51zgu hzrkl

その年の五月から翌年の初めにかけて、私は狭い谷間の入り口近くの、山の上に住んでいた。夏には谷の奥の方でひっきりなしに雨が降ったが、谷の外側はだいたい晴れて... 続き

コメント

村上春樹の新作は基本読むようにしてます。相変わらず比喩表現力がキレッキレで、「暗闇が手でそのまま掴めちゃえそうなくらい真っ暗」とか肖像画家に対して「鏡で見る自分はただの物理的な反射に過ぎない」←今回のポイントかも
他にも妻を月に例えて当たり前にある(いる)ものと思っちゃいけない、月がどうしてそこにいてくれるか考えなければないとか奥が深い。。

物語は主人公の肖像画家の離婚話から騎士団長殺しという絵と謎の人物免色と出会い、そこから不思議な出来事に関わって行く話に発展していきます。美術、特に絵が好きな人にはたまらない内容であることは間違いないでしょう。もちろん絵には興味ない人でも楽しめる内容になってます。

その他のコメント

まだ読んでる途中なんですが、「村上春樹がもし○○を書いたら」みたいなのがここ数年でネットに氾濫したおかげで、ものすごくレベルの高い村上春樹の真似(デフォルメを超えてくると言えばいいのでしょうか)みたいに読めて笑いが止まらないという倒錯的感覚があります。感想は遷ろうメタファー編で。遷ろうメタファーってうつの難しすぎだろ!

読者

771f90fa 0598 460b b5a4 deb5cc27d717Aa16d922 a7d3 405b 9d3a 3ff20b1bb83886166f7f a267 4005 82ec f83bc4904237F3a9c475 0b40 4492 a710 9cf2eecdb395333c1ee9 eb91 4bf1 9fa1 67a788cc1e57Bd8139b9 4767 4df5 912c a342c94a27bd77pbkwu3 normal470fe9fb 70e0 4f4c a7ec 4115ac19979f 47人

村上春樹の本

51gzbvmabql
931bc4b3 9cb5 48bb bed7 5c071e9c434a

スエヒロケイスケ

劇作家らしき仕事してるが物書きら…

やはり村上春樹は短編がよいと思う。村上春樹復習中。

5日前

Fa6ff24a ba10 4987 927f 6aca724d7a197edee7be 7eac 4c52 9f31 bb42fc4518d5
41qpk2rjrll
568df437 3f78 4b41 b3cc 741955579aea

cisumon

Wes Anderson すき

団長を読み終わった後に読むと、物語をまた振り返れるような気分になる。 男性達はどうしてこんなにも…と男の物語を感じる。 /夢というのは必要に応じて貸し借りできるものなんだよ、きっと。

6日前

F67b4b59 28d8 4095 aadc 201df9e1b21c3e5b6e4a faa3 40f0 bd2a a28d9e6cf60eB63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb849 27