Btn appstore Btn googleplay
41 dm%2bq5h4l

10万部突破のベストセラー『ゼロ秒思考』のメモ書きを実践し、思考力を磨いた読者でも簡単に解決できない課題が、行動力や実行力のアップ。本書で紹介するオプショ... 続き

コメント

メモにまとめる。

とりあえず思ったことを言語化し体系的にアウトプットするための日々の積み重ね。

その他のコメント

1分トレーニング、実践していました。たしかに頭がスッキリします!
1分トレーニングはやめてしまいましたが、紙に書き出すという作業は今でも継続しています。

1件につき1分1ページ。毎日10ページ以上。
メモをすることで頭が整理される。

読者

484b4b5d 2663 48f3 b6fa 727b6472da25743b9593 b409 4abe b6c1 e420eae4686d5543d474 6380 4c2f b69a f80530976777239a838e a03e 4a6e ac21 c22db90a5f22Yug oi1e normalIcon user placeholder1dfbd2da 88a3 463d abad bfdd2efdf1fdIcon user placeholder 13人

赤羽雄二の本

なぜ、できる人は忙しくても本を読めるのか 限られた時間で最大限の効果を得る読書術

なぜ、できる人は忙しくても本を読めるのか 限られた時間で最大限の効果を得る読書術

Ccb9d0c5 e74e 4669 a53b 5eeb5a59a8e6

まぁきゅん

大学生だよ〜

「その読書、受け身なんちゃうの?」 本は読みたいけど忙しい、読んでもすぐに忘れてしまうといった受け身な読書をしてしまいがち。 読書を実りあるものにするには、いかに纏まった時間を作り、いかに行動に活かしていくか、つまり「攻めの読書」をする必要がある。 この「攻めの読書」を習慣付けるための方法を、あの激務で知られるマッキンゼーに勤めていた著者の体験談をもとに紹介されている。(マッキンゼーがどんだけしんどいんか知らんのやけどな) 以下感想 最近、改めて読書に力を入れようと考え出したのと同時に、ついダラダラ読んでしまう自分の読書スタイルをええ感じに変えれへんもんかと。 そんな時にこのタイトルを見つけ、これはと。今後の指針にでもなればなぁと。 実際に読んでみると、行動するための読書を勧めているだけあって、読者をいかに行動させ、読者に攻めの読書を習慣化させるかという事に力を入れていたように感じた。 こういった類の本はそういうもんやと言われればそれまでであるが、私としては著者の本や読書に対する考え方をもっと聞きたかったように思う。そのため、序盤の読書のメリットで挙げられている作者の「心のひだ」に触れることがリーダーとしての素質を養うといった内容はとても興味深かったが、この本のピークでもあった。

4年前

5467e7f5 8af3 4aef 8246 8496bea6d507Icon user placeholderIcon user placeholder 11