51n3kewfj0l

第1章 脳の導火線 第2章 海馬は増える 第3章 脳に効く薬 第4章 やりすぎが天才をつくる
続き

コメント

この本を読んで、まとめた重要ポイント。
「脳は、ストッパーをはずすと成長でき、疲れを知らない。脳は常に新しいものを求めている一方、見たいものを都合よく見てしまう」
「脳の中の海馬は情報の選別を担当するが、この働きが賢さと関連している。海馬を増やすには、新しい環境で刺激を受けることである」
「心は脳が活動している状態をさす。何を記憶するかより、どう記憶するかが大切である。何かを考えるとは、後者を組み合わせておこなう行為だ」

その他のコメント

この副題の「脳は疲れない」ってのがとても秀逸で、これだけでも書棚に残す意味がある。モノとして置いておきたい。

読者

A6f35b9e ff78 4349 af5b 80496a9e88aaD26bf7b8 b8d0 4373 8056 fb436ab4a935Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee16cde5030 1f83 4d0a b449 b0674b1c506aA514fc88 d12d 47bb a70b 91ba494cdb07A81bbe0c b2ae 4104 a1c3 a2745265572e 6人

池谷裕二の本

41lzml6lm2l
Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1

マシマロウ

若い頃は若い連中が読まないものを…

昨年読んだものですが、とても興味深い本でした。『進化しすぎた脳』と併せて読むと効果倍増です。 対談の形で、読みやすくなんと言っても中村うさぎさんのツッコミが絶妙だし、話題も、ひらめきと直感の違いから科学とは?神とは?までどんどん広がっていくので、興味が尽きません。 「私とは何か?」という深遠な問いに頭を悩ませたいたうさぎさんも、脳が限りなく可能性を秘めた進化系の生き物だと知り、救われたのではないでしょうか?

6か月前

51pe5athdgl
0c88ce30 113b 4f97 a31a 88523f7625b4

モンハコ

ユーザー系のシステム会社でSEと…

記憶力の仕組みを漫画でわかりやすく解説している。内容がしっかりしているので、難しめの内容も楽しく読める

10か月前