Btn appstore Btn googleplay
11ztjpk80hl

夏の午さがり、ツキコさんがセンセイに物語る、幼い日のできごと…。「センセイの鞄」のふたりが過ごした、遠いこだまのような時間、もうひとつの物語。「センセイの... 続き

コメント

『センセイの鞄』のサイドストーリー。再びセンセイとツキコさんに会えて本当にうれしい。川上さんのあとがきも好き。

その他のコメント

センセイの鞄が大好きで、手に取った作品。
センセイとツキコさんの空気感がとってもいい。
内容は、あとがき、解説を読んでふむふむした。
さくっと読めるからこそ、味わい深い、繰り返し読みたい。

読者

8882723f c37f 49b9 88aa 82ac48c104981df6722b c5f1 4381 a6ef cad8155f68fd1761ed2e b8f6 4d8e ad1d 811c58eaa02a53faee56 087c 4df2 bf35 2817db8d08e2Icon user placeholderF5832510 ecec 4db7 979b 603ed8731c12E200c20d cad6 4d17 8d18 63b710f41909197692da 4f9b 4c54 a928 98af41b5845d 9人

川上弘美の本

三度目の恋

三度目の恋

803d6c80 2917 4389 ab06 ff186609b9f2

amaretto

趣味は積読

読後、本を閉じ表紙のタイトルを見て、思わずため息が出た。 昔昔の安らかな恋も、昔の燃える恋も、何故こんなに違うのに等しく愛(かな)しいのでしょうか。 怒りという感情からは無縁な、落ち着いた川上さんの文は居心地が良く、安心します。

21日前

甘い罠―8つの短篇小説集

甘い罠―8つの短篇小説集

803d6c80 2917 4389 ab06 ff186609b9f2

amaretto

趣味は積読

小川洋子さんと、桐野夏生さんと、高樹のぶ子さんの話が特に気に入った。 恋愛ものの罠ばかりかと勘違いしていた。 男を老人が恐怖に包む罠もあれば、書道家を過去の因縁で陥れる罠もあれば、男女の渦巻く罠もあれば、囀るような心清らかな作家が出てくる話もある。 ジャンルの違う料理を1度に食べたような、不思議な気持ちです。

3か月前

E458d4c3 ece0 4f33 8a16 2bfbf9903e1f6af8b131 1947 49e2 8ca4 bb340709c6fd6d3aa938 9986 47ac 88b1 bde5a586081e
森へ行きましょう

森へ行きましょう

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

同じ日に生まれた「留津」とルツ、平行世界に生きるふたりはあったかもしれないもう一ついや数多くの可能性を秘めた人生という名の森を歩む。 「無数の岐路があり、無数の選択がなされる。そのことを「運命」というらしいけれど、果たして「運命」は、一本道なのか。左を選んだ時の「運命」と、右を選んだ時の「運命」は、当然異なるはずで、だとするならば「運命」は選択肢の数だけ増え続けていくのではないか」p.106 この運命の奇妙さとはいかに。 そして奇妙な運命というやつに翻弄されながらも「みんな、森に行っちゃうんだな。ルツは思う。森で、迷って、帰れなくなって、でもそれでも、いつの間にかどうしても森に行っちゃうんだな。」p.548 人生という森は怖くもあるけどおかしいこともある。 「すあま、食べたかい。ピンクのすあまが、おいしいよ」p.410

5か月前

341d6a8b dcee 4b4e bd6b 5fdafaf108046c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c908a91a40 13fa 413a 9850 e1a47f6e03de 10