41eaj4f36xl

日常に侵された脳髄を搔きくすぐる、名状しがたい幻視と惑乱。冥境から降り来たる歪形の奇想。ありふれた想像を凌駕する超越的感覚と神経症的筆致で描く14の短篇。... 続き

コメント

ポーランド唯一の怪奇小説家と言われる作家の短編集。ラヴクラフトにも擬せられるというが、同じ超自然的な存在なり現象なりを題材としてはいても、クトゥルフ神話のような不定形な存在との邂逅ではなく、日常の中に垣間見える恐ろしさ。物や土地に宿る忌まわしい過去が何かの拍子に目覚め、そこにいる者に不幸な影響を与えるというやりきれなさがやや装飾過剰な文体によって薄暗い華やかさで描かれるのはなかなか癖になる。その薄暗い華やかさは、同じくポーランドの映画やポスターなんかに見られる、彩度の低いモノトーンの重苦しさの中にふと見える濃厚なあでやかさとも通底するようだ。邦訳がもう一冊出ているので『動きの悪魔』、そちらもいずれ。

その他のコメント

ポーランドの怪奇小説家。
ラヴクラフト、ポーの香りに東欧の湿った感じが加わった、他には無い世界。
物凄かった。
再読します。

読者

7d884a2e a77e 44f9 ae8d a928cff242c778c5345e d02a 4ad4 899e 40f89c28aaed05568384 ab95 4018 86d5 f621d1ac22bfEe70adaf f789 4ba3 8131 174b8c056307Fbad6930 13ee 4484 b2de 3e4dd1e15de58d93e1db 2966 4110 a87e 4236e54cc18339d8dc3e 9357 4a27 adca 83507e23f466Cee9898e 9704 47ce 97e2 a3a55b47bfd7 11人

文芸

61kcz0zyhzl
Ad47faf1 f79d 468f 9bd2 444ce25056fe

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 東京…

シリーズ4作目 ちょっと寂れた商店街に住む人たちの悩みや周りの人の悩みを解決するための相談所になっている 夜だけ開店の喫茶ナイト ナイトは夜のナイトじゃなくて 騎士のナイト 1作目から思っていたのですが 登場人物がみんなとても魅力的です

約1時間前

51dr6dbcvbl
22353682 dcf4 4e46 9e55 c3bb96f07310

Yamatake0928

面白くって一気読み。 小学生の頃に読んだ記憶が蘇ってきた。 第4の殺人犯には納得したけど、あとはどうなのかなあ?って疑問が残る。

1日前

51i3x9zadll
4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909

果茄子

本は大好き

最後に泣かされた。 連れっていいよね。 カープが好きになりました。

1日前

F08b30b2 2a02 45ec 9a46 9d8e834c0d28F7a34118 bf8f 4ec5 b203 771c604ed64d