーマに真っ正面から取り組んだ名作ですね。

22日前

銀河の死なない子供たちへ(上)

銀河の死なない子供たちへ(上)

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

文明崩壊後の地球で、不死の姉弟が、人間の赤ん坊を拾う。永劫を生きる存在と、死すべき定めの者との共同生活。 冒頭の10ページで、姉の不死性、永劫性を説明的な台詞なしで表現してるページがあっていきなり痺れる。センス凄い。 施川ユウキは『バーナード嬢曰く。』しか読んだことなかったけど、他の作品も面白いね。

22日前

Ef1a3ef8 83d6 43af 99e8 18c28d013cf946e14e27 6f2a 4a3c 8953 c8ac39676ca8
バーナード嬢曰く。(5)

バーナード嬢曰く。(5)

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

一巻では全然本読んでなかった町田さわ子が、今ではちゃんと本読んでる衝撃(笑 今回のツボ ・ハリポタVSダレン・ジャン ・トンデモミステリと言えばあのレンガ本 ・すっかりド嬢にデレてる神林

2か月前

バーナード嬢曰く。 (4)

バーナード嬢曰く。 (4)

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

読書家あるあるマンガの第四弾。 「何かを褒めるとき、最初に落としてから持ち上げるパターン、やめたほうがいいよ」 ド嬢(町田さわ子)の一言が刺さる。やりがちだなー、これ。

3か月前