Btn appstore Btn googleplay
61zspp3ctxl

震撼のスペクタクル・モダン・ホラー!! 大正時代より、東京・沼半井町に 傲然とそびえ立つ奇怪な屋敷、 名を「双亡亭」。 立ち入った先で闇と出会ってし... 続き

コメント

藤田さんは鬼才。

読者

Icon user placeholderD0707e23 4389 4eb9 aecd 332b74521cff266d4001 a219 428c b8e7 41af412e2abf 3人

藤田和日郎の本

邪眼は月輪に飛ぶ

邪眼は月輪に飛ぶ

77d0db05 0cfb 4d3f ae0d a2dd0c2182a4

GTR

何か言いたくたる本にコメントを残…

絵柄はごちゃごちゃというか、書き込みの線が多い。 でも、話のタイプ的に、この様なたくさんインクを使った線が独特の迫力に繋がっている。 やっぱり、自分は「多くを語るのが苦手だけど、信念が強くて行動力のある男」というキャラクターが好きだな。 一巻で完結しているし、読書のボリュームとしても良い本である。 妖怪とか、オドロオドロしい雰囲気が苦手な人は注意が必要かも知れない。

1年前

E0cf0c8e 32da 4b87 8e0d d9e9b8b5a412000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8Ed29570f 015a 4682 acc4 80544369b644
からくりサーカス 1

からくりサーカス 1

2293e5aa 24ce 4093 bccc d5c73982411d

aaooaui

読んだなら、書こう、なるべくなら…

さあ、始まる。長い、長い冒険譚。遂に文庫化。 幾度も心を震わせ、そして奮わされてきたあの記憶。鳴海、勝、しろがね、そして数多くの光も影も濃く際立つ登場人物と人形たち。 歳を重ね、白髪も増えた。だけど、僕はきっと涙だって流し、そして、たくさん笑うことだろう。 既に次巻が待ち遠しい。

約3年前