51vp7wvokbl

コメント

グランド・ジョラス、モンブラン、アイガーなどヨーロッパアルプスの北壁6つの山行が収められています。1954年に出版後、14か国語に翻訳されています。
それら北壁のルートは、腰を下ろす場所もない数百メートルの絶壁を、2日程で登攀するというもの。その短い間にも、好天が急に嵐になって地獄のような山の中で凍えるビバークを強いられたりします。それでも著者の書き方は非常に軽やかで、山に暮らす熟練したガイドの世界を感じさせます。

読者

A8b2322f 4699 430e 8ad9 825f73982c0f

ガストン・レビュファの本

31qd9yza3ml
6ecd17a4 411f 4245 a2ca d3fe8fd7dffd

Naoko Takebe

人から本をオススメしてもらうのが…

山が好き、人が好き、という著者のこれまでのハードな岩壁登行記録。山を誰かと登ることが何よりも幸せ、という山を通して人との繋がりを感じられる。 記録としてはすごいのかもしれないけど、個人的には物語性があまりなかったのが残念。

約2年前